金融工学

【意味不明】「高配当銘柄が混ざったインデックスファンドを買うのはおかしいだろう」という謎の主張 ww

投稿日:2021年2月27日 更新日:

 




 

ソースは忘れてしまいましたが、投資に関する記事で「高配当株の年率リターンが低いことをデメリットとして挙げている人がインデックスファンドを買うのはおかしいだろ。だってインデックスには高配当が混ざってるんだから。」というのを見ました。

待て待て待て、違いますよ ww

ええ。確かにその主張は正しく聞こえるんです。リターンが低いことを嫌がる人間が何故、低リターン銘柄が混ざったインデックスを買うのかと。

例えて言えば、辛いのが苦手なのになんで唐辛子が少量入った食い物を注文するんだと。まあ、そんな感じでしょう。

でも違うんですよ。それは。インデックスファンドは高配当だろうが成長株だろうが、全ての銘柄が時価総額加重平均で混ざっている点が最大の強みなんです。

その理由は過去記事参照:

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

 

Sponsored Link



 

インデックスファンドから特定の銘柄を抜いたらその強みを失います。その強みとは構成銘柄の時価総額加重平均であるがゆえに、シャープレシオが最も高いポートフォリオである、ということ。

下は過去記事からの引用で、異なる2つのリスク資産からなるポートフォリオが、その構成割合を変えることでリスクとリターンがどのように変化するかを示したもの。出処はこれ:

「分散投資でリスクを下げる」の本質

リスク・リターンが高い資産だけかき集めてもリスク・リターンが高いポートフォリオができるだけなんです。逆にリスク・リターンが低い資産をかき集めてもリスク・リターンが低いものができるだけ。

そこに、低リターンでも相関性が低い資産を混ぜることでリスクを下げつつもリターンを高めるポートフォリオを組むことができるわけです。

なぜか?口でダラダラ説明するよりも上のグラフのカーブを見てください。相関係数が-1に近いほど曲線に突起が表れてリスクを下げつつもリターンを向上できるポートフォリオをが出現しているのが視覚的に分かります。

こういう性質を踏まえて、では資産の最適な配分は?その配分こそが時価総額加重平均です。時価総額加重平均で混ぜると、そのポートフォリオは効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオと一致します。

 

大切な事なのでもう一度。インデックスファンドは全ての銘柄が時価総額加重平均されているポートフォリオである。それがゆえに理論上もっともシャープレシオが高くなるんです。

ちなみに債権や金などをポートフォリオに混ぜるとさらにシャープレシオを改善できます。それに関しては別の過去記事を参照。

WealthNaviのアルゴリズムを読むべし。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。

「インデックス・ファンドに低リターンの銘柄が混ざっているから、インデックスはダメ」というのは間違いだというのが私の考え。

それは部分しか見てなくて全体が見えていないってことです。

 

引用記事リスト:

「分散投資でリスクを下げる」の本質

全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

シャープレシオが最大になるのは効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオ。

WealthNaviのアルゴリズムを読むべし。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レイ・ダリオのオールウェザー・ポートフォリオでボラテリティをガッツリ下げる。

  レイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオ。詳細は書籍「世界のエリート投資家は何を考えているのか?」に紹介されています。 世界のエリート投資家は何を考えているのか、何を見て動くのか【 …

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資で元本割れ確率をほぼゼロにできる

  前回の記事でS&P500の一括投資と積立投資を比較しました。比較内容は投資期間に対する平均リターン、リスクです。前提と結果を再掲します。 前提:年平均リターン 7%、標準偏差 2 …

自分のリスク許容度を知るための相対的リスク回避度の計算方法。

  株などのリスク資産を持っているとき、自分のポートフォリオ全体でリスク資産を何%にすべきか? そう問われれば「自分のリスク許容度に見合った割合にすべき」というのが教科書的な回答。ではその割 …

暴落はいつでも起きうる。「売りが売りを呼ぶ」プロセスは2つ。

  金融工学ではリスクとリターンが分かれば将来のトータルリターンの分布や元本割れ確率などを計算することができます。だから金融工学で使用する株価変動モデルは将来の株価を予想するうえで「実務的に …

S&P500に短期でレバレッジをかけたときの比較。レバレッジ3倍がショボすぎて泣ける ww

  前回の続き: 10年間レバレッジ3倍かけると: 元本割れ確率は45%でトップ。 リターンが3倍を超える確率はリターン2倍よりも劣る。 意外ですね。せっかく3倍レバレッジかけたのに元本割れ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ