資産運用

人的資産を計算する方法。なぜライプニッツ係数を使うのか?

投稿日:2021年10月28日 更新日:




 

自分の人的資産を計算する方法があります。

例えば現在35歳の人が定年まで30年間働くとします。その期間の予想平均年収は600万円。すると、その人の人的資産は

600万円 x 30年 = 1億8000万円

と言いたいところですが、民法では異なるようです。

自動車の自陪責保険などで、事故で亡くなった故人の遺族に支払うべき補償を計算するのにつかうのがライプニッツ係数。

ライプニッツ係数は将来(生きていたら)受取れたはずの金額を前倒しで受け取るために、得られた利益を控除するために使う指数。

上の例でいうと、「生きていたら将来受取れたはずの金額」は1億8000万円。でも、現在1億8000万円受け取れるとはならないんです。

理由は「将来受け取れたはずの金」は「今現在の金」よりも価値が低いから。

ファイナンスの考え方では、今現在の100円は将来の100円よりも価値は高い。

ということは、「生きていたら将来受取れたはずの金額」である1億8000万円を今貰おうとしたら、減らさないといけないわけです。

そのために、予想平均年収にかける係数がライプニッツ係数なんです。

 

Sponsored Link



 

ライプニッツ係数は法定利率(現在は3%)を用いて計算します。詳細はWikipedia参照。

係数の値は期間によって変わりますが、30年なら19.6。従って上の例だと、

600万円 x 19.6 = 1億1760万円

となります。

ただし。私が気になるのはこの「法定利率」です。3%と定められていますが、高すぎるような気がしますね。

例えば父親が亡くなるとして、30年間で稼げる金額が1億8000万円。そこで法定利率で割り返すことで1億1760円まで下げられるわけですが。

そこで無リスク資産である銀行預金に1億1760円放り込んでおいても1億8000万円には到底足しません。理由は預金の利率が低すぎるから。

したがって、法定利率で割り返して激減した金は利率3%以上で運用しないと、割り返された分の埋め合わせになりませんね。

 

↓ライプニッツ係数による人的資本の計算はこの本で分かりやすく紹介されています。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

2009年から2018年の株式・債券の値動き | 国内・外国・分散

  チャンドラです。   J-PEC (ジャパン・ペンション・ナビゲーター)が2009年から2018年の主要資産の値動きを発表しています。対象資産は国内株式、国内債券、外国株式、外 …

米10年債利回りと米S&P500リターンの相関関係は利回り5%を境に変わる。

  米国10年国債の利回りとS&P500リターンの相関関係を示したのが下の図です。J.P. Morganの資料から抜粋。 1963年~2015年のデータを基にしています。縦軸は相関係 …

社畜の資産公開 | 208万円減少で爆死 ww | 2020年2月末

Sponsored Link     2020年2月の資産運用状況を公開します。 合計資産は29,089,219円で前月より208万円減少しました。   総資産の推移: …

【意外な結果】先進国 (米国以外)株式指数の30年間のリターン

  過去30年の米国株式指数のリターンが大きいことはよく知られていることですが、米国以外の先進国のリターンはどれくらい大きいのでしょうか? 私は米国だけでなく全世界株インデックスにも投資して …

厚切りジェイソンもインデックス投資やってるのか ww

  厚切りジェイソンもS&P500連動型のインデックスファンドに投資しているそうです。東証マネ部にインタビュー記事が載っています。下は引用。 ーー話を投資に戻しますね。ジェイソンさん …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ