資産運用

米国S&P500 | 最高のリターンと最悪のリターンは同じ年に発生する

投稿日:2020年5月25日 更新日:




 

バンガード社はコラム「市場の下落期に避けるべき3つの過ち」というコラムで、「最高の取引日も最悪の取引日もほぼ同時に起こる」ため、「マーケット・タイミングは不毛な行為」と述べています。以下は引用です。

資産価格の下落時に、リスクのより高い資産を売却し、国債や短期金融商品を購入するという過剰反応を見せる投資家がいます。あるいは、いわゆる「ホームバイアス」によって、これまで保有していた国際的な金融商品から、馴染みのある自国の金融商品に乗り換える投資家もいます。

市場が急変することにより、投資家が自らの資産配分に内在するリスクに目覚めることがあります。例えば、上げ相場の時期には、時と共にリスクを抱え込むようになることを認識しないまま、知らず知らずのうちに株式への配分を高めることがあるかもしれません。

しかし、リスク資産を買い戻す時期は分かるはずだと思い込み、相場が大きく変動している時にそれらのリスク資産を売却するのは誤りです。このような行動はマーケット・タイミングと呼ばれ、下のチャートを見れば、それがなぜ過ちなのかが分かるでしょう。

 

S&P500は過去40年間でプラスのリターンが大きいベスト20日のうち約半分は年間リターンがマイナスの年に出現。

逆にマイナスのリターンが大きいベスト20日のうち約半分は年間リターンがプラスの年に出現。

 

Sponsored Link



 

これは知りませんでしたね。つまり、一時的にドカンと株価が下がったとしても、その年の年間リターンがプラスかマイナスかは5分5分ということなんですね。

この現象の背後にあるメカニズムはよく分かりませんが、ドカンと下げた後は下がりすぎた株価をグッと引き戻す力、化学で言うルシャトリエの原理のような力が働くのでしょう。株価が一時的にグッと下がっても、狼狽せずにグッとこらえて継続して買い続けるべきということでしょう。まあ、私はコロナウイルスによる暴落下でも、ネバーマインド精神を発揮してひたすらS&P500に積立を継続していたので、今年の年間リターンは楽しみですね。

 

関連記事:

なんで株価暴落で狼狽売り ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

資産運用のネット記事のコメント欄はたいてい荒れる

    ネットには資産運用の記事が多い。私も資産運用のブログを書いているためか、Google newsのトップのところに資産運用関連の記事を勝手に表示してくれる。 そして資産運用の …

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

  私は米国S&P500指数に連動するインデックスファンドに投資しています。その理由は過去の実績 (リスク: 20% リターン: 7%)が自分にとってリスク許容度内だし、高リターンだ …

30年間積み立てるのと40年間積み立てるのでリターンはどれだけ変わるか?

    チャンドラです。   積立投資はできるだけ長い期間積み立てる方が高いリターンを得られる可能性が高いです。つまり積立投資を始める歳が若ければ若いほどいいということで …

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …

オカンのポートフォリオ | 証券会社の営業マンに言われるがままに・・・

      チャンドラです。   私の両親はすでに引退して悠々自適な生活を送っています。 正月に帰省した際に、パソコンすらまともに触れなかったオカンがiPadを …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ