社畜

【社畜の雑談】百済観音

投稿日:2021年3月29日 更新日:




 

私は寺社仏閣を見に行くのが好きです。

もともと人が多くて混雑している東京は好きではないのですが会社が都内にあるのだから仕方がない。というわけで毎年実家に帰省するときは近くの寺や神社を見に行くのが好きなんです。

寺といえば仏像ですが、私が色々見てきた中でも明らかに他の仏像と違う雰囲気をもつのが奈良の法隆寺にある百済観音。

ある本を読んで興味が湧いて見に行ったのですが、明らかに異様な雰囲気をもつ仏像です。見る角度によって妖しさ、厳しさ、優しさ、違う雰囲気が醸し出されるまことに不思議な仏像です。

今から1400年前の飛鳥時代に製作された国宝。1997年に日本とフランスがお互いの国宝を相手国に展示するという国宝交換展が開催されたのですが、日本側からルーブル美術館に送られたのがこの百済観音。いわば国宝中の国宝というわけです。ちなみにフランス側から日本に送られたのがあの有名な「民衆を導く自由の女神」。

百済観音が異様なのはまず絶妙な大きさ。高さが210cm。私はこの背の高さが絶妙だと思っていて、奈良の大仏みたいに大きすぎると大仏って感じがするし、小さい仏堂でもフィギュアみたいな感じがする。ところが210cmだと「気持ち悪いくらい背が高いけど、もしかしたらこんな飛鳥人がいたのかも」となんだかリアリティを感じる大きさなんです。

そしてこの体型と姿勢。厳しい修行をした釈迦を模した仏像は数多くありますが、この妙にスリムなモデル体型、脱力してダラリと下げた水瓶をもつ左手、笑っているのか泣いているのか分からない顔。全てが妖しいのですが、実際に直面すると胸騒ぎがするんです。でもずっと眺めているとその胸騒ぎが癒しに変わる。まことに不思議な仏像なんです。誇張してませんよ。本音です。

百済観音には謎が多く、作者が不明。モデルが不明。もともと他の寺にあったものを何故か法隆寺に移したらしく、西暦1600年に初めてその存在が古い文献で言及される。

それまでどこにあったのか、何のために作られたのか、なぜ製作されて1000年間も文献にでてこないのかは謎なんです。歴史ミステリー作家の関裕二氏は百済観音のモデルは古代の豪族、蘇我氏と政治的主導権を争った物部守屋ではないかと推理しています。

 

Sponsored Link



 

 

さて、社畜の投資ブログでなぜ仏像の話なんかするんだ!?と思われるでしょう。私も思います。私は一体何の話をしているのか?と ww

自分のお気に入りの仏像を見つけて手をあわせる対象として記憶しておくのは大切だと思うんです。

とにかく現代社会は疲れます。会社に行けば結果出せとケツを叩かれます。ニュースを見ればネガティブなものばかり。必要なのは癒しです。癒し。

人間が真に癒しを感じるのは、古代から変わらず、崇拝対象に無心で手を合わせるときだと決まっています。特に災害に翻弄されてきた日本人は。

何かの本に人間の一番美しい姿は(宗教がなんであれ)謙虚な気持ちで祈るときだと書いていました。私も30代半ばですが、やっとその意味が分かってきましたよ。

手を合わせましょう。仏像に。合理性だけを追求する世の中に身を置けば、人間は合理性の荒波に引き裂かれてしまいます。生きていくうえで重要なのは泰然自若です。謙虚な気持ちで仏像に手を合わせれば落ち着きは自ずと身に付くでありましょう。

株価の上昇・・・ゲフン、ゲフン。いえ、世界経済と私自身の健全な発展と成長を願って。

合掌

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NHK受信料の支払いを断った話

    チャンドラです。   私は昨年引っ越ししました。引っ越して1週間後NHK受信料の徴収員が家に来ました。 そのときNHK受信料の支払いを断った話をします。 &nbs …

ふざけたサラリーマン・ディスりはもうやめてくれ ww 腹が痛くなるわ ww

  私は社畜サラリーマンですが、サラリーマンの肩身は狭くなってきているように感じています。サラリーマンをディスる本とか記事がポンっと出てきて、それが共感されて拡散しているような風潮がある。 …

人生で必要なのは図太さ | 投資・仕事・私生活

  チャンドラです。   30数年生きてきて、分かったこと。 図太さがないと人生やっていけないな、 と感じています。   例えば仕事。 私が勤めている会社はブラック企業と …

実は無責任な「リスクを取れ」という言葉。リスクマネジメントを知らずにリスク推奨するなと ww

  「リスクを取れ」とか「リスクを受け入れろ」とかいう言葉は私から言わせれば無責任。 相手を鼓舞するために言うのは悪いことだとは言わないが、言ってる本人が「リスクに立ち向かうとはどういうこと …

【金融リテラシー】長期金利と短期金利の逆転の簡単な考え方

  チャンドラです。   国債の利回りは通常、満期までの期間が長い方が金利が高くなります。 つまり通常は、長期金利の方が短期金利よりも大きいのです。そして長期金利より短期金利の方が …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ