社畜

適職診断!転職アプリ・ミイダスの適性チェックが使える ww

投稿日:




 

私の会社では期末面談のときにコンピテンシー評価をやります。コンピテンシー評価の説明はこのサイトが分かりやすいですが、まあ簡単に言うと成果につながる行動特性を身に付けているかどうか評価するのです。行動特性は「どうやって課題を見つけて、それをどのように分析・解決法を見つけ、それを関係者に発信し、人を動かして解決しているか」という感じです。

で、毎年コンピテンシーを発揮した事例を上長に説明するんですが、「この事例はいいね」とか「この事例はアピールにならないな」とかそんな眠たくなるフィードバックしか返ってこないんですよね。これやる意味あんのかよと ww まあこれは会社の制度にも無理があるわけで、所属部門の上長がコンピテンシーなんて評価できるわけないんですよ。だってその人は人材開発の素人だし、自分の部署しか知らないし、コンピテンシーが高い人のロールモデルを示すこともできないので。コンピテンシー評価をやるなら、被評価者の行動をヒアリングして長所・短所を的確に把握し、それを伸ばしたり補ったりするには何が必要かアドバイスできて、社内のロールモデルとなる人の事例を紹介できるような、人材開発のスペシャリストのような人とやらないと意味がないと思うんですが ww

まあそれでも私は一応コンピテンシー評価ではちゃんと事例をまとめて毎年書き貯めていますよ。何故かって?将来の転職活動に使えるかもしれないからです ww

何をやるにしても、1つのことを1つの目的のためだけにやるべきではないんです ww この言葉は私が愛読する「ローマ人の物語」で塩野七生がユリウス・カエサルの行動特性を言い表したときの言葉です。確かに会社の評価面談で用意する資料はムダかもしれません。ですが、その資料は今後の転職活動とかで使いまわせるんです。そう考えれば資料を作りこむことも無駄になりません。(本筋と関係ないですが「ローマ人の物語」のハンニバル戦記とカエサルのルビコン越え・ガリア戦記は最高に面白いですよ)

 

前置きが長くなりました。とにかく会社でやるような内輪のコンピテンシー評価以外でなんかいい評価方法ないのかと探したんですよ。そこで見つけたのが「ミイダス」という転職アプリです。これに登録するとコンピテンシー診断を受けることができます。まあ診断自体はアプリ登録のためのエサなんですが、診断結果はかなり精密でしかもけっこう当たってるんじゃないの?と感じたんですよ。なぜ「当たったいる」と言えるかというと、私がよく仕事を一緒にする先輩や後輩から「こういう職種や役職も適正あるんじゃない?」という指摘と一致しているからです。

で、そのミイダスについてダラダラ説明しても文が長くなるので、診断結果の一部をここに貼り付けますよ ww これを見て自分も診断してみようと思う人は「ミイダス」で検索してやってみてください ww

 

マネジメント資質

パーソナリティ

 

上司・部下としてのタイプ

 

適性がある職種

 

というわけでミイダスの診断をして分かった私のコンピテンシーは:

(1) マネジメント資質は割と高い

(2) メンバーの動きを把握して統率するのが上手いが、

(3) 経験がない問題に直面したときに、新しい発想で解決するの能力は低い

(4) 上司としての私はスケジュールと決め事に従って細かく部下を管理する

(5) 部下としての私は自由に動くことを好むので、放任型の上司と相性がいい

 

まるで典型的なショボい中間管理職のオッサンみたいじゃないか ww

 

ユリウス・カエサルがどれだけ天才なのか分かる本がこちら:

こちらからランキングに戻れます:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ映画「ランボー」は私の涙を誘うのか

  私がハリウッド映画の最高傑作だと思っているのが「ランボー」です。ランボーシリーズはどれも好きなのですが、特に第1作は素晴らしく、涙なしにはみることはできません。 ランボーシリーズといえば …

Amazon Prime会員ならナニワ金融道を無料で読める

  チャンドラです。   Amazon Prime会員ならナニワ金融道が無料で読めます。 ナニワ金融道 全19巻 新ナニワ金融道 全20巻   ナニワ金融道は、大阪を舞台 …

俺はあと何回くらい輪廻転生を繰り返せばこんな美女と会話できるのか

  フォトエッセー「気ままに美波」 本日から発売です😊 1年をかけて取材していただいた内容が詰め込まれています 私も振り返って読むと、たのしいです🙋&#x20 …

宝くじを買う人間は本当にバカなのか

  資産運用をするような金融に対する知識が高い人々の間では、「宝くじを買う人間はバカ」と考える人が多い。宝くじを買っても購入者に還元される金額は45%くらいしかなく、さらに損する可能性が高い …

【トラブル】メルカリで売ったものが動作不良でフィニッシュ(泣)

  私は不要になったものをよくメルカリで売るのですが、ごくまれに相手に届いたものに不備があって取引をキャンセルすることがあります。 最近あったのがある小型機器の動作トラブル。ほとんど使わない …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ