社畜

思い返せば就職活動は綱渡りだった

投稿日:2019年5月18日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私が今の会社に就職して7年が経ちます。

今思い返すと会社選びは本当に慎重にやるべきだとしみじみ思います。

私が就職活動をしていたろ人気だったのに、今では業績が急激に悪化してしまった企業がたくさんあるからです。

 

私は大学院修士1年の頃に就職活動をしました。

工学系の大学院で研究をしていたので、まわりの学生のほとんどはメーカーなどに就職していきました。

その当時、東芝は人気企業の一つで、学内で開催された説明会にはたくさんの学生が参加していました。何人かの友人は半導体の研究・開発をするべく東芝に就職しました。

その後、東芝は2015年に粉飾決算が発覚し、米国の原発事業で巨額損失を出して経営危機に陥りました。

シャープに就職した友人もいましたが、液晶事業で失敗して業績が悪化、今では台湾の鴻海精密工業に買収されてしまいました。

私は三洋電機の会社説明会に出たことがありますが、今ではパナソニックに吸収合併されてしまいました。

千代田化工建設の面接を受けに行きましたが、今年2019年に米国のプラント建設で巨額の損失を出してしまいました。

大学OBに誘われてIHIの航空機エンジンの工場に見学に行きましたが、エンジンを無資格者が検査するという不祥事を起こして、最近大きなニュースとなりました。

 

Sponsored Link



 

思い返してみると、東芝やシャープに就職する可能性だって十分にあったんだな、と感じています。

当時行った会社説明会で魅力的な人が会社紹介してくれたり、今の会社の面接に落ちていたら、東芝やシャープに就職して、業績悪化やリストラにあって、今とは全然違った人生を歩んでいたかもしれません。

自分の就職活動は綱渡りだったんだな、と思います。

 

過去に世界の半導体市場を席巻した日本企業は、今では韓国企業に駆逐されました。

太陽光パネルは価格競争でもはや中国企業に勝つことはできません。

スマートフォンのシェアも米アップルに独占され、今度は中国のファーウェイが追い越そうとしています。

数年前に目新しく高価だったものが、すぐにありふれた安いものに変わってしまいます。

数年前まで市場を占めていた企業が、すぐに別の新興企業に抜かれていきます。

 

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす

 

今では盛者必衰のスピードが速すぎます。

うかうかしていると、今の会社も市場から駆逐されてしまうかもしれません。

駆逐されないために向上していくしかありません。

 

それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めて1000円カットに挑戦した結果 | 私の注文方法はこれだッ ww

  私の家の近辺には2つの床屋があります。   1件はお洒落なバーバーで内装もこだわっていて清潔。値段はカットと顔剃りであわせて4,000円。もう1件は個人経営でやってる小さな床屋 …

フェイスブック疲れからのフェイスブックペイ・・・

  フェイスブックペイなるものが米国で始まるようです。Bloombergの記事からの引用です。 米フェイスブックは同社のさまざまな決済機能を新たなブランド名の下で単一のサービスとして統合し、 …

エンジニアに必要な能力を解説する

  日本の技術力が落ちていると言われている。私は技術系の会社に勤めていますが、経営者は「エンジニアは技術力を磨くべし」という。では、そもそも「技術力」とはいったい何なのか?面白いことに、私の …

日本は富裕層が激増 ww

  クレディスイスの調査レポートによると日本の富裕層の割合が激増するそうです。富裕層とは資産が100万ドルを超える人々のこと。 2019年の富裕層数の1位はアメリカ、2位は中国、3位は日本。 …

Pay系は種類が多すぎて混乱したのでオリコカードだけにした

  チャンドラです。   PayPayなどのQRコード決済が普及しています。 ですが私はいまだにQRコードを使っていません。 電子マネーつきクレジットカードを使う派です。 &nbs …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ