資産運用

マネーフォワード ME利用者の6割が資産運用してないのか ww

投稿日:2021年6月27日 更新日:




 

ITmediaからの引用。

個人向け家計簿アプリ「マネーフォワードME」が、個人向け資産運用の領域に乗り出す。6月23日、マネーフォワードは個人向け資産運用サービスを提供するSUSTENと資本業務提携を発表した。1200万人が利用し、口座連携されている資産額は合計15兆円にのぼるマネーフォワードMEのユーザーに向けて、資産運用の機会を提供していく。

マネーフォワードのデータによると、マネーフォワードMEユーザーの6割以上が資産運用を行っていない。さらに3割は、投資に振り向けてもいい余剰資金があるにもかかわらず、預貯金のまま保有している状況だ。

そんなユーザーに対し、データを元に理想的なポートフォリオと投資額を提案し、また保有資産と投資額に応じた資産運用シミュレーションを行うことが重要だと、マネーフォワードは見る。そのため、マネーフォワードが持つ家計および資産のデータと、SUSTENが持つ資産運用ロジックを組み合わせることで、運用提案や運用シミュレーションを2022年春をめどに共同開発する。

 

Sponsored Link



 

投資をやるかやらないかは個人のリスク許容度に基づくものなので、個人的にどうでもいんですが、面白いのがマネーフォワードのデータを使って余剰資産で資産運用が行われていないのがハッキリと可視化できる点。

余剰資産の活用方法が分かっていない(資産運用なんて考えてこともない)ような人もたくさんいるわけで、データをガッチリ掴んでいるマネーフォワードが個人に合った資産運用の機会を提供するのは自然な流れだと思います。

データの有効活用ですね。

ところで、このSUSTENという会社はどんなファンドを提供するのかな?

SUSTENの岡野大社長は、「良い商品がなかなか提供できない、リーズナブルに提供できない。例えば、多くの運用会社は証券会社や銀行の子会社でしかないので、理想的な商品を組成しても、販売会社に提供しにくい。売りやすい、キャッチーな商品ばかりを並べて残高を増やしてきた。この課題は、業界全員が感じているのではないか」と話し、機関投資家同様の商品を、コストを下げながら安価にユーザーに提供することに意欲を示した。

 

世の中にはeMAXIS Slimシリーズのような激安の投資信託や、バンガード社のVOOのような激安ETFがすでにあるわけで、ネットで証券口座を作ってファンドを買って、マネーフォワードに連携させとけば、運用状況も簡単にチェックできます。

自分のリスク許容度を把握し、自分で調べてファンドを選び、自分でネット証券口座を開設して、自分で決めたファンドを買う。

これはいわば「自分が何をやっているのか」を理解するためにも踏むべきステップだと思うんですが、それすらやるのが面倒くさい、よく分からんけど自動で何でもやってほしい、と思う面倒くさがり屋さんならマネーフォワードのサービスはいいかもしれませんね。私なら使わないけど ww

 

関連記事:

WealthNaviのアルゴリズムを読むべし。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。

「貯金は悪」は意味不明なんだが。貯金に善も悪もないだろう ww

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜の資産を公開します | 185万円増加 | 2020年5月末

  2020年5月の資産運用状況を公開します。   合計資産:29,999,209円 前月より185万円増加   総資産の推移: 2020年3月:  26,696,509 …

たとえインデックス投資でも損益の動きは激しい

  チャンドラです。   私は米国S&P500と全世界株式のインデックス・ファンドに積立投資をしています。 個別株に比べてインデックス投資は投資先が分散されているので値動き …

高配当株かグロース株どちらに投資するかはIRRを比較するべし

  読者様から質問を頂きました。どうもありがとうございます。 高配当銘柄に投資するか成長が見込めるグロース株に投資するか、どちらが大きなリターンを得ることができるとお考えでしょうか?理由も教 …

2019年11月の資産公開 | 2881万円(111万円増加)

  2019年11月の資産運用状況を公開します。 合計資産は28,812,554円で前月より111万円増加しました。   総資産の推移: 2019年9月:  27,037,955円 …

インデックスファンドより成績が劣るアクティブファンドは恥ではないか?

  日経平均株価や米国S&P500などの指数に連動するように運用されるのがインデックス・ファンド。それに対して、ファンドマネージャーが投資する銘柄やその割合を決定して運用するファンド …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ