社畜

ネクラだとお金が貯まります。私はネクラです。

投稿日:2019年10月14日 更新日:




 

チャンドラです。

 

ブログ記事の文体とか見ると分かりますが、私はネクラです。

ネクラ、性格の根が暗いということです。

仕事は社畜並みにバリバリやります。仕事の半分以上が人とのコミュニケーションです、部下や取引先を動かしたり、お客さんと交渉したり。

働いて給料をもらわないと生きていけないので、ネクラで人と話すのが苦手、なんて言ってられません。だから職場ではネクラを出しません。

 

職場から家に帰るとネクラモード全開です。

週末はほとんど出かけません。行動範囲は半径1km以内。

学生時代はアクティブなようでやはりネクラでした。20か国以上貧乏旅行しましたが、全て1人旅でした。

社会人になると1か月休み取ってバックパック旅行、なんてことできやしません。そうすると国内旅行しかないのですが、海外一人旅のあのワクワク感を味わうと国内旅行は退屈すぎてどこも行く気がなくなります。京都は好きですが。

都内はどこ行っても人が多いし、人が多いと疲れるし、どこも同じ風景なのでどこも行く気が起きません。

買い物は楽天とアマゾンで何でも買えますしね。

というわけで週末は引きこもりです。

 

週末引きこもると、間違いなくお金が貯まります。

 

私が社会人になってから記録し続けてきた家計簿を見直すと:

収入:3,800万円

貯蓄:2,600万円

貯蓄率は70%。独身男が無理せず節約している割には優秀な方だと思います。

 

週末引きこもるとか、暇すぎんだろ!と言われそうですが、そうでもありません。

掃除したり、洗濯したり、アイロンかけたり、平日の晩飯の作り置きしたり、靴磨いたりしてればそれなりに時間は過ぎていきます。

 

電車1本で東京のど真ん中にアクセスできるわけですが、

職場の人間以外に知り合いもいないし、

一人で買い物行ったり、美術館行ったり、社会人交流会的なものに参加しても、確実にツマラナイだろうと考えると、

どこにも行く気が起きなくなる。

 

このレベルに達すると、

外出すること自体、金がもったいないと感じるようになります。

もっと外に出て人と出会えとはよく言いますが、

初対面の人と無難な話をダラダラするよりも、

Amazonで買う1冊1000円以下の本を読んで身に付くことの方がずっと多いんですよね。

 

こうやってネクラはお金が貯まり、日本の出生率がさらに低下していくのです。

それでは。

 

関連記事:

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

米国株式インデックス・ファンドの信託報酬の差の効果

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

 

Sponsored Link



 

ブログランキングにクリック頂ければ幸いです:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜誕生 | 左翼活動家にデモに連れていかれた話(前編)

  私がまだ学生だった頃、私の周りには学業そっちのけで怪しげな活動を繰り広げている学生がたくさんいた。そのうちの何人かはいわゆる左翼活動家で、当時に社会問題となっていた派遣切りなどの問題に憤 …

マイナス原油価格!原油の集積地を写真で見てみよう。

  NY原油先物市場で原油価格がマイナスを記録したことが話題になっています。原油先物史上初めての現象です。 マイナス価格が起きているのは、要は売り手が金を払ってでも原油を引き渡したいというこ …

また顧客にボコボコにされて満身創痍な社畜 ww

  サラリーマンはオワコン。 サラリーマンはオワコンだと言われています。上司が理不尽だからというのがよく挙がる理由です。上司を選ぶことはできない、と。これには同意しますが、別の要素も挙げたい …

在宅勤務派の若者と出社義務派のオッサンのせめぎ合い

  私の会社はコロナ禍の緊急事態下で在宅勤務を取り入れました。 緊急事態解除後も週に数回の在宅勤務が義務付けられていますが、じゃあ、コロナ禍が過ぎ去った後も在宅勤務を取り入れるべきか、という …

スピード重視の社員とクオリティ重視の社員を隣同士で座らせれば最強らしい ww

  生産性を高めたければ座席の配置を見直しなさいという記事からの引用。 働き手のパフォーマンスを上げるために、雇用主は報償やインセンティブ、教育や研修などにしばしば投資する。こうした昔ながら …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ