社畜

大企業は減った残業代を還元しない!社員は貧乏になるだけ www

投稿日:2020年1月10日 更新日:

 

日経に記事が出ていました。

残業時間を減らした大企業の多くが、浮いた分の残業代を社員に還元していないそうです。

大企業の残業時間の上限が規制されるなか、減った残業代の分を社員に還元していない企業が2019年4~6月で5割に上ることが日本経済新聞の調査で分かった。多くの企業で残業代を減らしながら生産性を高め、それに寄与した社員に報いるという循環に至っていない現実が浮かぶ。

・・・

残業時間が減ったと答えたのは全体の3割で、このうち、従業員に何らかの形で還元しているか聞いたところ、還元した割合は14.0%。22.0%は検討中で、還元していない企業が50.0%を占めた。

 

やっぱり企業は欲しがり屋さんですね ww

 

ちなみに私の毎月の残業代は手取りで14万円。会社から残業代は渡しません、還元もしません、と言われたら爆死します ww いや真面目な話、家賃が高い都内在住で子供が二人いて奥さんが専業主婦の人とかどうやって生活しているんだろうか。

 

私の会社は、今のところは残業代を出してくれますが、いつ手のひらを返されるかわかりません。そんな暁には全力で抵抗します。まあ私ごときの社畜が独りで抵抗したところで会社に踏みつぶされて終わりですけどね ww

 

Sponsored Link



 

 

これから残業代をカットされそうなリーマンはどうするべきか?いきつくところは投資ですね。残業代で稼げるうちに稼いで、残業代をインデックス・ファンドに投資、に限ります。私の周りにはマンション投資をする人が多いですが、自信がなければおススメしません。私の親戚は不動産屋をしていますが、話をきけば聞くほど海千山千の世界だというのが分かります。というか言ってることの半分以上理解できません ww 理解できないものには投資してはいけないのです ww

 

ピケティ先生が過去のデータから明らかにした r > g の法則。r が資産によって得られる富、g が労働によって得られる富です。残業代カットされたリーマンは、gの増加スピードがマイナスになるんですよ ww 資産を増やすには、保有資産を運用にまわして資産を増やすしか方法はないんですよ。

 

投資初心者が個別株やFXに投資しても爆死するだけなので、初心者でも堅実に資産を増やせるインデックス投資をおすすめします。個別株などは勉強してからどうぞ。私は短期売買せずひたすら積み立てるシンプルな投資が好きなので、インデックス一択です。

 

Sponsored Link



 

関連記事:

なんだかんだで残業は稼げる

意味ないやん! | 働き方改革で残業代減!住宅ローンを払えなくなる家庭も

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴミレベルの飲み会は金の無駄

  年末になると会社の飲み会が増えます。 飲み会には行く価値のある飲み会と、失うものしかない飲み会があります。   行く価値のある飲み会のいい例はチームビルディングです。 仕事は一 …

グローバル・サラリーマンが英会話のコツを教える

  私はグローバルに働くサラリーマンです。グローバルとは多くの国籍の人々と一緒に働くという意味です。タイトルをカッコよく書きましたが、実際は日系企業で働くただの社畜です。 私が働くオフィスに …

社畜が「おまえは物事を表層的にしか見ていない」と上司にブチ切れされた話。振り返れば金言だった ww

  仕事でミスをしてトラブルを起こしてしまうことって誰でもあります。そこで同じトラブルを繰り返すことを防ぐにはどうすればいいかというと、過去に起きたトラブルの原因や結果を書き物で残して組織の …

社畜の年末年始 | 欧米企業の年末年始

  年末年始、私の会社では12/28~1/5が年末年始の休みです。 だいたい一週間くらいですね。 他の会社も似たようなもんでしょう。   私が一緒に働いている欧米系企業の社員は違い …

土曜日に会社の飲み会 ww

  日本を代表する企業トヨタでも、土曜日に飲み会をするそうです ww Business Journalの記事からの引用です。   「土曜日に職場の飲み会があります。忘年会・歓送迎会 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ