資産運用

積み立てNISAは年初に40万円一括投資すべきか?

投稿日:




 

読者様から質問をいただきました。コメント欄で返信済みですが、なかなか面白い質問だったので記事に残しておきます。

ちよっと長いですが、20年間長期投資するとして積立nisaの上限額40万円を毎年1月に一括投資すべきか?という質問です。

お久しぶりです。

以前報連相について質問しました新人社畜です.おかげさまで職場の人間関係は良好で仕事にも慣れてきました。

積み立てnisaやidecoなどの非課税枠の拠出設定について質問があります。これらは毎月分散して投資できますが,1月にまとめて非課税枠を使い切った方が効率が良いのでしょうか?

私の積み立てnisaの設定は教科書通りの毎月33333円ですが、以前の記事にあったボーナスは一括ぶち込みした方が良いという記事を思い出しました。私は冬のボーナスは結構もらえるので,1月に一括投資できる状態です。

私が年間で投資できる額は200万円程度なので,1月は40万円(nisa枠)、2月~12月は10万円程度(通常の特定口座枠)で投資するのが合理的なのかなと考えています。20年間という長期間であっても,1月だけ他の月と比べて拠出額が多いというばらつきはリターンの劣後につながるのでしょうか?

個人的には非課税枠は積極的にリスク・リターンを取りに行った方が得策なのではと思ってます.(定量的に評価したわけではないですが…)

チャンドラさんの意見を聞かせてください.よろしくお願いします。

私の回答:

職場に慣れてよかったですね。

>「20年間という長期間であっても,1月だけ他の月と比べて拠出額が多いというばらつきはリターンの劣後につながるのでしょうか?」

ケース1: 1月に他の月より多く投資する
ケース2: どの月も同じ金額を投資する

ケース1とケース2で長期的なリターンに大きな違いは生じないだろうというのが私の考えです。

ケース1でケース2よりも大きなリターンを得るのがどういう場合かと言えば、毎月株価が一直線で上昇していくケースです。

でも、こんな奇跡は考えにくいと思います。現実的には2月は上がって、3月は下がって・・・を繰り返すと思います。

ポイントは、ケース1であれ、ケース2であれ、年間の投資金額を減らさないことです。

以前の記事で「ボーナスは一括にしよう」と書きましたが、意図は「値下がりタイミングを待っていてはいつまでも(2年たっても3年たっても)買わない状態が起きてしまう」でした。

nisaで毎月定額買付をしている限り、そういう状況は防げます。ボーナスも一括投資しなくとも数か月以内に確実に投資できるように設定できるのであれば、そうしたほうがいいと思います。

 

Sponsored Link



 

積立nisaの上限額40万円を毎年1月に一括投資すべきか?に対するうえで述べた私の考えをまとめると、

(1) NISA上限金額を1月に一括投資するか毎月分割投資するかで、結果は大きく変わらないだろう。

(2) 1月に一括投資して大きな利益を得るのは1月以降右肩上がりに株価が上がるケース。ただし、それは考えにくい。

(3) 重要なのは毎年の拠出額上限を必ず使い切ること。さもないと節税メリットを享受できない。

(1)は正直予想できないというのが本音ですね。私はS&P500は年率7%リターンと想定してるので、どの月に株価が上がるかはわからんけど年間に丸めたら7%と考えています。

 

以上。

質問頂くのは嬉しいのですが、それ以上に私と同じ社畜が資産運用に励んで色々と投資法を研究しているというのは、とても喜ばしいことです。マイノリティに親近感が湧くというのはこういうことなんでしょう。

 

関連記事:

サラリーマンよ、ボーナスをS&P500にブチこもう。一括で。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人暮らしの電気・ガス代 | 2019年1月分

  スポンサーリンク     チャンドラです。   (2019年1月12日追記:ガス代も追加しました)   2019年1月分の電気代を公開します。 期 …

世界各国のPER・PBR・株式時価総額 | 2019年3月

  チャンドラです。   2019年3月の世界各国のPER・PBR・株式時価総額を紹介します。ソースはmyindexです。 PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)は、株価が …

企業年齢が高いとボラテリティと株価上昇率は下がるか?日米で異なる傾向を示す。

  企業年齢とボラテリティ、株価上昇率の関係を検証した結果が日銀のサイトにありました。 S&P500の企業年齢とボラテリティの関係はこちら: 年齢が上がるとボラテリティが下がっている …

住宅手当があるかないかはメチャクチャ重要。就職時は必ずチェック!

  チャンドラです。   就職時に会社の給与が高いかどうかを見るのは大切ですが、同じくらいに大切なのが福利厚生の充実度です。 福利厚生制度の中でも特に重要なのは住宅手当です。 家賃 …

2019年7月の資産公開 | 2658万円(189万円増加)

  チャンドラです。   2019年7月の資産運用状況を公開します。 合計資産は26,580,492円で前月より189万円増加しました。   履歴: 2019年1月の資産 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ