資産運用

マネックス・アクティビスト・ファンド。「対話」で企業価値って向上するのかな?

投稿日:




 

最近やたら広告で出てくる信託報酬2%超えは私の感覚では高すぎると書きました

どのファンドかといえば、マネックスアクティビスト・ファンドなんですけどね。サイト:Link

このファンドの特色は「個人投資家を巻き込んだ、オープンで総合的なエンゲージメントの推進」です。

エンゲージメントとは対話のこと。個人投資家の声を吸い上げて投資している企業に届け、経営者に「気づき」を与えることで企業価値向上を狙うそうです。なるほど。

(というかエンゲージメントって分かりにくいな・・・横文字使うなら”dialog”の方がより「対話する」ニュアンスがあってわかりやすいと思うんけど・・・)

それにしても、これが上位10銘柄か・・・

 

Sponsored Link



 

私が気になるのは本当に「対話」で企業価値は上がるのか?ということ。

私が好きな本で三枝匡氏の会社再生系の小説があるんですが、あそこには企業経営のプロが乗り込んで、それはもう反発する従業員と闘いながら三枝氏も従業員も血が滲むような努力をしながら会社が変わっていく様子が描かれています。

(ミスミ・グループもその一社。今日時点で株価はほぼ過去最高値を更新。私は個別株はやりませんがこの会社はスゴイ会社だと思います。)

これはちょっと極端な例にしても、企業価値を向上するのってそれほど大変なことだと思うんです。外野から何でも好き勝手言う個人投資家の意見をホイホイもっていって「対話」するだけで、企業価値って上がるのかな ww

上位10銘柄で全体の50%を占めるということは、全銘柄は30~40社くらいだと推測します。1社の企業価値を高めるのも大変なのに、30社もできるのかな?

たとえ一社の株価が変わったとしてもファンド全体の株価上昇に与える影響は微々たるものでしょう。

だとすれば、成功するかも分からない企業価値向上のための「対話」は信託報酬2%払うに値するのか?

「いや、得るもの少ないけど日本の会社を元気にするっていうファンドの理念に共感したから投資するぞ!」という人もいるかも知れません。そのへんは投資家の価値観によるのかもしれません。

私はやりませんけどね。

企業価値が向上する可能性のある銘柄の寄せ集めは、時価総額加重平均になってません。ポートフォリオ理論の観点にたてば、このような銘柄の集合体は最適(シャープレシオが最大)とは言えません。

 

関連記事:

アクティブファンドの高い信託報酬は「逆配当」みたいなものか。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ウォーターフォール投資法の謎。「毎月5000円で自動的にお金が増える方法」書評。

  「毎月5000円で自動的にお金が増える方法」でミアン・サミ氏が提唱しているのがウォーターフォール投資法。 何か気づきが得られるのではないかと思って読んでみました。 私が提案するのが、自動 …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

社畜の資産は4957万 (146万円増加) | 資産公開 | 2021年6月末

  2021年5月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:49,573,480円 前月より146万円増加 増加内訳:運用: +116万   運用以外: +30万円 ※運用以外 …

金融機関の窓口で資産運用の相談 ww その結果爆死 ww

  相手にもっと質問しろ。もっと相手の意図を探れ。 人材開発系の欧米人のオッサンと話したときに言われた言葉です。日本人はハイコンテキストな文化(みなが同じ価値観を共有する社会だから、伝える努 …

資産運用で何に投資するかはIRR(内部収益率)を比較して決めるのが基本です

  十分な資金が手元にあって何か投資をしたいとき、何に投資をするべきか?それをどのように意思決定するべきか? 例えばある企業が太陽光発電事業に参入するとして2つのケースから選ぶ必要があるとし …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ