資産運用

子供が生まれたら毎月20万円貯めるのは難しい

投稿日:2019年7月31日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私は毎月20万円以上を貯めてインデックス・ファンドに投資することを目標にしています。家計簿は毎月末に公開していてここ数年は目標を達成し続けています。必ず目標達成すると息巻いていますが・・・子供が出来たらまあ無理だと思っています。

私はまだ独身で結婚の予定もありません。独身は気楽なもんです。自分だけが住める安い部屋を借りて、自分だけが食べる安い飯を作って、自分だけが着る服を買って。金がかかるのが嫌なら週末は家にいるか図書館とかに行けばいいだけです。つまり自分だけのことを考えればいいです。自分だけのことを考えるのであればお金なんていくらでも貯められます。

私の兄弟はすでに結婚して、最近子供が生まれました。子供ができると人はすごく変わりますね。私の兄弟も以前はケチな方でしたが、子供の為ならお金は全然惜しまず出します。しかもまだ生まれて数か月という大切な時期なので、上等なベビー用品を揃えるし、食べ物にも気を使うし、何回も洗濯機まわすし、部屋の空調もガンガンきかせるし。生活の中で「節約」の文字は少しも入ってきません。当然ですよね。可愛い我が子の生命のためなので。

子供が大きくなったらますますお金がかかってきます。可愛い我が子を成長させるにはお金はいくらあっても足りません。治安がいいところに住んだり、いい教育を受けさせるためにいい学校に行かせたり、色んなところに旅行に行って色んな体験をさせたり。私は車をもつことは金の無駄だと思っていますが、子供が出来たら車を持つという選択肢も出てくるかもしれません。

で、子供にかける金額に上を見ればキリがないわけですが、では子供が生まれてから節約を始めると言うと、まあ無理なわけですよ。なぜなら自分のことだけ考えて生活するのではなく、奥さんや子供のことも考えて生活するのだから、節約で切り捨てできない部分が出てくるからです。小さな子供がいるのに節電するとか、水道代をケチるとか、本は図書館でしか借りないとか、子供服は全て中古、なんてできないですよね。

だから節約するなら独身のうちなんです。独身のうちは自分のことだけ考えればいいので、お金を貯めるには最高の期間です。そしてインデックス投資を始めるのも独身のうちです。なぜなら始めるのが早ければ早いほど複利の効果を活かせるからです。

つまり独身のうちに貯めて独身のうちにインデックス投資を始めて運用する。これが一番堅実に資産を築く方法だと思っています

 

それでは。

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年7月の資産公開 | 2658万円(189万円増加)

  チャンドラです。   2019年7月の資産運用状況を公開します。 合計資産は26,580,492円で前月より189万円増加しました。   履歴: 2019年1月の資産 …

投資初心者が日経平均ダブルインバースETFなんて買うのやめたほうがいいと思うが。

  日経平均ダブルインバースETF: 日経平均とは逆の方向に2倍の動きをするETF。例えば日経平均が1%下落すれば、ダブルインバースETFは2%上昇。 投資初心者がダブルインバースETFに投 …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

S&P500 遂に3000ポイント超え! | 運用状況

  チャンドラです。 米国S&P500が遂に、史上最高の3000ポイントを超えました。 パウエルFRB議長が利下げに前向きな証言を行ったことが株価上昇の大きな要因になりました。金利が …

「メガバンクはあの手この手で手数料を取る」というかATMとか通帳で手数料取るのは当然では?

  みずほ銀行のATMからキャッシュカードや通帳が戻らない大規模なトラブルがあったようですね。キャッシュカードが出てこないのは怖いな ww ATMのシステムに詳しくはないのですが、データ移行 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ