節約の知恵

壊れたスマホも売れる!メルカリで売れた意外なものを紹介!

投稿日:2019年8月23日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私は家の中の不要なものをよくメルカリで売っています。これまでメルカリで10万円以上商品を売ってきました。そのとき、

こんなものまで売れるの??という商品がよくあります。

そんな商品を紹介します。

どれも私が出品して実際に売れたものです。

 

 

壊れたスマートフォン

 

 

 

2年間使用したシム・フリーのスマホが動作不良となったため出品したところ、速攻で売り切れました。

当時約90,000円で購入したもので、7,000円で売れました。

中の部品を取り出して再利用するのでしょうか?謎です。。。

 

 

 

壊れたソニーのウォークマン

 

 

壊れたソニーのウォークマンです。購入したのは10年ほど前です。

試しに出品したところ2,999円で売れました。

これも部品を取り出して再利用するのでしょうか。

 

 

書き込みがたくさんある本

 

 

書き込みがたくさんある本でも売れたことがありました。

 

 

この本は学生の頃、大学の書店で2,000円くらいで買ったものですが、666円で売れたので、約30%回収できました。

専門書関係であればたとえ書き込みがあったとしても割と高額で売れるようです。

 

海外で買ったお土産

 

 

海外旅行に行くと気分が高まって、普段欲しくはないものを買ってしまうことがあります。そういうものはたいてい倉庫に眠ってしまいますね。

この笛は確か1,000円程度で購入して、999円で売れました。

 

Sponsored Link



 

メルカリは本当に意外なものが売れます。なのでおすすめは、

いらなくなったものでも取り合えず出品してみることです。

お小遣い稼ぎにはなります。

ちなみに売る際は送料込みとしていますが、サイズが大きな商品を送料込みで売ると、正味の売上額がほぼゼロとなってしまうことがあります。

売るなら小型で価値が付きそうなものの方がおすすめです。

 

当然ですが、ものを売るためには商品を綺麗な状態で出品しないと売れません。

そのためには普段からものを大切に使うことが大切です。

大切に使って綺麗な状態を保てば、高値で売ることができるからです。

これも重要なポイントです。

それでは。

 

関連記事:

コードバン財布をピカピカにするクリーム

靴磨きの道具を全て紹介 | ちゃんと手入れすれば靴は長持ちする

ワイシャツをクリーニングに出すのはもったいない!自分でアイロンかけて年間36000円節約

Sponsored Link



運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

-節約の知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

楽天証券なら日経新聞の記事を無料で読める | 新聞代を節約

Sponsored Link   チャンドラです。   日経新聞を読みたいけれど定期購読すると高いですよね。現在の値段は全日版で月額4,000円、電子版で月額4,200円です。 で …

みずほ銀行では資産を増やせないので楽天銀行に預金を移しました

チャンドラです。   やっと楽天銀行の口座を開設しました。私はみずほ銀行の預金口座をメインにしていましたが、これからは楽天銀行に預金を移していきます。楽天銀行に預金しておく方がメリットが多い …

これまでにドブに捨てた金額を公開します

チャンドラです。   ケチを自認する私ですが、これまでの人生でお金をドブに捨てたと感じたことは多々あります。そんな経験を紹介します。 受験浪人(ドブ捨て金額:120万円)   間違 …

目標の貯金額を達成するために必要なこと ~ 私の管理方法を紹介

    チャンドラです。   本格的に貯金を始めるときは「30歳までに1000万円貯めたい」などの目標を立てると思います。ですが目標を立てると立てっぱなしになって終わって …

ペットボトル飲料は箱買いが絶対おすすめ

Sponsored Link   チャンドラです。   実は私はこれまでペットボトル飲料を箱買いすることに抵抗がありました。ペットボトル飲料を大量に買って数千円払うことにためらいが …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ