社畜

日本すごい系は気持ち悪いのでもうやめてほしい

投稿日:


 

日本スゴイ系のテレビ番組とかネット記事がやたら多いのですが、見るたびに気持ち悪いな、と思います。

テレビで外国人に「日本のどこがすごいと思いますか?」と聞くとか、よくそんな恥ずかしいことやるな、と。

 

Q.日本のすごいと思うところは?

「街にゴミが少なくて清潔です。日本人はみんな綺麗好きで素晴らしいです。」

 

いきなり、日本人に質問されたら誰でもこれくらい答えるでしょ。

 

私は北京の天安門広場に行ったことありますが、もし「中国のどこがすごいと思いますか?」とかいきなり聞かれたら、

「北京という大都会の中心にこれほど広大な広場があって驚いています。紫禁城もすごく大きい。やはり中国はスケールが大きいです。」

ぐらい答えますよ。

そうするとメディアは

「日本人が天安門広場のスケールに感動!」

とか書くんでしょう。

それと似たような話です。

 

外国人観光客つかまえて、「日本どうよ?すごいっしょ?」と聞くこと自体、自信のなさの現れだと思うのです。

アメリカのような経済的・軍事的にも突出した国や、

イギリス、フランス、ドイツのように古くから科学・哲学・芸術の分野を大きく発展させた西欧の国が、

「どうよ?やっぱうちの国はすごいっしょ?」とわざわざ外国人に聞いて回るかというと、

おそらくそんなことはしないと思うのです。

大人が子供に「大人はすごいっしょ?」と聞きませんが、

子供は大人に「●●ができた、すごいでしょ?ホメてよ!」と言います。

そう考えると、「日本スゴイでしょ」思考は、

成熟していない証拠だと思うのです。

 

私の経験では、日本を「聞いたことがある」レベルの外国人がほとんどで、ましてや日本をスゴイと思っている人なんてほとんどいません。

「ドラえもんやワンピースを知っている」

「アメリカと戦争して原爆落とされたけど、そのあと経済成長した」

「3.11で原発の事故が起こった」

その程度です。

 

正しいかどうかは置いておくにしても、

「まじめで礼儀正しい」

「世界一の品質」

「日本が戦争したおかげでアジアが解放された」

なんて日本人にとって耳ざわりがいいこと、ほとんどの外国人は思っていません。

 

言うまでもなく日本には誇るべきところがあります。

世界最長の皇室、独特の伝統文化や建築、交通機関の時間の正確さ、食のバラエティ。

海外からの観光客もますます増えて、日本の良い面を発信できるチャンスなのに、

「日本スゴイでしょ?」アピールで未熟さと気持ち悪さを見せるのは、

とても恥ずかしいし、もったいないな、と思うのです。

 

関連記事:

2050年の世界主要国GDP | 勃興する新興国と落ちぶれる日本

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

2050年の世界GDPランキング予測

Sponsored Link



 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

親世代のお金の考え方はあてにならない

  チャンドラです。 総務省によると65歳以上の高齢者世帯の金融資産の全国平均は2,003万円だったそうです。最も高いのが東京都の2,689万円。2位は奈良県で株式投資信託を保有する世帯の割 …

東京ショボすぎるんだが ww 都道府県別の経済的豊かさランキング

  国土交通省が発行してる「都道府県別の経済的豊かさ」からの引用。 このランキングを見ると、都民の私は色々考えさせられますよ。   東京の中央世帯のランキングは: 可処分所得:12 …

自分の実力を証明させられ続ける社会

  最近読んだ記事の話。 「日本の若者が深い友人関係を築けなくなった「決定的理由」」という記事。これはなかなか重いですね。。。 日本の若年世代の友人関係に関して、1980年代後半から深く関わ …

社畜が「おまえは物事を表層的にしか見ていない」と上司にブチ切れされた話。振り返れば金言だった ww

  仕事でミスをしてトラブルを起こしてしまうことって誰でもあります。そこで同じトラブルを繰り返すことを防ぐにはどうすればいいかというと、過去に起きたトラブルの原因や結果を書き物で残して組織の …

NHK受信料の支払いを断った話

    チャンドラです。   私は昨年引っ越ししました。引っ越して1週間後NHK受信料の徴収員が家に来ました。 そのときNHK受信料の支払いを断った話をします。 &nbs …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ