資産運用

ハワード・マークスの市場サイクル。「一番大切なのは、サイクルに注意を向けること」

投稿日:2021年4月6日 更新日:

 

ハワード・マークス氏の「市場サイクルを極める」には市場のサイクルを理解する重要性が述べられています。

すぐれた投資家はサイクルに注意を向けている。過去にあったパターンが繰り返されている様子はないかを気にかけ、問題とすべき様々なサイクルのどこに今、自分たちが位置しているのかを感じ取り、そうしたことが自身の行動にどのような影響を及ぼすのかを理解する。

 

 

そのサイクルを示すのが下の図。そのサイクルとは、上昇トレンドを示す直線を中心に正弦波のようなカーブを描くということ。

 

Sponsored Link



 

中心線が上昇トレンドを示すのは長期的な経済成長を示しています。

私が各図の中央にある線は、変動するサイクルの中心点を意味する。基調となる方向性や長期トレンドが見られるものもあり、その多くは上向きである。時間の経過とともに、そして長期的に経済は成長し、企業利益は拡大し、市場は上昇する傾向がある。

中心線周りの正弦波は振り子の振動との類似性から説明できます。投資家が相場が「割安」と判断株価は上昇しますが、適正価格で止まらず上昇を続けます。そしてあるタイミングで「割高」と判断されて下降局面に入る。逆もまたしかり。

特に言えるのは・・・ピーク或いは底からの揺り戻しは、中心点ではまず止まらないということだ。中心点を過ぎてもそのまま動き続け、反対の極限へ向かうという流れは、かなり確実に起る。

たとえば、相場が「割安な」状態から「適正な」水準へと変動し、そこにとどまることはほとんどない。だいたいは、著しく落ち込んだ水準からの回復をもたらすファンダメンタルズの改善や楽観主義の台頭が、「適正」水準に達してからも影響力を発揮し続け、相場をさらに「割高な」水準へと向かわせるのである。

 

Sponsored Link



 

すぐれた投資家はサイクルに注意を向けている。

サイクルとは上で見たように中心線の周りの正弦波のように表現されることが分かりました。

ここからが本書の面白いところですが、サイクルの位置によって投資家のリターンの確率分布の位置が変わる、という考え方をしている点です。

この紹介は別記事で。

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

  チャンドラです。   私はアメリカの代表的な株式指数S&P500に連動するインデックス・ファンドに積立投資をしています。 過去の歴史をみると、米国株は一時的な暴落を経験 …

今年は3,900万円でフィニッシュ | 資産公開 | 2020年12月末

  2020年12月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:38,998,469円 前月より150万円増加   総資産の推移: 2020年10月:  35,352, …

GPIFの運用収益12兆円 ww そのポートフォリオとは?

  2020年4月~6月のGPIFの運用収益は12兆円だったそうです。記事から引用。 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の4-6月期の運用収益率は8.30%だった。6月末時点の運用資 …

遂に含み益350万円がゼロに ww 全世界株式がヒドイ ww

  2週間でインデックス投資の含み益350万円が2週間でほぼゼロになりました ww 私は投資の含み益を毎週末のルーチン・ワークとしているのですが、この下げっぷりはエグイ ww 赤色が含み益、 …

過去の米国S&P500に毎月3万円投資し続けた場合のリターンを計算

  チャンドラです。   過去の米国S&P500に20年間投資していたらどれだけ利益を出せていたか計算してみました。毎月3万円を投資し続けた場合を考えます。 下のグラフが2 …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ