社畜

ノーネクタイでだらしない日本人サラリーマン ww

投稿日:2020年9月8日 更新日:




 

昔ある記事で読んだファッション・リーダー的なオッサンのコラムに、クールビズを猛烈に批判した記事がありました。「クールビズが推奨されているが、ノーネクタイ、ノージャケットなんてあり得ない」と。

私の会社もクールビズを採用しているので、私は冬以外はワイシャツで出勤しています。で、その記事を読んで知ったのですが、“欧米では” ワイシャツは下着扱いだから、ノーネクタイ・ノージャケットで出勤するのは、パンツ一丁で街を歩くのに等しいらしい、のです。え・・・そうなの?

で、クールビズという制度に乗っかってノーネクタイ・ノージャケットで街を歩き回る日本人は本当にダサい。欧米ではありえない。日本人は本当にTPOをわきまえていない、と怒り心頭の記事だったんですね。

で、ちょうどそのころアメリカ人の客と仕事をしていたので、客がたむろしている場所にいったのですが、全員ノーネクタイ ww で、一度だけアメリカに出張に行ったことがあるのですが、9割ノーネクタイでした ww しかもアロハシャツや短パンのオッサンもウロウロしているという。

ふざけんなよ、嘘記事書きやがって、と思いましたよ ww

 

Sponsored Link



 

ただし。

私が素晴らしいと思ったのは、レディーファースト精神です。

アロハシャツ着てようが、短パンだろうが、ワイシャツ来て脇汗染みまくりだろうが、エレベーターに乗ったら女性が乗っていたら「お先にどうぞ」と笑顔でエスコートする。いや、腹出たオッサンでもこれを非常にスマートにやってしまうんですよ。これは本当にスゴイと思います。嫌らしさとか下心を感じさせない、なんだか爽快感があるエスコート。こういうの見るとアメリカ人のオッサンって格好いいな、と思いますよ。

ネクタイしてるとか、ジャケット着てるとかはあまり関係なくて、品性ある振る舞いが自然に出来るかが大切なのではないか、と思えてきますね。

ネクタイとジャケットなんて10,000円も出せばだれでも買えますが、品性は金では買えませんからね。

ええこと言うな~ ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター deds より:

    アメリカの客が自分の会社に来た時、バミューダにビーサンで度肝抜かれた。
    なめられてたのかなあw

  2. アバター deds より:

    それで会議なのに今から花火しようと言い始めて、皆でとめてたよ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

生命保険を解約したときにブチギレした話

  私は3年前に当時加入していた生命保険を解約しました。 毎月6,000円払っていましたが、固定費が増えるだけで何もメリットがないと判断したためです。 で、外交員のお姉さんに電話で解約したい …

くだらない番組ばかり ww テレビはなくても生きていけますよ。

  私は10年以上前に大学に進学したのですが、実家を出てからテレビを見ることは無くなりました。たまに実家に帰省したり、定食屋で飯食ってるときにテレビを見ることがあるのですが、テレビってくだら …

優秀な人材が転職していく会社の利益はどんどん下がると思うな。

  私が今の会社に入社して以来、多くの人が転職していくのを見てきました。私の同年代なら半分近くが辞めたかな。 どんな人が辞めているか?感覚的ですが、転職した人のうち優秀な人と普通の人の割合は …

社畜が「おまえは物事を表層的にしか見ていない」と上司にブチ切れされた話。振り返れば金言だった ww

  仕事でミスをしてトラブルを起こしてしまうことって誰でもあります。そこで同じトラブルを繰り返すことを防ぐにはどうすればいいかというと、過去に起きたトラブルの原因や結果を書き物で残して組織の …

AIが仕事を奪うと煽るのはもうやめてくれないか

  人工知能 (AI)が仕事を奪うとは、ここ最近どこでも聞く話です。私の記憶では、オクスフォード大学の研究者が米国で10~20年以内に労働人口の47%が機械に代替されるという論文を出したのが …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ