社畜

【トラブル】メルカリで売ったものが動作不良でフィニッシュ(泣)

投稿日:2020年10月8日 更新日:




 

私は不要になったものをよくメルカリで売るのですが、ごくまれに相手に届いたものに不備があって取引をキャンセルすることがあります。

最近あったのがある小型機器の動作トラブル。ほとんど使わないものなので動作確認したうえで販売したのですが、購入者から起動したけどうまく動作しないと連絡を受けました。

やりとりはこんな感じ。

購入者「届いたものを動作確認してるんですが、充電しても全然充電されないし端末とペアリングできません。」

私「私の端末では問題ありませんでした。(あるサイトを引用して)このサイトで紹介している方法で試してもらえないでしょうか?」

購入者「ダメですね。うまくいきません。」

私「それでは一晩充電し続けてみてもらえないでしょうか?」

購入者「やっぱりだめですね。全然充電できません。」

私「そうですか。では大変申し訳ないのですが、着払いで送り返してもらえないでしょうか」

購入者「分かりました。」

私「この度はご迷惑おかけして申し訳ありません。」

 

Sponsored Link



 

うーん、私の端末でうまく動作してるのに、相手の端末でうまく動かない理由はなぜなんでしょうね。発送したときはプチプチのシートでぐるぐる巻きにして送ったので、発送中に壊れたとは考えにくい。

なんかしっくりきませんが、届いたものが動かないのは事実なので着払いで送り返してもらうことに。結局商品が行き帰りしただけで1000円程度のマイナスです。

ところでこういう場合、私が「発送前の動作確認では問題なかったし、梱包も十分だったのでキャンセルできません」で押し通したらどうなるんでしょうね。

購入者からしたら「ふざけんな」と思ってメルカリの事務局に連絡するんでしょうが、事務局も「当事者同士で話し合ってください」としか言わないとはよく聞きます。

すると、ずーっと「取引中」となるんでしょうか。それか購入者の方が諦めて取引完了にして、その代わり受取評価のところに私のことを「こいつは不良品を送りつけるヒドイ出品者です!」ってボロクソに書くんでしょうかね。

後者をされると私の評価が下がって今後誰も買ってくれなくなるかもしれない。だとすると、今回やったように真摯に対応すべきでしょうね。まあ当たり前のことなんですが ww

 

【後日談】

購入者さんは着払いではなくて送料負担までしてくれました。ええ人も、いるんやなぁ~。

 

関連記事:

壊れたスマホも売れる!メルカリで売れた意外なものを紹介!

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公務員のボーナスを発表する意味あるのか?煽りたいだけのクソアンケート。

  今年の公務員の冬ボーナスは平均65万円だそうです。記事から引用。 「今年のボーナス支給額についてどう思いますか?」と聞いたところ、63.5%が「多い」と回答。多いと感じる理由を聞くと、「 …

【社畜の雑談】中国のコロナ対策。やると言ったらやる、その姿勢。

  雑談です。 中国は主要国で唯一GDPプラス成長だったようです。毎日新聞の記事から引用。 中国国家統計局が18日発表した2020年の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年 …

オンライン法要するくらいなら自分で読経すればいいのでは?

  オンライン法要というものが存在するそうです。プレジデントの記事に概要が書いているので抜粋。 新型コロナウイルス感染症の影響で、葬儀や法事をオンラインで行うケースが増えている。僧侶が読経す …

スマートEXで新幹線予約 | 予約変更も簡単!交通系ICカードが使える!

  チャンドラです。   私は実家に帰省する際は新幹線を使います。新幹線を予約する際はスマートEXを使って予約します。みどりの窓口に並ぶのが面倒だからです。 スマートEXはとても便 …

ホリエモン「人生最大のムダは悩み」ww

  ホリエモン氏が東洋経済の記事でいいことを語っています。 人生における最大のムダ、それは「悩み」の時間である。悩むのは、何か決まった問題に対して前向きに解決策を考えるのとは違う。 本当は「 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ