資産運用

人的資産を計算する方法。なぜライプニッツ係数を使うのか?

投稿日:2021年10月28日 更新日:




 

自分の人的資産を計算する方法があります。

例えば現在35歳の人が定年まで30年間働くとします。その期間の予想平均年収は600万円。すると、その人の人的資産は

600万円 x 30年 = 1億8000万円

と言いたいところですが、民法では異なるようです。

自動車の自陪責保険などで、事故で亡くなった故人の遺族に支払うべき補償を計算するのにつかうのがライプニッツ係数。

ライプニッツ係数は将来(生きていたら)受取れたはずの金額を前倒しで受け取るために、得られた利益を控除するために使う指数。

上の例でいうと、「生きていたら将来受取れたはずの金額」は1億8000万円。でも、現在1億8000万円受け取れるとはならないんです。

理由は「将来受け取れたはずの金」は「今現在の金」よりも価値が低いから。

ファイナンスの考え方では、今現在の100円は将来の100円よりも価値は高い。

ということは、「生きていたら将来受取れたはずの金額」である1億8000万円を今貰おうとしたら、減らさないといけないわけです。

そのために、予想平均年収にかける係数がライプニッツ係数なんです。

 

Sponsored Link



 

ライプニッツ係数は法定利率(現在は3%)を用いて計算します。詳細はWikipedia参照。

係数の値は期間によって変わりますが、30年なら19.6。従って上の例だと、

600万円 x 19.6 = 1億1760万円

となります。

ただし。私が気になるのはこの「法定利率」です。3%と定められていますが、高すぎるような気がしますね。

例えば父親が亡くなるとして、30年間で稼げる金額が1億8000万円。そこで法定利率で割り返すことで1億1760円まで下げられるわけですが。

そこで無リスク資産である銀行預金に1億1760円放り込んでおいても1億8000万円には到底足しません。理由は預金の利率が低すぎるから。

したがって、法定利率で割り返して激減した金は利率3%以上で運用しないと、割り返された分の埋め合わせになりませんね。

 

↓ライプニッツ係数による人的資本の計算はこの本で分かりやすく紹介されています。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

投資やるなら「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」だけ読んでおけばよくないか

  バートン・マルキルとチャールズ・エリス共著の「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」を図書館で発見したので読んでみたのですが、確信しましたよ。 長期投資するなら、もうこの1冊だけ読んでお …

資産運用に有害な「後知恵バイアス」

  私はよくバンガード社のレポートに目を通します。理由は単純で、良い事を書いているからです。 同社は投資家の行動に関する行動ファイナンスに関するレポートを定期的に出しているのですが、その中で …

遂に含み益350万円がゼロに ww 全世界株式がヒドイ ww

  2週間でインデックス投資の含み益350万円が2週間でほぼゼロになりました ww 私は投資の含み益を毎週末のルーチン・ワークとしているのですが、この下げっぷりはエグイ ww 赤色が含み益、 …

目標の貯金額を達成するために必要なこと ~ 私の管理方法を紹介

    チャンドラです。   本格的に貯金を始めるときは「30歳までに1000万円貯めたい」などの目標を立てると思います。ですが目標を立てると立てっぱなしになって終わって …

【重要】投資方法よりもいくら欲しいか目標設定を先にすべき

  人が資産運用を始めるときに、まずは目標を立てた方がいいと思っています。企業が経営計画を立てるとの同じです。当たり前ですよね?でも実はやってる人は多くないと思います。ファイナンシャル・プラ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ