社畜

大企業は減った残業代を還元しない!社員は貧乏になるだけ www

投稿日:2020年1月10日 更新日:

 

日経に記事が出ていました。

残業時間を減らした大企業の多くが、浮いた分の残業代を社員に還元していないそうです。

大企業の残業時間の上限が規制されるなか、減った残業代の分を社員に還元していない企業が2019年4~6月で5割に上ることが日本経済新聞の調査で分かった。多くの企業で残業代を減らしながら生産性を高め、それに寄与した社員に報いるという循環に至っていない現実が浮かぶ。

・・・

残業時間が減ったと答えたのは全体の3割で、このうち、従業員に何らかの形で還元しているか聞いたところ、還元した割合は14.0%。22.0%は検討中で、還元していない企業が50.0%を占めた。

 

やっぱり企業は欲しがり屋さんですね ww

 

ちなみに私の毎月の残業代は手取りで14万円。会社から残業代は渡しません、還元もしません、と言われたら爆死します ww いや真面目な話、家賃が高い都内在住で子供が二人いて奥さんが専業主婦の人とかどうやって生活しているんだろうか。

 

私の会社は、今のところは残業代を出してくれますが、いつ手のひらを返されるかわかりません。そんな暁には全力で抵抗します。まあ私ごときの社畜が独りで抵抗したところで会社に踏みつぶされて終わりですけどね ww

 

Sponsored Link



 

 

これから残業代をカットされそうなリーマンはどうするべきか?いきつくところは投資ですね。残業代で稼げるうちに稼いで、残業代をインデックス・ファンドに投資、に限ります。私の周りにはマンション投資をする人が多いですが、自信がなければおススメしません。私の親戚は不動産屋をしていますが、話をきけば聞くほど海千山千の世界だというのが分かります。というか言ってることの半分以上理解できません ww 理解できないものには投資してはいけないのです ww

 

ピケティ先生が過去のデータから明らかにした r > g の法則。r が資産によって得られる富、g が労働によって得られる富です。残業代カットされたリーマンは、gの増加スピードがマイナスになるんですよ ww 資産を増やすには、保有資産を運用にまわして資産を増やすしか方法はないんですよ。

 

投資初心者が個別株やFXに投資しても爆死するだけなので、初心者でも堅実に資産を増やせるインデックス投資をおすすめします。個別株などは勉強してからどうぞ。私は短期売買せずひたすら積み立てるシンプルな投資が好きなので、インデックス一択です。

 

Sponsored Link



 

関連記事:

なんだかんだで残業は稼げる

意味ないやん! | 働き方改革で残業代減!住宅ローンを払えなくなる家庭も

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クソな業績面談で来年の昇給ナシが確定 ww

  サラリーマンの私は毎年この時期になると上司と業績評価の面談をします。自分が設定した目標と目標の達成度合いを話し合い、その中で成長できたことや成し遂げたことをアピールするんです。そこで評価 …

英語を勉強するとしてじゃあ何を話すのか

チャンドラです。   だいぶ昔のこと、本だったかブログだったか何かでこのような文章を見た。   「日本人は英語を話せないのではない。話す内容がないのだ。」   出所は忘れ …

【社畜の節約飯】オーブンで焼くチャーシュー。甜麺醤で甘く焼き上げると美味いぞ ww

  最近、読者様から料理の記事も見てるという有難いお言葉を頂いたので久々に書きます。 甜麺醤多めの焼きチャーシュ。   私は週末よくチャーシューを作り置きするんですが、これまではタ …

給料は上がらないが要求と労働時間は増えていく

  チャンドラです。   私の会社では間接部門の社員を除いてほとんどの人が最低1つのプロジェクトに所属して仕事をします。例えば私の場合はある設計部門に所属しており、そして同時にある …

私の生産性が低いのは貴方の生産性が低いからですよ ww 生産性の低さは伝播する。

  日本人の生産性が低いというのはよく言われることですが、個人の問題が原因というよりも集団や業界として問題があるような気がしています。 ある企業が生産性を上げようとしても、その企業だけが努力 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ