社畜

【雑談】最高に難易度の高い東京オリンピック。プロジェクト遂行の観点から。

投稿日:




 

以前に「関わったら負けなレベルの東京オリンピック」という記事を書きましたが、もうオリンピックが始まりますね。

この時期にやるべきことなのか複雑な気持ちはするんですが、やると決めてやるんだから、ゴチャゴチャとネガティブなことは言うつもりはないです。

ところで、オリンピックってプロジェクトの一種なんです。

プロジェクト=計画って考える人が多いと思うんですが、それは正しくない。プロジェクトとは「開始と終了が定義されている活動」のこと。

例えば、企業が自社製品をアピールするために大規模な展示会を開催するのはプロジェクト。新工場を建設するのもプロジェクトだし、高校野球を開催するのもプロジェクト。

プロジェクトはアクテビティの集合体とも言えます。オリンピックの例で言えば、全体スケジュールの策定、競技場の選定、競技場や選手村の建設、チケット販売、関係者の招致、各種競技・開会式・閉会式の運営、期間中のセキュリティの確保、各国関係機関との調整。

挙げればキリがないですが、書き出してみるとかなり難しくて複雑そうに見えることが分かります。

 

Sponsored Link



 

プロジェクトには「目的」があります。

企業がやるプロジェクトの究極の目的は「利益確保」です。顧客との関係強化とか、自社製品アピールとか、脱炭素とか目的は多種多様ですが、その先にあるものは結局は利益と考えて間違いない。

ではオリンピックはというと?

オリンピズムという言葉があって引用すると 「スポーツを通して心身を向上させ、さらには文化・国籍などさまざまな差異を超え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって理解し合うことで、平和でよりよい世界の実現に貢献する」。

だから、このオリンピズムを実現化するのがオリンピック開催の目的でしょう。

これだと概念的なので少し噛み砕くと「世界中のトップアスリートが最大限に能力を発揮する場を提供し、その姿を世界中に発信して人を感動させる。」のが目的で、そのために必要なのはトラブルなく円滑に大会を運営することが絶対条件なんだと思います。

 

Sponsored Link



 

この「トラブルなく円滑に大会運営」というのが最大のポイント。

上でオリンピック運営は難しくて複雑なアクテビティの集合体と書きましたが、それでも平時ならある程度達成できるんです。なぜなら過去に30回も行われていてある程度ノウハウがあるから。

ところが今回は2点で過去とは違ってると思います。

1点目はコロナウイルス。東京で感染拡大しているのに加えて海外から渡航してきた大会関係者にも陽性がでている。

感染対策もやりながら、陽性が出た選手や濃厚接触認定された選手の取り扱いは、オリンピックのオペレーションをさらに複雑にして混乱を招く可能性が高い。

2点目は世論。半分近くがオリンピック開催に反対してるそうです。単に開催反対と思うだけならまだいいんですが、今はSNSなりで反対の意思は簡単に表明できます。

すると何が起きるかというと反対意思はオリンピック開催賛成派、運営者、参加選手への敵意に増幅して、マスコミが煽り立てて、その敵意がどんどん増幅される。

すると今度は大会運営のあら捜しが始まるんです。あら捜しがはじまると、大会運営者は火消しに労力が割かれるので、通常オペレーションに費やすエネルギー、コロナ対策に費やすエネルギーに加えてこちらにもエネルギーを払う必要がでてきます。

 

私の経験から言うと、プロジェクトというのは全関係者が協力しないと高い確率で失敗します。

当然関係者間で利害関係はあるのですが、それは認めつつも「このプロジェクトをトラブルなく皆で笑って終わらせたい」という感情的なリンクがないと、うまくいかないんです。

オリンピックというプロジェクトの直接的な関係者はIOC、JOC、選手などですが、間接的には報道機関や応援する一般人を含めてもいいかもしれません。

そう考えると、反対者が人口の半分近くもいて、あら捜しモードのオリンピック運営は運営側としてはかなり苦しいものだと思います。

運営者も人間。批判が続けばモチベーションも下がるし、モチベーションが下がればプロジェクト遂行に穴が出来て糸がほつれるように混乱が広がっていくのは、プロジェクト経験者ならよく知ってると思います。

何よりも長期間で大規模なプロジェクトというのは、遂行中は苦しかろうが終れば「やりきった感」があります。オリンピック運営側も人間の集まりなので、そういう気持ちを味わうことを期待してると思います。

でも今回の場合は上に挙げたような状況なので「ああ、史上例がない状況下でオリンピックをやった。苦しかったがやり切ってよかった」と思えるんでしょうか。

もしそんな満足感すら誰も持てないのであれば、なんとか大会を終わらせても、「結局なんのためにやったのか?」という空しい気持ちしか残らないかもしれませんね。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-社畜

執筆者:


  1. アバター Tochi より:

    私には全く馴染みのない観点でしたが、プロジェクトを「開始と終了が定義されている活動」と捉えてオリンピックというプロジェクトを考える視点がとても興味深かったです。
    一方でオリンピックの目的に関してはやや疑問が残りました。どうも1984年のロサンゼルスオリンピックから商業化されたそうです。つまりは少なくとも目的の一部は放映権やスポンサー料などでお金を儲けることにシフトしつつあると言えます。この目的からすれば反対が多かろうと開催して既に決まっている放映権料などが入れば少なくともオリンピック委員会は黒字にできるのでしょうから最低限の目的は達成できたと言えるのではないでしょうか。
    個人的には衆院選で不利になりそうにも関わらずどうして政治家がどうしても開催したかったのかの方が興味深いです(箱物は既に出来ているので開催そのものに旨味がある?)。文春でもなんでもいいのでこの辺を掘って欲しい所です。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      >目的の一部は放映権やスポンサー料などでお金を儲けることにシフトしつつあると言えます。

      オリンピック委員会は利益追求の営利団体でしたっけ?
      オリンピックの利権や金の流れは私の理解の範疇を超えてるので語れませんが、金や政治が複雑に絡まっている気がします。

      いつか、オリンピック開催がどのようなプロセスで決定されたのか、ドキュメンタリーで見てみたいですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴールドマンは年末S&P500 3000ポイントを予想

  ゴールドマン・サックスは年末の米国S&P500株式指数が3,000ポイントまで回復すると予想しています。参考記事はこちら。 220兆円の大型景気対策とコロナウイルスの感染拡大スピ …

「社会に貢献したい」という青臭さと自己満足 ww

  私もサラリーマンなので会社にコントロールされながら生きていますが、少なくとも小さいながらも何かを成し遂げて、社会に何かを残したいという矜持は持ち続けたいと思っています。そのためには社畜と …

【社畜の雑談】在宅勤務は・・・もう・・・限界です・・・

  雑談です。 在宅勤務に限界を感じている若者の記事から引用。 「僕が住んでいるのは、都心の狭いワンルームマンションです。昨年の緊急事態宣言の時はなんとか乗り越えましたが、外出自粛、在宅勤務 …

自分の実力を証明させられ続ける社会

  最近読んだ記事の話。 「日本の若者が深い友人関係を築けなくなった「決定的理由」」という記事。これはなかなか重いですね。。。 日本の若年世代の友人関係に関して、1980年代後半から深く関わ …

「大企業はオワコン」は短絡的で寂しい

  チャンドラです。   インターネット上では、大企業で働くのはオワコンだという意見がよくみられます。 年功序列がオワコン。 意思決定のスピードが遅いからオワコン。 定時に帰れない …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ