社畜

無意識に買い占めに加担していたかもしれない

投稿日:

Sponsored Link



 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

会社帰りにスーパーに寄った。自炊用の食材を買うため。

ふと缶詰コーナーの前を通ったとき、普段より缶詰の量がかなり少ないことに気が付いた。東京都の小池知事が週末の外出自粛を要請したこともあって、家こもりするために缶詰が多く売れたのかもしれない。もしかしたら自粛要請が平日にも適用されるかもしれないし、後から売り切れて入手困難になる可能性もある。念のため多めに買っておくか。

私はサバの味噌煮の缶詰を5個買った。

 

普段は1回の買い物で2個しか買わない缶詰を5個買った。たった3個の違いだが、よくよく考えると最近起きているトイレットペーパーやカップ麺の買い占めとやってることはあまり変わらないような気がしてきた。

つまり「将来手に入らないことで発生する生活上の困難を防ぐために、ある程度多めに買っておこう」という意図は共通している。(転売は除く) 違いはあくまで量だけ。年寄りは物を貯めこむ癖があるので余裕を見てバカ買いし、私は家が狭いし物を貯めこむのはバカだと思っているのでちょっとだけ多く買う。

 

政府は「必要な量の購入にとどめて頂きたい」と国民にアナウンスしている。ところがその必要な量を個々人の判断に委ねると、結局買い占めは防ぐことはできないのではないかと思えてくる。外出自粛要請が出ているのは週末だけだが、もしも平日にも拡大されると予想すれば、リスク回避のために多めに物を買うのは自然だから。

以前に記事で紹介した「スイッチ」という名著に書いているように、人の行動を変えたければとびきり明確な指示を与えるべきなんですよ。中途半端な指示や要請は色々と解釈できる。しかも守らなくてもペナルティがない。そういう指示はほとんどの場合、守られないんです。だから「必要な数量」というのは「1人5個まで」とか数量に表さないと。こうすると、10個入った1パッケージはダメなのか?という話になってくるので、これはこれでまた面倒くさい。やるのであれば店側でこの商品は何個までと制限するしかない。そうすると面倒くさい客がクレームしてくるので、店もそれを恐れて結局やらないかも ww

 

 

というわけで、自分がやっていることと朝から列に並んでバカ買いしているジジババと、やってることは大して変わらないことに気が付いて少し萎えましたよ ww

ちなみにサバの味噌煮はトマト缶とカレーのルーと一緒に煮込めばメチャクチャ美味いので試してください。 外出自粛の週末はサバカレーで乗り切ります ww

 

↓私のお気に入りの缶詰。定食屋で食べるのとほぼ変わらん ww

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

Sponsored Link



-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職して年収3000万円になった人のはなし

  優秀な人間ほど会社を辞めていく。   私の勤めている会社でも同じことが起きています。 以前は入社5年以内の若手社員がやめるケースが多かったのですが、最近では10年目の中堅社員や …

女性に「男として見れない」と本気で言われてヘコんだはなし

  チャンドラです。   私が新入社員のころのはなしです。   私たちは約2か月の社内研修を受けていました。私の同期には女性社員が15人くらいいたのですが、女性社員は皆仲 …

日本は富裕層が激増 ww

  クレディスイスの調査レポートによると日本の富裕層の割合が激増するそうです。富裕層とは資産が100万ドルを超える人々のこと。 2019年の富裕層数の1位はアメリカ、2位は中国、3位は日本。 …

「冬のボーナス96万円」報道に文句タラタラ

  経団連によると2019年冬の大企業のボーナスの平均額は、過去最高の96万円に達したそうです。 ネットの掲示板は文句タラタラ。 「正社員なのにボーナスなし。うちの会社、マジで正社員のメリッ …

土曜日に会社の飲み会 ww

  日本を代表する企業トヨタでも、土曜日に飲み会をするそうです ww Business Journalの記事からの引用です。   「土曜日に職場の飲み会があります。忘年会・歓送迎会 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ