社畜

労働賛歌 | 仕事の名言・格言

投稿日:




 

働くことは、辛い。

 

仕事の内容は高度化し、複雑な業務をもっと早く、もっと効率的に、ミスなくこなすよう、社会は私に要求する。

 

要求を満たすことができなければ「役立たず」と烙印を押され、給料も下げられ、生きる糧を失う。

 

ミスで周りに迷惑をかけたり、客からクレームされたり、上司からパフォーマンスの低さを叱責されたり、部下から頼りなさに呆れられたりして、

苦い記憶が頭の中をグルグル回って、眠れぬ夜を過ごし、胃酸が沸き上がる朝を迎えたことが何度あるか?

 

何故、私は働くのか?

人生の酸いも甘いも経験してきた賢人たちは、労働をどう捉えてきたのか?

 

一分間さえ休む暇のないときほど幸せなことはない。

働くこと、これだけが生きがいである。

ファーブル「昆虫記」

 

人を偉大にするものはすべて労働によって得られる。

文明とは労働の産物である。

スマイルズ「自助論」

 

蚕は糸を紡ぐにつれ、だんだん死に近付いてゆくが、それでも糸を紡がずにはいられないのだ。

ゲーテ「タッソー」

 

仕事が楽しみならば人生は極楽だ。

仕事が義務ならば人生は地獄だ。

ゴーリキー「どん底」

 

人間の本性というものは、彼が同胞の完成、同胞の福祉のために尽くす場合にのみ、自己の完成を遂げ得るように出来ているのである。

マルクス「職業の選択にさいしての一青年の考察」

 

何の仕事にも携わっていないことは、この世に存在していないことと同じである。

ヴォルテール「格言集」

 

生きるということは何か特定のことをなさなければならないということ、一つの任務を果たすことである。

我々がその生を何かに賭ける事を避けようとすればするほど、我々は自己の生を空虚にしてゆくのである。

オルテガ・イ・ガセット「大衆の反逆」

 

賢人たちも、私にもっと働けと、けしかける。

マルクスは若干17歳のときに、働いて人に貢献してこそ自分という人間が完成すると書いた。

ゴーリキーは、仕事を義務と感じるなら人生は地獄と言う。仕事を好きになれということか。

ヴォルテールは、仕事してない人間は存在価値すらないと言い切っている。

 

 

賢人たちの言葉は厳しい。

だが心地よい。

心地よく感じるのは、私が社畜だからだろうか。

たとえ社畜でも、仕事に意味を見出しその完遂に全力を尽くせば、

オルテガの言うように自己の生を充実させ、

マルクスの言うように私自身を完成させることができるだろうか?

出来ると信じたい。

 

関連記事:

社畜の冬のボーナスはクサでした。

自分で自分のハードルを上げる日本人は社畜・・・

読んでよかった本10冊を紹介 | 投資・仕事・小説 | 2018年度版

 

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜の節約飯 ww ネギからしが保存食として最高に使える ww

  独身がテレワークを始めると悩ましのが飯の準備。オフィス勤務のときは会社の近くのパン屋や弁当屋で飯をかってますが、それができなくなりますからね。 前はネギ味噌を紹介しましたので、今回はねぎ …

転職して年収3000万円になった人のはなし

  優秀な人間ほど会社を辞めていく。   私の勤めている会社でも同じことが起きています。 以前は入社5年以内の若手社員がやめるケースが多かったのですが、最近では10年目の中堅社員や …

メール「お世話になっております」が無駄すぎ ww

  Sponsored Link     社外の人からメールが受け取ると、たいてい書き出しが「株式会社〇〇 チャンドラ様、お世話になっております。」という書き出しです。 …

クソな業績面談で来年の昇給ナシが確定 ww

  サラリーマンの私は毎年この時期になると上司と業績評価の面談をします。自分が設定した目標と目標の達成度合いを話し合い、その中で成長できたことや成し遂げたことをアピールするんです。そこで評価 …

脱肛して肛門科に行った話(後編) ~ 痔が巨大化、そして手術室へ・・・

    チャンドラです。   脱肛の続きの話です。   脱肛して肛門科に行った話(前編) ~ 肛門科に対する考えを改める   ※少しだけ生々しい表現が …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ