資産運用

資産運用で一番難しいのは自分のリスク許容度を知ることだと思う。計算方法はあるけど。

投稿日:2021年9月2日 更新日:




 

市場平均株式指数を越えたパフォーマンスを叩き出したい、というチャレンジャーは除くとして、資産運用を始めようと思う多くの人は「まあ老後に困らない程度の資産なら作りたいな。低リスクで。」って感覚でしょう。

まあそういう人はわざわざ個別株を買わずともインデックス・ファンドで運用しておけばいいし、自然とインデックスに落ち着くと思うのですが、ポイントは資産全体のうち何%をリスク資産に投資すればいいか、が一番頭を悩ませる大きな問題だと思います。

なぜか?

ファンド選びは迷うことはないでしょう。信託報酬が安いファンドを選ぶのは基本中の基本なので、ちょっと調べればeMaxis Slimシリーズあたりの低コストファンドに行き着きます。

投資タイミングだってサラリーマンならほとんどがドルコスト平均法でしょう。まとまった金をドカンと投資できる人なんていないし。

すると、やっぱり難しいのは何%をリスク資産に投資するか?これが難しい。この問題を言い換えれば、自分のリスク許容度がどれくらいか?ってことです。なぜならリスク許容度からリスク資産割合を計算するから。

 

Sponsored Link



 

私も資産運用系のニュース記事をたまに見ますが、私が知る限り「リスク許容度に応じて投資しよう」とは書いているけど「リスク許容度を知る方法」はどの記事にも書いていません。

そして、リスク許容度とリスク資産の割合の関係を論じた記事も見たことがありません。

私が思うにそれには理由があって、それはリスク許容度は投資家の個人的な主観によるのだから、最適割合を計算できる魔法の式なんてない、なんだと思います。確かに。

つまり、残念ながら「リスク資産にどれくらい投資すべきか?」は最重要問題でありながら、それを簡単に計算できて、かつ誰もが納得する手法はない、というのが実状ですね。

 

 

ちなみに。

その解決方法として提示したのが過去記事で導出した、「ライフサイクル投資術」とマートンのポートフォリオ問題から求めたS&P500の投資比率のグラフが以下。このグラフからリスク資産の投資比率を読み取るのが、一応筋が通った計算方法だと思います。

 

関連記事:

現金:S&P500の最適比率が分かる早見表 (マートン問題と相対的リスク回避度で計算)

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NISAの運用成績 | 楽天・全米株式インデックス | 2020年2月末

私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の20%の税金をゼロにすることができる …

30年間投資し続けたら引退後に毎年いくら現金化していくべきか?

  インデックス投資の出口戦略で4%ルールは有名です。4%ルールとは引退後に資産の4%を売却して現金化していく手法。 この手法は個人的にはあまり好きではありません。なぜならヨボヨボになった老 …

資産運用のネット記事のコメント欄はたいてい荒れる

    ネットには資産運用の記事が多い。私も資産運用のブログを書いているためか、Google newsのトップのところに資産運用関連の記事を勝手に表示してくれる。 そして資産運用の …

投資初心者が日経平均ダブルインバースETFなんて買うのやめたほうがいいと思うが。

  日経平均ダブルインバースETF: 日経平均とは逆の方向に2倍の動きをするETF。例えば日経平均が1%下落すれば、ダブルインバースETFは2%上昇。 投資初心者がダブルインバースETFに投 …

ウォーレン・バフェット氏「分散投資は無知に対する防衛策だ」私「無知で~す ww」

  ウォーレン・バフェット氏が分散投資に関する見解を聞かれたのが1996年のバークシャー・ハサウェイ社の年次会合の場。 その動画はYoutubeの動画で見ることができます。「分散投資は無知に …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ