社畜

ネットの企業研究記事は浅すぎて当てにならない ww

投稿日:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

私は東証一部上場のとある企業で働いています。勤め先の株価を調べるときに「●● 株価」と検索して調べるのですが、検索結果を眺めてみると、勤め先の会社の事業分析や評判を述べた記事やブログがちょこちょこ出てきます。ふ~んと思いながら眺めて見えてくることは、

9割は当てにならない ww

 

例えばある有名なビジネス系のポータルサイト。私の会社もたま~にニュース記事になることがあるのですが、とにかく内容が浅い ww 例えばある理由で大きな損失を出してしまってその原因を考察している記事があったのですが、その理由は会社がホームページで発表している内容に毛が生えたような内容。

損失を出した理由には会社の内的な要因だけではなく、Out of Controlな外的な要因もいくつかあったのですが、そういう内容はすっ飛ばしているわけです。そして記事の括りには「今回の失敗を見据えて組織を見直していく必要があるだろう」と無難な内容で〆られるわけです ww 外的な要因にもうまく対応して利益を出すのが企業の勤め、結果がすべてなので言い訳する気などはないのですが、それにしても浅い。深層が見えていないし見ようともしていない ww

逆にポジティブな内容で紹介されることも稀にあります。例えば先進的なIT技術を活用して業務改革に着手した、とか今流行りの内容ですね。ところが面白いことに、やってることの規模が小さすぎて「え?そんなことやってたの?」と思うものもあるし、「それ、実はあんまり効果ないんだよね」という内容もあるわけです。ところが記事だけ見ると凄いことやってるように見える ww

 

要は何が言いたいかというと、ネットの企業研究記事なんてそこで働いている人が書いているわけではないので、内容は浅いし大して当てにならないということです ww

そしてそれは仕方がないことなんです。だって会社に全然関係ない人がそれで飯食うために書いているんだから。例えばユニクロに潜入して内情を本にした人がいましたが、そのレベルまでやってるなら信ぴょう性が高いでしょう。一方で、大手のポータルサイトでもそれっぽい分析したあとに「構造改革が必要だ」とか綺麗にまとめている記事があったら、話半分に読んでおくほうが無難ですね。特に気を付けるべきなのは何が事実で何が見解・考察なのか。

 

ネット記事に限らず、容易に取れる情報は信ぴょう性が低いというのは、私が社会人になってから気が付いたことです。例えばこんなケース:

(1) 私の会社が取引先に発注した製品がなかなか到着しない。

(2) 取引先と直接コンタクトしている人間に聞くと「なかなか製品を発送しようとしていないから何回も督促しています。」と答えるだけ。

(3) 一体どうなっているか取引先と電話会議してみると、実は発送を止めているのは私の会社の別の部署の人間で、彼が書類不備を理由に発送を止めているから困っていると言われる。

(4) その部署に問い合わせてみると、書類不備があるから確かに発送を止めるように指示をしたが、指示を出した人間が別件で出張してしまって状況がよく分からない。

(5) その出張した人間に電話すると、書類の不備は解決したから発送を指示するよう同僚にメールで指示した。

(6) その指示を受けた同僚に聞くと、指示メールを見逃していた。

よくありそうな話です。つまり、こういうことです。

容易に取れる情報:取引先が製品を発送しようとしない

汗をかいて得た情報:発送してOKなのに社内で意思疎通に不備があった

言うまでもなく前者は表面しか見てない浅い情報。後者は問題に踏み込んで得た情報です。

 

 

まあ唯一信ぴょう性が高いと思ったサイトはOpenWorkくらいでしょうか。勤め先の口コミを見るのですが、在籍していた人間が書いているだけあって、かなり信頼性が高い。たまに「この意見、特定の部署にだけ当てはまって全社的な話じゃないよね」とか「この意見は主観的すぎだろ」と思う口コミもあることは確かなのですが、他のサイトよりもマシです。私が会社で実際に同僚や先輩・後輩から聞く、会社に対するいい点も悪い点も含めた評価が、そっくりそのまま書いています。正直見ていて面白いです ww

 

ここまで書くとじゃあブログって全然当てにならないって話になりますね。じゃあこのブログも一体何なんだと。この記事だってお前の主観で書いてるだけだろと。そうですよ ww まあ完全に趣味で書いているものですが、信ぴょう性が高いと言える記事は資産公開記事です。そこにはファクトしか書いていないので、安心して読んでください。実は最近の傾向として、資産運用系以外の記事の方が閲覧数が多いのですが ww

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター deds より:

    社員ですら潰れる直前までわからずに唖然とするんだから分かりようねーじゃん。
    経理は気づいて怒ってたけど、たてついたら関連会社にとばされてたしな

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      >社員ですら潰れる直前までわからずに唖然とするんだから分かりようねーじゃん。

      主語がないので何言ってるかよく分かりませんが、「損失を出すこと」を社員が分かりようがないということだと理解しています。
      本当にそうでしょうか?社員なら少なくとも自分が対応している業務で利益が出ているか出ていないかは分かるのではないですか?
      潰れる直前まで分からず唖然としている人もなかにはいるでしょうが、「知ろうとしていなさすぎ」ではないですか?
      そういうのは社内の噂や福利厚生制度の削減、減給、ボーナス削減でシグナルをキャッチできると思いますが。
      福利厚生もボーナスもなく、完全言論統制された独裁的な会社なら分かりますが。

  2. アバター deds より:

    銀行もつぶれるの分からずに金貸したくらいだから相当言論統制が徹底されたんだろうなあ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30代サラリーマンの家の間取りを公開 ~ 1K12畳の家具配置を見せます!

    チャンドラです。   私は東京駅から電車で約30分の駅近くの賃貸マンションで一人暮らしをしています。引っ越ししてきた際は部屋の家具配置にかなり悩みました。 今回は …

「転職して頂いて結構です」と吐き捨てた人事部 ww

  私の会社では、定期的に若手社員と人事部が意見交換をする機会があります。その場で話し合われる内容は色々あるのですが、その中でもホットな話題は最近の高い離職率と給与体系。まあ毎回話しても結論 …

社畜の時給

  社畜の時給を計算してみました。   月給:58万円 所定労働時間:160時間 残業:75時間 時給:2,460円   時給2,460円はどれくらいなのかというと、 & …

子孫に自慢できるような仕事

  チャンドラです。   私が高校生時代にプロジェクトXというドキュメンタリー番組がNHKで放映されていました。第二次世界大戦直後から高度経済成長の間で、様々な分野で問題に直面した …

財布の紐ガバガバの人に「お金に執着することは汚い」と言われても ww

  私が若かったころ、私の両親からは「カネに執着することは汚いことだ」と教えられてきました。 「カネは人の人生を狂わす。」 「たいていの金持ちは悪いことをして稼いでいる。」 「汗水たらして稼 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ