資産運用

ライフサイクル投資とサラリーマン所得とレバレッジETFの関係。

投稿日:




 

過去記事でサラリーマン所得は無リスク資産的な位置づけだと書きました。

リスク=危険、ではないですよ。リスク=不確実性、です。先が予測できないということ。

サラリーマンなら毎月必ず給料が貰えるので、減給とかいう特殊なケースを除けば、リスクはゼロなんです。つまり、サラリーマン所得は債券のような無リスク資産的な位置づけだと言えます。

一方で株式投資はどうか?株式投資においては株価は日々変動するのでリスクは大きい。ある日100万円投資すると想像してください。1か月後に120万円になりますか?なるか分かりませんよね。

でも、サラリーマンなら1か月後にほぼ確実に20万円を受け取ることができます。だからサラリーマンは仕事がキツかろうが上司がクソだろうが、リスクの低さという観点からは超安牌なんです。

これを読んでいて思い出したのがライフサイクル投資術。私も投資関係の本は色々読みましたが、他とは毛色が違う、目から鱗が落ちるような本です。

 

Sponsored Link



 

何故「ライフサイクル投資術」を思い出したか?ライフサイクル投資術に関しては過去記事で書きました。ライフサイクル投資術の考え方を再掲すると:

(1)「今」の手元の資金の大半を株式に投資しても、生涯の貯金額から見たら株式比率は低い。

(2) 株式比率を高めるにはレバレッジをかければいい。レバレッジは最大2倍とする。

(3) レバレッジとかリスク高すぎんだろ ww という前によく考えてほしい。将来貯金できるんだからその分の現在価値も考慮すれば実質レバレッジかけてない(つまり株式比率が100%未満)ことになる。

「サラリーマン所得は無リスク資産とみなせる」点がライフサイクル投資術のベースにあるんです。つまり、

(1) サラリーマン所得は(ほぼ)ない

(2) だから30年勤めあげれば30年後に(ほぼ)確実に貯金できる。

(3) だから30年後の貯金分を現在価値に変換して「今」手元にあるとみなす。

(4) すると「今」のポートフォリオは無リスク資産でジャブジャブになる。

(5) だからリスク資産を増やすのは合理的。レバレッジを2倍かけても、リスク資産比率は高いとは言えない。

う~ん、なるほど。繋がりましたね ww

 

Sponsored Link



 

ただし私はリスク資産比率を高める点には賛成ですが、レバレッジをかける点には消極的。レバレッジは3倍ETFがたくさん販売されてますね。

2倍なら迷うところですが、3倍は危険なのでやりません。3倍が危険な理由は過去記事参照。結論から言うと投資期間が長いほどリターンの中央値が下がるから。

中央値が下がると高リターンを得る確率は高まるのですが、元本割れする確率も高まります。この辺は定量的な検証記事を挙げる予定。

まあレバレッジをかけるかどうかはリスク許容度によりますね。ライフサイクル投資術的な考え方を採用すれば、年収高い会社に長期間勤めるのであればレバレッジをかけるのは合理的です。

なぜなら将来の貯金分を現在価値に変換してポートフォリオに加えると、無リスク資産でジャブジャブになるから。

 

参考:ライフサイクル投資術

この本は私にとって驚きの本。本屋に並んだチープな本とはレベルが違うな ww

 

サラリーマンなんて株式投資に比べれば全然リスクとってないな ww

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽天・全米株式インデックスの損益 | 2019年10月末

  チャンドラです。   私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 今月の損益は次の通りでした。   積立額:266,656円 評価額:279, …

減りまくりんこ。180万円減 | 資産公開 | 2020年9月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:33,708,746円 前月より188万円減少   総資産の推移: 2020年7月:  33,662,607 …

従業員持株会に入るべきか?要らないでしょ ww リスク分散できないし。

  私の会社にも従業員持株会があるのですが、私なら絶対入らないな ww 従業員持株会とは、自分が勤めている会社の株式を定期的に買うこと。 メリットとしては、少額から始められる点、給料・ボーナ …

米国S&P500 ゴールデンクロス成立 | インデックスの損益も増加

  チャンドラです。   3月の下旬は米国債市場で逆イールド現象が起きました。 長期金利の利回りが短期金利を下回る現象が逆イールドです。逆イールドは景気後退のサインだと言われていま …

米FRBが利上げしてもすぐに株価が下がるわけではない。

  私はS&P500株式インデックスファンドに投資しています。 指数の動きに影響する要素は色々あるとはいえ、短期の変動に目をつぶるとして、長期的に見て株式指数に大きく影響するのは結局 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ