節約の知恵

仕事が忙しいとお金は簡単に貯まる

投稿日:




 

チャンドラです。

 

インターネットで「節約」とか「貯蓄」とか調べると似たような記事がたくさんでてきます。

「お金が貯まる人と貯まらない人の違い」とか

「1年で100万円貯める方法」とか

「あなたはなぜお金が貯まらないのか」とか。

 

どうすればお金を貯めることができるか?

私の個人的意見ですが、答えは簡単。

仕事に打ち込むこと。

そしてある程度仕事にプレッシャーを感じることです。

なぜなら仕事が忙しとお金を使う暇がないし、ある程度プレッシャーがあれば仕事のこと以外の事を考える余裕が少なくなるので、余計なことにお金を使わなくなるからです。

 

例えば私の場合、朝は6:30に起きて体操して出社です。

朝の7:30から夜の8:00くらいまで働きます。帰宅したら作り置きしたおかずでパパっと調理した飯を食って、本やニュースを読んだりして後は寝るだけです。

2週間に1回くらいのペースで同僚や先輩と飲みに行きますが、安くて美味い中華料理屋とかに行くので4000円もしません。

 

こういう生活をしていると余計なことを考える暇がないので、お金は結構貯まります。

ダラダラとネットサーフィンすると、あれが欲しいとかこれが欲しいとか物欲が出てきますが、仕事のことを考えておけば物欲も湧かないか、湧いてもすぐに消えていきます。

毎月の貯蓄率は50%以上を目標にしています。

下は今年の貯蓄率ですが、この半年は全て50%を達成しています。特に3月はメチャクチャ忙しかったので、70%超えです。

 

2019年1月: 53%

2019年2月: 60%

2019年3月: 70%

2019年4月: 60%

2019年5月: 65%

2019年6月: 53%

 

私は社畜です。

ある程度プレッシャーがある方が燃えるので、少し壁がある方が仕事に打ち込めます。

打ち込むと雑念がなくなるので、本当にお金が貯まりやすくなります。

まあこんな生活が出来るのは独身のうちだけでしょう。

若いころはお金を貯めて投資にまわした方がいいです。

仕事に打ち込めば自然とお金は貯まります。

バリバリ働いて、残業代もガッツリもらって、堅実なインデックス投資にまわして資産を増やしていく。

凡人にはこれが一番簡単にお金を貯める方法だと思っています。

 

それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-節約の知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【リーマンの節約飯】最後にたどりついたピェンロー鍋

Sponsored Link   チャンドラです。   ピェンロー鍋という鍋料理があります。中国発祥の鍋料理で白菜・鶏肉・豚肉を干しシイタケのだし汁とごま油で煮るだけのとてもシンプ …

【リーマンの節約飯】作り置きチャーシューが超便利!

  チャンドラです。   私は週末にチャーシューを作って冷凍保存しています。 平日は夜遅くに帰宅するので、自炊する時間がないからです。 チャーシューはおかずになるし、麺類やチャーハ …

Kyashで支払って3%の還元を受ける

出典:Kyash   チャンドラです。   高い還元率で人気が高まっているKyashに申し込んだところ、5日でリアルカードが届きました。 これから還元率3%の生活を始めます。 &n …

みずほ銀行では資産を増やせないので楽天銀行に預金を移しました

チャンドラです。   やっと楽天銀行の口座を開設しました。私はみずほ銀行の預金口座をメインにしていましたが、これからは楽天銀行に預金を移していきます。楽天銀行に預金しておく方がメリットが多い …

4月、5月、6月に残業すると本当に損するのか? | シミュレーションした結果

チャンドラです。   4月、5月、6月に残業すると損すると言われています。理由は社会保険料が増えるからです。 4月~6月の給料をもとに、その年の9月から翌年8月の社会保険料が決まるのです。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ