金融工学

僕はかけましぇん。S&P500にレバレッジはかけましぇんから!怖いから!リターン減るから ww

投稿日:2021年6月15日 更新日:




 

株価がウナギ登りの状況を見るとレバレッジをかけたくなります。

でもね、僕はレバレッジをかけましぇ~ん ww レバレッジは、怖いですから!3倍とか高すぎですから!あなたが破滅してほしくないから ww

過去記事で解説していますが、レバレッジをかけるとリターンの平均値は上がりますが、中央値は下がります。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

以下は抜粋。

中央値はL=1.75のときに最大値をとることが分かります。平均値はレバレッジを大きくすればするほど大きくなるが、中央値はレバレッジを1.75倍以上にすると小さくなる。

つまりこういうことです。レバレッジをかけると資産価値の対数正規分の端っこのほうが立ち上がってくる。その結果、高いリターンを得る確率が大きくなるためにリターンの平均値も大きくなる。レバレッジを高めるほど、そんな「一握りの」高リターンのためがますます平均値が引き上げる。だからレバレッジが大きいほど中央値が下がる。

これは平均年収の統計データと似ていますね。平均年収400万円と公表されても、実はとびきりの高所得者が平均を引き上げているだけで、多くの人はそれを実感していない。だから「平均値だけの公表は意味なし。平均じゃなくて中央値を出せ。」となる。

 

Sponsored Link



 

は?長期的に見れば株式指数は右肩上がりなんだからレバレッジかけた方がいいだろ?

はい、これは尤もらしい主張です。だからといってレバレッジかけりゃいい、とは私は思いません。

何故か?S&P500に関しているとリスクと平均リターンはそれぞれ20%と7%。これに3倍レバレッジをかけると平均値は上がるが同時に中央値が下がるからです。

「平均値が上がって中央値が下がる」とはどういうことなのか?長期的には高リターンを得る確率が下がるということなんです。感覚とは反しますが。

じゃあ、高リターンの確率はどれくらい下がるのか?

 

 

 

今は言えましぇ~ん ww  別の記事で紹介しますから ww 

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

株価変動モデルの計算は教科書に書いていますから ww たとえばコレ。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


  1. アバター   より:

    グラフを見て思ったのですが、中央値はレバレッジ2倍>レバレッジ1倍になっていて、平均値もレバレッジ2倍>レバレッジ1倍になっています。
    現実にレバレッジ1.75倍の金融商品はないためレバレッジ1倍、2倍、3倍の3択であれば個人のリスク選好渡によっては2倍を選ぶ事も合理的判断になりうるのではないでしょうか。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      >個人のリスク選好渡によっては2倍を選ぶ事も合理的判断になりうるのではないでしょうか。

      はい、そう思います。個人のリスク選考度によることは、過去記事で説明しています。参考になれば幸いです。
      https://chandraroom.com/sp500-leverage-explanation

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

S&P500の積立投資でリターンの確率分布をどう計算するか?

  過去記事でS&P500のリターンの確率分布をグラフ化したものを紹介しました。 S&P500指数がリスク20%・リターン7%の幾何ブラウン運動に従うと仮定、その際のリターンの確率分 …

【重要】積立投資の新たな解釈。積立投資を「投資金額の時間発展の総和」と捉える。

  一括投資と積立投資の違いは何か? 前者は手持ちの資金を初年度に一括で投資すること。後者は手持ちの資金を数回に分けて投資することです。これだけ読んでもふ~んとしか思いません。では図示してみ …

現金:S&P500の最適比率が分かる早見表 (マートン問題と相対的リスク回避度で計算)

  過去記事でS&P500に投資した際の最適比率を計算する方法を、マートンのポートフォリオ問題を用いて説明しました。 マートン・社畜の式: S&P500の最適比率 = 1.7 …

「安全在庫」を適用して全力投資する私が手元に必要な現金を計算した結果 ww

  前回からの続きです。 例えば工場でネジを製作するとして、毎月平均10万本売れるとします。じゃあネジ10万本分の材料を在庫でもっておけばよい、とはなりませんよね。だって、ネジが売れる量は毎 …

【予想外】暴落を取り入れたS&P500投資シミュレーションの結果。幾何ブラウン運動+ジャンプ過程。

  前回の記事で紹介したように、S&P500投資シミュレーションに暴落の効果を取り入れたシミュレーションをやってみます。 具体的には、基本的な株価変動モデルである幾何ブラウン運動に加 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ