資産運用

主要株価指数の最適なレバレッジは3以下。全世界株が一番3倍に近いがETFはない。

投稿日:2020年11月6日 更新日:




 

前回の記事では米国S&P500の最適なレバレッジを計算しました。今回は米国以外の主要株式指数の計算結果を紹介します。

その前に、ポートフォリオにレバレッジを加えると何が起きるか主要なポイントを再掲します。

レバレッジを大きくするほど

(1) リターンの平均値は大きくなる。

(2) リターンの中央値は最大値をもつ。

(3) 最適なレバレッジはリターンをリスクの2乗で割った値

 

リスクとリターンは過去の長期間の実績値をもとに求めることができます。そしてこの値を用いて(3)の計算方法を用いて最適なレバレッジを計算できます。

米国S&P500の最適レバレッジは1.75でした。そこで日本、先進国、新興国、全世界の最適レバレッジを同じ方法で計算してみます。

 

Sponsored Link



 

結果がこちらです。各指数のリスクとリターンはMSCIなどから引用しています。期間は10年~15年程度としています。

どの指数も最適レバレッジは3以下となりました。

私が知る限りレバレッジをかけるETFには2倍か3倍のものが多いです。従って最適レバレッジに近い倍率をかけるETFで運用すれば理論上、高確率で高いリターンを得ることができます。

レバレッジはかけすぎに注意が必要です。例えばS&P500の最適レバレッジ1.75倍に対してレバレッジ3倍を加えると、中央値は下がってしまいます。中央値の下げは時間と共に大きくなります。

SPXLなどレバレッジ3倍かけるETFはありますが、全世界株式の3倍ETFは私の知る限り販売されていないようですね。最適レバレッジは2.45倍なので今回比較したもののなかでは一番3倍レバレッジに近いのですが。。。

 

参考:

各指数のリスク・リターンの分布図はこちらです。

リスクとリターンに対する最適レバレッジはグラフ上を表現できます。Lopt=2の曲線にのる指数があれば、その指数の最適レバレッジは2倍です。S&P500はLopt=1とLopt=2の曲線の間に入ります。

 

現代ポートフォリオ理論をまとめた記事を書いています。こちらから。

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

残業時間上限規制は仕事大好き人間にとっては余計なお世話

  チャンドラです。   私は仕事が好きです。 仕事は簡単ではないし、プレッシャーもかかるし、ストレスもかかるし、心配で夜に眠れなくなることもあります。 それでも適度なプレッシャー …

イノベーションで儲かるのは巨大IT企業 | 恩恵にあずかるには投資しかない

  チャンドラです。   IT、AI、ロボットの急速な普及によって、経済活動の生産性が大幅に高まると予想されています。 これらのイノベーション(技術革新)によって世界経済はますます …

マイナス12万円 | 運用成績 | 2020年5月第4週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:14万円 積立総額:2,504万円 評価額:2,492万円 先週の損益:-105万円 (-4.4%) 今週の損 …

NISA | eMAXIS Slim 先進国株式の損益 | 2020年1月末

  私はつみたてNISAでeMAXIS Slim 先進国株式インデックスに投資しています。 つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の2 …

資産公開 | 3042万円(161万円増加)| 2019年12月末

  2019年12月の資産運用状況を公開します。 合計資産は30,425,609円で前月より161万円増加しました。   総資産の推移: 2019年10月:  27,707,822 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ