社畜

宝くじを買う人間は本当にバカなのか

投稿日:




 

資産運用をするような金融に対する知識が高い人々の間では、「宝くじを買う人間はバカ」と考える人が多い。宝くじを買っても購入者に還元される金額は45%くらいしかなく、さらに損する可能性が高いから金の無駄だ、という理屈です。私も損得勘定だけで考えれば全く同意で、宝くじを自分で買ったこともないし、これからも買わないと思います。ただし「買う人間はバカ」という短絡的な考えにはちょっと「?」と思わざるを得ない。

 

 

私の祖父のはなしです。祖父はすでに亡くなったのですが、生前は宝くじやロト6を購入しては当選してるか確認するのを楽しみにしていました。特にロト6は毎週購入していました。年寄りは引退するとやることがなくなるので、家から販売所まで散歩してロト6を1000円分を買い、結果を確認した後にそれを方眼紙で記録する、というのを30年近く継続していたわけです。

 

 

つまりロトの購入は当選して大金をゲットしたいというギャンブル的な理由だけでなく、運動やボケ防止、退屈な日々のなかのちょっとしたスリルもあったというわけです。方眼紙に記録した数字を見ながら次に当たる数字は何か考えるのが好きだったんですね。そして毎回1000円分だけ買うというルールも貫いていました。

 

Sponsored Link



 

 

祖父が亡くなったあとに遺品整理をしていたのですが、引き出しから出てきたのは100枚くらいもあるA4の方眼用紙がセロハンテープでつながれていたもので、毎週のロト6の当選番号がみっちりと記録されていました。一時期はエクセルで記録しようとしていたようですが、やはり70歳を超えてパソコンを習得するのは難しかったようでそれは諦めて、ひたすら方眼紙に黒鉛筆で記録していました。30年もよくもまあここまで記録したな、という感じでした。

 

 

祖父は亡くなるまでの間にロトや宝くじに合計300万円近くを投じたと思います。高額当選したという話も聞かなかったし、5000円当たれば大喜びしていたくらいなので、実際のリターンはわずかなものだったと思います。でもだからと言って、祖父がバカなことをやっていたとは思えないのです。祖父は大儲けしたいというよりも、運動やボケ防止という目的があったし、何より一回の購入で一定の金額以上は買わないと決めて実行していました。

 

 

宝くじのようなギャンブルに収入に見合わない大金投じて一攫千金狙うようなことは褒められたことではありません。ですがあくまでささやかな楽しみのためだと割り切って節度をもってやるなら、やってもいいんじゃないでしょうか。

 

 

祖父が長年記録し続けた、クシャクシャで褐色がかった方眼用紙の束を見ていると、私は思い出すのです。かつて私が小さかったころ、夏休みに祖父の家に遊びに行って、祖父と一緒に新聞の当選番号を見て一喜一憂しながら、一緒に方眼紙に数字を書き込んでいた、そんな思い出を。

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダウ平均株価3%下落は歴代ランキングに入るか?

  ダウ平均株価がガッツリ下がりましたね。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大への懸念が強まったからです。2/25の下落率は3%超え。これまでコロナの米国株式市場への影響は見られませんでした …

くだらない番組ばかり ww テレビはなくても生きていけますよ。

  私は10年以上前に大学に進学したのですが、実家を出てからテレビを見ることは無くなりました。たまに実家に帰省したり、定食屋で飯食ってるときにテレビを見ることがあるのですが、テレビってくだら …

「日本企業は欧米企業に比べて意思決定が遅い」は本当なのか?

  ネットを見ると「日本企業は欧米の企業と比べて意思決定が遅い」と散々な叩かれようです。 私は日系企業で働いていますが、意思決定が早いか遅いかといえば、まあお世辞にも早いとは感じません。何か …

サラリーマンの給与上昇は月当たり1万円以下。低過ぎやん。何なんすかこれ?

  私はサラリーマン。 日本人の平均年収は400万程度ですが、どれくらいのスピードで上昇するかというのは意外にチェックしていませんでした。 そもそも上昇スピードが鈍いと仕事のモチベーションが …

生命保険を解約したときにブチギレした話

  私は3年前に当時加入していた生命保険を解約しました。 毎月6,000円払っていましたが、固定費が増えるだけで何もメリットがないと判断したためです。 で、外交員のお姉さんに電話で解約したい …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ