レビュー

無印良品のスタッキングシェルフは使えるぞ ww

投稿日:2020年5月20日 更新日:

 




 

私は本や家電などはクローゼットに押し込んでおく派なのだが、クローゼットがオーバーフローしてきたので、新しく家具を買うことにした。

私が前から欲しかったのが無印良品のスタッキングシェルフ。スタッキングシェルフはどんなものかというと、格子状のシェルフ(棚)を自分の好きなように組み立ててお気に入りの構造にできるのが特徴。ネットで調べればわかるが、スタッキングシェルフはかなり多くのファンがいて、お気に入りのデザインを競うように写真投稿している。

↓こんなふうに段々に積み上げていけばとてもお洒落に見える。ちなみにシェルフは棚に貫通させた棒で連結するように組み立てるので、大きな地震で横揺れしても棚が落ちたりすることはない。材質はオーク材。木目調の柄が目に優しくて白い壁に映える。

引用:無印良品

ちょうど無印オンラインショップで10%オフだったので2×3段のスタッキングシェルフを購入した。2日後に到着。開封して組み立てたがとても簡単で30分で完了。スタッキングシェルフにピッタリ入るスタッキングチェストも買って入れてみたが確かにお洒落に見える。↓これが我が家の写真。これはいいぞ ww

Sponsored Link



 

これは確かに使える。今後モノが減ろうが、引っ越ししようが、収納家具は必要になるわけで、モノが増えれば棚を買い増しして増設すればいいし、モノが減ればメルカリで売るなりして棚を減らせばいい。無印は絶大な人気を誇るので、値崩れしにくいので確実に売れる。売らなくても親子3代で家具を無印良品で統一するとして、棚が必要になったり不要になったりしたら融通しあう、というのもいいかもしれない。シェアリングエコノミー的発想で我ながらこの考えはいいと思うので、さっそく地元のオカンに提案してみよう。

ちなみに2×3段は23,000円くらいで買える。ビックリしたのが最近メルカリで同じものを中古で売った人がいて、送料込みで20,000円越えで売れていることだ。将来誰かに売るとして送料など色々引いても、実質10,000円で買ったことになる。

というわけで無印良品にスタッキングシェルフはとてもおすすめする。理由は次の通り。

(1) 増設してお好みの構造にできる

(2) 頑丈で収納性が高い

(3) 人気だから値崩れしにくい

私はとにかく無駄なものを買うのが嫌で、買うならカスタマイズ出来たり、不要になったときに高値で売れるものがいいという考え方。スタッキングシェルフはその両方を満たしているので、同じような考えの人には強くおススメしまっする。

 

 

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

肩こり・首コリ解消グッズ | 揉まれる肩・首スッキリピローが欲しい

  チャンドラです。   私は肩と首がガチガチに凝っています。そんな私がネットで見つけたコリの解消グッズを紹介します。独断と偏見で使えそうなものだけを選んでいます。 今回紹介するの …

「ファクトで読む 米中冷戦とアフター・コロナ」の書評

  アフター・コロナの米中を中心とした国際秩序を読みたくて購入。内容は読みやすくて3時間程度で読めます。 ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ (講談社現代新書) [ 近藤 大介 ] …

評判が良いコロンビア アーチャーリッジ ジャケット | 購入後レビュー

  チャンドラです。   コロンビアのアーチャーリッジ ジャケットを買いました。 メチャクチャ着やすくて大正解でした!この記事が真冬のジャケット選びの参考になれば幸いです。 (追記 …

ファイト・クラブ | グサグサ刺してくるタイラー・ダーデンの名言 ww

  チャンドラです。   ファイト・クラブという映画をご存知でしょうか? エドワード・ノートンとブラッド・ピットが主演のサスペンス映画です。 不眠症に悩まされる平凡サラリーマン(エ …

保温性バツグンの象印 ステンレスマグ | 購入後レビュー

    チャンドラです。   私はコーヒー派ですが、毎日コーヒーを買うとお金がいくらあっても足りません。そこでティーバックの紅茶や緑茶を作って魔法瓶に入れて飲んでいます。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ