資産運用

ジャパンディスプレイに退職金ぶち込む人・・・

投稿日:




 

チャンドラです。

 

苦しい経営状態が続く液晶大手のジャパンディスプレイ (JDI)は9/27に臨時株主総会を開きました。

金融支援先を探してたJDIに対して、出資を予定していた中国のファンドが突然、出資の取りやめを通告しました。そのためJDIは一転、事業継続が困難になったのです。

東洋経済の記事によると、経営陣に対して株主から厳しい質問が相次ぎ、総会は荒れたそうです。

「(経営陣は)役員報酬を返上すべきではないか」

「数千万損した。退職金がパーですよ」

「証券会社に勧められて、何万株も(JDI株を)持たされた。だまされたほうがバカだが、何千万も損をしている株主がいることをわかってください。(JDIの経営陣は)皆、他人事に思っている」

「経営陣は100%報酬をカットすべき」

 

株主が怒るのもわからないではない。ですが、この記事を見ていて思うのは、

 

何故、液晶メーカーに退職金をぶち込むの・・・

 

液晶パネル製造事業は中国・韓国・台湾などのメーカーと凄まじい価格競争に陥っています。JDIはもともと、海外メーカーとの価格競争に苦しむ日本の各電機メーカーのディスプレイ事業を政府系ファンド主導で再編してできたのです。

ライバルがひしめき、価格競争が激しい中でディスプレイの生産に特化するJDIの株が今後大きく上がるとは考えにくい。

ポートフォリオのほんの一部に入れておくのならまだしも、もし「退職金がパーですよ」の人のように本当に退職金をぶち込んだとしたら、その人は超リスクテイカーとしかいいようがありません。

いや、別にJDIに退職金ぶちこむことに異論はありません。

 

日本の液晶メーカーを株主として全力で応援したいのであれば。

 

だれも未来の株価を予測することはできません。当然、証券会社の人間もできないのです。

だから投資するならリスクを分散しないといけないのです。

リスクを分散するということは、一社に投資するのではなく、複数の会社に投資するということです。また一国ではなく、複数の国に投資する場合もあれば、株以外に債券や不動産も投資の対象とすることもあります。

こうすればたとえ一社の業績が悪化したり倒産したとしても、投資した分はパーにはなりません。他の投資先の事業が好調である限り、自分の資産は守られるのです。

 

年齢が上がれば上がるほどリスクを低く抑えることを心掛けなければなりません。この先働いて得る給料が少なくなるからです。

ましてや、退職して残りの人生を退職金と年金に頼って生きるにも関わらず、今後伸びそうにない会社の個別株に退職金をぶち込むのは、超ハイリスクなのです。

それでは。

 

関連記事:

インデックス投資は素人がプロに勝てる唯一の分野

過去の米国S&P500に毎月5万円投資し続けた場合のリターン

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

 

Sponsored Link



 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽天カード・楽天銀行・楽天証券を利用すると? | 還元率をケーススタディ

    チャンドラです。 楽天カードが気になっています。私はこれまでオリコカード一択だったのですが心がグラついています。 楽天銀行や楽天証券などの金融サービスも合わせて利用するとポ …

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」の広告が激しく表示されて困惑するんだが ww

  Youtube見てたらオックスフォード・クラブの表示が何回も何回も表示されて嫌なんですが ww 日本人は退職後に警備員やるけどアメリカ人はバカンスを満喫する、この差は何なのか?みたいな。 …

職場のアメリカ人に投資しているか聞いてみた ~ 予想通り投資で儲けまくっていた

    チャンドラです。   今日は職場の忘年会でした。忘年会は普段話す機会がない人とも打ち解けて話すチャンス。 ちょうど今年から短期契約で入社したベテランのアメリカ人エ …

【意外な結果】先進国 (米国以外)株式指数の30年間のリターン

  過去30年の米国株式指数のリターンが大きいことはよく知られていることですが、米国以外の先進国のリターンはどれくらい大きいのでしょうか? 私は米国だけでなく全世界株インデックスにも投資して …

投信の自動積立機能はズボラ投資家にとって最強ツールだ ww

  私はインデックスファンドに毎週一定金額を積み立て投資しています。 貯金至上主義者だった私が投資信託(インデックスファンド)に投資するのはかな~り勇気がいることでした。 まあそりゃそうでし …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ