社畜

ノーネクタイでだらしない日本人サラリーマン ww

投稿日:2020年9月8日 更新日:




 

昔ある記事で読んだファッション・リーダー的なオッサンのコラムに、クールビズを猛烈に批判した記事がありました。「クールビズが推奨されているが、ノーネクタイ、ノージャケットなんてあり得ない」と。

私の会社もクールビズを採用しているので、私は冬以外はワイシャツで出勤しています。で、その記事を読んで知ったのですが、“欧米では” ワイシャツは下着扱いだから、ノーネクタイ・ノージャケットで出勤するのは、パンツ一丁で街を歩くのに等しいらしい、のです。え・・・そうなの?

で、クールビズという制度に乗っかってノーネクタイ・ノージャケットで街を歩き回る日本人は本当にダサい。欧米ではありえない。日本人は本当にTPOをわきまえていない、と怒り心頭の記事だったんですね。

で、ちょうどそのころアメリカ人の客と仕事をしていたので、客がたむろしている場所にいったのですが、全員ノーネクタイ ww で、一度だけアメリカに出張に行ったことがあるのですが、9割ノーネクタイでした ww しかもアロハシャツや短パンのオッサンもウロウロしているという。

ふざけんなよ、嘘記事書きやがって、と思いましたよ ww

 

Sponsored Link



 

ただし。

私が素晴らしいと思ったのは、レディーファースト精神です。

アロハシャツ着てようが、短パンだろうが、ワイシャツ来て脇汗染みまくりだろうが、エレベーターに乗ったら女性が乗っていたら「お先にどうぞ」と笑顔でエスコートする。いや、腹出たオッサンでもこれを非常にスマートにやってしまうんですよ。これは本当にスゴイと思います。嫌らしさとか下心を感じさせない、なんだか爽快感があるエスコート。こういうの見るとアメリカ人のオッサンって格好いいな、と思いますよ。

ネクタイしてるとか、ジャケット着てるとかはあまり関係なくて、品性ある振る舞いが自然に出来るかが大切なのではないか、と思えてきますね。

ネクタイとジャケットなんて10,000円も出せばだれでも買えますが、品性は金では買えませんからね。

ええこと言うな~ ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター deds より:

    アメリカの客が自分の会社に来た時、バミューダにビーサンで度肝抜かれた。
    なめられてたのかなあw

  2. アバター deds より:

    それで会議なのに今から花火しようと言い始めて、皆でとめてたよ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜の年末年始 | 欧米企業の年末年始

  年末年始、私の会社では12/28~1/5が年末年始の休みです。 だいたい一週間くらいですね。 他の会社も似たようなもんでしょう。   私が一緒に働いている欧米系企業の社員は違い …

良書「3色だけでセンスのいい色」で配色を学ぶ。グラフとかスライド作成に使えるぞ。

  私は会社で発表用のスライド資料を作成する機会が増えてきたのですが、最近はスライドのデザインにも気を配る風潮が高まってきているんです。 文字が多いとか原色使ったスライドは見ていて疲れるから …

私が見てきた出世する人の特徴は間違いなくアレだ!

  チャンドラです。   私は企業で働き始めて8年目です。 社内や社外含めて多くの人と働いてきましたが、出世した人や出世すると見込まれている人には共通点があることに気が付きました。 …

実は無責任な「リスクを取れ」という言葉。リスクマネジメントを知らずにリスク推奨するなと ww

  「リスクを取れ」とか「リスクを受け入れろ」とかいう言葉は私から言わせれば無責任。 相手を鼓舞するために言うのは悪いことだとは言わないが、言ってる本人が「リスクに立ち向かうとはどういうこと …

金融庁の「基礎から学べる金融ガイド」

  チャンドラです。   金融庁は金融に対する知識と判断力(金融リテラシー)を身に付けるための冊子をネットで公開しています。家計管理から投資信託まで色々と盛りだくさんの冊子です。特 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ