資産運用

長期投資はドMが向いている。

投稿日:




 

私の知り合いにはキツイ仕事ほど喜んで引き受ける人がいて、本人曰くストレスに晒されるほど燃えて力が湧くそうな。自他ともに認めるドMです。

ストレスに晒され続けるという意味では、長期投資も同じ。積立投資で徐々に投資額を増やして元本が増えれば増えるほど、評価額の絶対値も大きく動きます。

投資額が数千万に達すると、日々の評価額が数百万に達することもザラにあるので、ストレスに晒されることは間違いないでしょう。

冒頭のドMの彼は、なぜストレスに晒されるのにウキウキしているかというと、ストレスに晒されながらも何かをやり遂げることが楽しいと考えているからです。

つまり最終的には「やり切った感」という果実を求めているということ。その果実を欲しがる強い意志と自分ならできるという自信を持ってるんですね。

長期投資も似てると思うんです。長期投資家にとっての果実はもちろん利益。それを得るには株価が上昇することを強く信じるのが大事。

口で言うのは簡単だけど、実際に暴落を受けて評価額が大きく下がったのを見たらビビッてしまいそう。でも、それすらも少しキモチよく感じられるような、少しぶっ飛んでる方が長期投資はうまくいく気がします。つまりドMが向いてると思うんです。

私のシミュレーションではまれな暴落はリターンに大きく影響しないのが分かっているため、私自身のドM度は増しています。

 

関連記事:

なぜ株価は長期的に上昇するのか?

【予想外】暴落を取り入れたS&P500投資シミュレーションの結果。幾何ブラウン運動+ジャンプ過程。

金融リテラシーが低い人ほど長期投資志向が薄く計画性も低い

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:

関連記事

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。 インデックス・ファンドを選ぶうえで重要なのは信託報酬の低さです。信託報酬とは、投資信託を保有する代わりに …

自分で決められる資産運用は素晴らしい。誰からも制約されない自由があるから。

  サラリーマンが会社で意思決定しようとすれば、そこでは様々な壁が立ちはだかります。 こんなものを新しく買ってオフィスに配備しようと提案しても、相手に費用対効果が理解されなければ採用されませ …

214万円増加 | 資産公開 | 2020年11月末

  2020年11月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:37,493,375円 前月より214万円増加   総資産の推移: 2020年9月:  33,708,7 …

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる。3倍レバレッジが危険な理由を定量的に説明。

  前回の記事では株価がランダムな動きをすると仮定すると、リターンの確率分布が対数正規分布に従うと紹介しましした。 ではランダムな動きをする株にレバレッジを加えるとどうなるか見てみます。レバ …

リスクの時間分散効果というウソ。長期投資でリスクを低減できない理由。

  リスク資産は短期でもつよりも長期で持つ方がリスクが下がるという説明がされることがあります。これには色々議論があるようですが、私は間違いだと思っています。 長期投資でリスクが下がることを説 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ