金融工学

僕はかけましぇん。S&P500にレバレッジはかけましぇんから!怖いから!リターン減るから ww

投稿日:2021年6月15日 更新日:




 

株価がウナギ登りの状況を見るとレバレッジをかけたくなります。

でもね、僕はレバレッジをかけましぇ~ん ww レバレッジは、怖いですから!3倍とか高すぎですから!あなたが破滅してほしくないから ww

過去記事で解説していますが、レバレッジをかけるとリターンの平均値は上がりますが、中央値は下がります。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

以下は抜粋。

中央値はL=1.75のときに最大値をとることが分かります。平均値はレバレッジを大きくすればするほど大きくなるが、中央値はレバレッジを1.75倍以上にすると小さくなる。

つまりこういうことです。レバレッジをかけると資産価値の対数正規分の端っこのほうが立ち上がってくる。その結果、高いリターンを得る確率が大きくなるためにリターンの平均値も大きくなる。レバレッジを高めるほど、そんな「一握りの」高リターンのためがますます平均値が引き上げる。だからレバレッジが大きいほど中央値が下がる。

これは平均年収の統計データと似ていますね。平均年収400万円と公表されても、実はとびきりの高所得者が平均を引き上げているだけで、多くの人はそれを実感していない。だから「平均値だけの公表は意味なし。平均じゃなくて中央値を出せ。」となる。

 

Sponsored Link



 

は?長期的に見れば株式指数は右肩上がりなんだからレバレッジかけた方がいいだろ?

はい、これは尤もらしい主張です。だからといってレバレッジかけりゃいい、とは私は思いません。

何故か?S&P500に関しているとリスクと平均リターンはそれぞれ20%と7%。これに3倍レバレッジをかけると平均値は上がるが同時に中央値が下がるからです。

「平均値が上がって中央値が下がる」とはどういうことなのか?長期的には高リターンを得る確率が下がるということなんです。感覚とは反しますが。

じゃあ、高リターンの確率はどれくらい下がるのか?

 

 

 

今は言えましぇ~ん ww  別の記事で紹介しますから ww 

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

株価変動モデルの計算は教科書に書いていますから ww たとえばコレ。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


  1. アバター   より:

    グラフを見て思ったのですが、中央値はレバレッジ2倍>レバレッジ1倍になっていて、平均値もレバレッジ2倍>レバレッジ1倍になっています。
    現実にレバレッジ1.75倍の金融商品はないためレバレッジ1倍、2倍、3倍の3択であれば個人のリスク選好渡によっては2倍を選ぶ事も合理的判断になりうるのではないでしょうか。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      >個人のリスク選好渡によっては2倍を選ぶ事も合理的判断になりうるのではないでしょうか。

      はい、そう思います。個人のリスク選考度によることは、過去記事で説明しています。参考になれば幸いです。
      https://chandraroom.com/sp500-leverage-explanation

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SPXL】S&P500に3倍レバレッジをかけて中央値が下がることが問題なのか?の定量的な説明

  読者様からレバレッジに関する過去記事について質問を頂きました。 記事の内容を要約すると、「S&P500の最適レバレッジは1.75倍。それを越えるレバレッジをかけるとリターンの中央 …

S&P500に短期でレバレッジをかけたときの比較。レバレッジ3倍がショボすぎて泣ける ww

  前回の続き: 10年間レバレッジ3倍かけると: 元本割れ確率は45%でトップ。 リターンが3倍を超える確率はリターン2倍よりも劣る。 意外ですね。せっかく3倍レバレッジかけたのに元本割れ …

リスク資産の最適な割合を計算するためのサミュエルソンの割合。

  前回の続きです。 株などのリスク資産を持っているとき、自分のポートフォリオ全体でリスク資産を何%にすべきか? そう問われれば「自分のリスク許容度に見合った割合にすべき」というのが教科書的 …

S&P500に3倍レバレッジかけても10年後のリターンはレバレッジなしと大して変わらなくて泣ける ww

  前回の続き: は?長期的に見れば株式指数は右肩上がりなんだからレバレッジかけた方がいいだろ? はい、これは尤もらしい主張です。だからといってレバレッジかけりゃいい、とは私は思いません。 …

S&P500の2倍レバレッジを長期保有するとどうなるか?30年間投資するならレバレッジかけなくてもいい理由。

  過去記事でS&P500のレバレッジなし、2倍レバレッジ、3倍レバレッジを定量的に比較しました。 株価のリスク・リターンが20%・7%の幾何ブラウン運動すると仮定して計算。見えてき …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ