社畜

最近のオッサンは新入社員に優しくなっているのか?

投稿日:2020年6月29日 更新日:




 

私の会社では新入社員が3か月程度の全体研修を受けてから各部署に配属されます。各部署に配属される前に、ますは会社の事業とかビジネスマナーとか語学研修を受けるのです。

 

新入社員は部署のミーティングで自己紹介をします。「新しく配属された●●と申します。大学時代は●●を専攻してました。趣味は●●です。どうぞよろしくお願いします!」てな感じです。自己紹介したら暖かい拍手で迎えられる。新入社員は指導員について仕事をするのですが、指導も優しい。

 

私が入社したのは8年前ですが、全然違いましたね。まず部署のメンバー全員の前で挨拶したら全員無言で拍手なんかもちろん無し。超忙しくしている先輩たちの席の真ん中にポンっと放り込まれて「誰おまえ?」という目線が辛かった。

おまけに「新入社員は何で指示待ちなの?なんで自分から仕事くれって動かないの?誰が教育してんだよ。」と陰口まで叩かれるという ww

そしてリーダー格の人からは「誰もお前のことなんて興味ないから。自分から話しかけて、教えてもらって、手伝って、名前と顔を覚えてもらうようにしろ。とにかく動きまわれ。でないとおまえ、いる意味ないぞ。」と言われてました。

 

Sponsored Link



 

 

8年前と今では隔世の感じがします。8年前わたしに「お前のことなんて興味ない」と言い放ったそのリーダー格の人も、今では「新入社員と話すときは気を使う」とか言ってました ww 「どうしてですか?」と聞いたら、「パワハラとかうるさくなってきたから、少しきついことを言いにくくなってきた」とのことでした。

 

さらに昔。20年前は、人前で大声で怒鳴りつけるとか、紙をビリビリに破るとか、椅子を蹴り上げるとかは日常茶飯事だったそうです。それと比べると、今の新入社員に対する上の世代の態度は腫れ物に触るぐらいのレベルになってるような気もしますね。ちょっと上司もビビってるような。。。

もちろん人格否定のような叱責はだめです。ですが、腫れ物に触るような感じで新入社員を扱うと、なんだか本音で話しができないような気もしますね。

 

Sponsored Link



 

 

実際に私が言われた「お前のことなんて誰も興味ない」というのは言葉としては厳しいですが本当に真実でした。私の会社には社員だけでなく、多くの契約社員や社外から出向してきた人が忙しく執務しているので、自分から動いて与えたり与えられたりしないと、関係が全く築けないような環境でした。

ちょっと厳しい言葉があったからこそ私の今があるわけで、というか言葉が厳しくなかったら全然私に響かなかったでしょう。

厳しいことを言われない環境は一時的には快適でも、その後いつかは責任ある立場で働くことを考えると、損するのではないかなぁ、という気がしてます。

 

関連記事:

バカな新入社員だった私に上司はキレまくりでした ww

ブチ切れした上司が放った言葉が分かりにくすぎて動揺した話 ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

尖閣諸島沖のガス田開発で採算性は取れるのか?ガス田開発なんて言うほど簡単にできる事業ではないが ww

    最近、中国海警局の船が尖閣諸島付近の日本領海内に侵入を繰り返しているようですね。 アメリカ国防総省が日本の領海侵入をやめるように中国に要求したという記事を見たのですが、あれ …

メルカリで必死にネゴっても日高屋で定食食ったら努力は水の泡 ww

  私は不用品をよくメルカリで売ります。いったん出品するとほとんどの場合、値下げ交渉されます。私は交渉は嫌いではないので交渉を受けたら色々と工夫します。 例えば相手が値下げ交渉してくることは …

オフィスのプロが推奨するデスク周りの整理法が参考になる!

  チャンドラです。   オフィスの机の上にゴチャゴチャ物が置いてあると集中力が途切れてしまいますよね。 文具メーカーのキングジムが整理収納のコツを本で紹介しています。 キングジム …

適職診断!転職アプリ・ミイダスの適性チェックが使える ww

  私の会社では期末面談のときにコンピテンシー評価をやります。コンピテンシー評価の説明はこのサイトが分かりやすいですが、まあ簡単に言うと成果につながる行動特性を身に付けているかどうか評価する …

おれが社畜なのは結局何が原因なのか?を真面目に考察 ww

  フィンランド人は午後4時に帰宅する。働き方改革、定時退社、ワークライフバランス。なんでもかんでもフィンランド、フィンランド、フィンランド。実際にフィンランド行って4時帰宅してるの見たこと …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ