資産運用

米国S&P500 | 最高のリターンと最悪のリターンは同じ年に発生する

投稿日:2020年5月25日 更新日:




 

バンガード社はコラム「市場の下落期に避けるべき3つの過ち」というコラムで、「最高の取引日も最悪の取引日もほぼ同時に起こる」ため、「マーケット・タイミングは不毛な行為」と述べています。以下は引用です。

資産価格の下落時に、リスクのより高い資産を売却し、国債や短期金融商品を購入するという過剰反応を見せる投資家がいます。あるいは、いわゆる「ホームバイアス」によって、これまで保有していた国際的な金融商品から、馴染みのある自国の金融商品に乗り換える投資家もいます。

市場が急変することにより、投資家が自らの資産配分に内在するリスクに目覚めることがあります。例えば、上げ相場の時期には、時と共にリスクを抱え込むようになることを認識しないまま、知らず知らずのうちに株式への配分を高めることがあるかもしれません。

しかし、リスク資産を買い戻す時期は分かるはずだと思い込み、相場が大きく変動している時にそれらのリスク資産を売却するのは誤りです。このような行動はマーケット・タイミングと呼ばれ、下のチャートを見れば、それがなぜ過ちなのかが分かるでしょう。

 

S&P500は過去40年間でプラスのリターンが大きいベスト20日のうち約半分は年間リターンがマイナスの年に出現。

逆にマイナスのリターンが大きいベスト20日のうち約半分は年間リターンがプラスの年に出現。

 

Sponsored Link



 

これは知りませんでしたね。つまり、一時的にドカンと株価が下がったとしても、その年の年間リターンがプラスかマイナスかは5分5分ということなんですね。

この現象の背後にあるメカニズムはよく分かりませんが、ドカンと下げた後は下がりすぎた株価をグッと引き戻す力、化学で言うルシャトリエの原理のような力が働くのでしょう。株価が一時的にグッと下がっても、狼狽せずにグッとこらえて継続して買い続けるべきということでしょう。まあ、私はコロナウイルスによる暴落下でも、ネバーマインド精神を発揮してひたすらS&P500に積立を継続していたので、今年の年間リターンは楽しみですね。

 

関連記事:

なんで株価暴落で狼狽売り ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜の資産を公開します | 185万円増加 | 2020年5月末

  2020年5月の資産運用状況を公開します。   合計資産:29,999,209円 前月より185万円増加   総資産の推移: 2020年3月:  26,696,509 …

「投資は怖い」と考えていた私がインデックス投資を始めた理由

  チャンドラです。   私は2018年にインデックス投資を開始しました。それまで「投資は怖いもの」「ギャンブルに弱い自分は絶対損する」と考えていました。 そんな私が投資を始めたき …

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」よりS&P500インデックスファンドを永久に持っておけ ww

  Google Search Consoleを使うと、私のサイトにきた人がどんなワードを検索してサイトにたどり着いたのかを見ることができます。 最近増えている検索ワードが「永久に持っておき …

株の注目銘柄を紹介するなら自分で身銭を切ってから紹介しろと言いたい。

  「コロナ禍での注目銘柄!」だの「AI時代に絶対買いの銘柄!」だの特定の銘柄を紹介する本やらネット記事が目に付きますが、あんたが身銭切って買ってから紹介してくれと言いたい。 例えば家電の場 …

【驚愕】米国S&P500のリターンが示すサイクル。上がれば下がる市場のリズム。

    株価は面白いように上昇し続けるときもあれば、悲しいほど下がり続けることもあります。 過去の実績を分析するとS&P500は年間平均リターンが7%。だからS&P …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ