社畜

全世帯に布マスク2枚配布 ww ありがとうございます ww

投稿日:2020年4月6日 更新日:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

政府は全世帯にマスク2枚を配布してくれるそうです。NHKの記事から。

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄状態が続いていることから、安倍総理大臣は政府の対策本部で、全国のすべての世帯を対象に1つの住所当たり2枚ずつ、布マスクを配布する方針を明らかにしました。

 

「お、おう。。。ありがとうございます ww」

 

というか日本全国の世帯数は約6,000万世帯あるので、全世帯まわるのに相当人件費がかかると思うのですが。。。と思ったらこの記事でコストを試算してました。

しかし、日本郵便を使って全世帯に送るための郵便料金は、単純計算すると5852万世帯×84円=約49億円にもなる。大量郵便なので半額になるとしても約25億円だ。菅義偉官房長官は2日の記者会見で「費用は1枚200円程度」と説明したが、こんな税金の無駄遣いはないだろう。マスク2枚のために200円×2×5852万世帯=約234億円、郵便料金が別途であれば25億円増えて、計約260億円も使うことになる。

 

たった1回限り、マスク2枚配るのに260億円使うとかヤバすぎんだろ ww それよりアイリスオーヤマに260億円投資して生産能力を高めれば後は大量のマスクが小売りに流れると思うのだが。過剰生産しまくってもコロナ騒動で国民のマスク備蓄意識が高まっているので今後も売れるだろうし。マスク不足の人に緊急で配るためにやってるのであれば今更遅いけど。。。

当社は、これまで中国の大連工場と蘇州工場の2拠点において、24時間フル稼働でマスクを生産し、8千万枚/月を日本国内に供給してきました。しかし、国内では海外生産のリスク増加により、マスクの品不足が長期化しています。今回、日本国内の生産設備導入により、6千万枚/月のマスクを新たに生産でき、日本国内へ1億4千万枚/月を供給できる体制になります。これまで中国1カ国に依存していた生産体制を分散し、リードタイムを約2週間短縮できるため、安定供給の体制を構築します。

アイリスオーヤマ HP

 

私のマスク備蓄はあと1か月くらいで切れそう。政府から配られたらそれはそれでありがたいのですが。何か金の使い方にセンスのなさしか感じない。。。

余談ですが、この前会社の欧米人のオッサンが「日本にマスク全然売ってないから韓国で買ったんだ。そしたら、これしか手に入らなかったんだ・・・」と言って可愛いクマさんの絵柄が入ったマスクをしてたのを見て爆笑しました ww こんなやつ ww

Sponsored Link



 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新卒から年収1000万円だと・・・?

  チャンドラです。   回転すし大手のくら寿司が入社1年目から年収1000万円の幹部候補生の募集を開始することで話題となっています。 くら寿司の従業員の平均年収は450万円程度で …

クレジットカードを落として焦りまくってとった対応の結果 ww

  自慢ではないですが私はこれまでの人生で財布を落としたこともクレジットカードを無くしたこともありません。 買い物したらまずは財布をポケットかカバンに入れるのを絶対破らない習慣にしているから …

【トラブル】メルカリで売ったものが動作不良でフィニッシュ(泣)

  私は不要になったものをよくメルカリで売るのですが、ごくまれに相手に届いたものに不備があって取引をキャンセルすることがあります。 最近あったのがある小型機器の動作トラブル。ほとんど使わない …

メール「お世話になっております」が無駄すぎ ww

  Sponsored Link     社外の人からメールが受け取ると、たいてい書き出しが「株式会社〇〇 チャンドラ様、お世話になっております。」という書き出しです。 …

【米大統領選】右派・左派・中道派が簡単に分かるチャート ww

  米大統領選の民主党候補選びでバイデン氏が優勢に立ちました。最大の山場である「スーパーチューズデー」ではサンダース氏の4勝に対してバイデン氏が10勝で大勝したためです。民主党指名争いは事実 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ