社畜

日本は富裕層が激増 ww

投稿日:




 

クレディスイスの調査レポートによると日本の富裕層の割合が激増するそうです。富裕層とは資産が100万ドルを超える人々のこと。

2019年の富裕層数の1位はアメリカ、2位は中国、3位は日本。日本人はどんどん貧乏になっていると言われる割には富裕層は多いですね。

面白いことに2024年には日本人の富裕層は302万人から516万人に増えると予想されているのです。なんと71%の増加!意外にもお金持ちは増えるんですね ww たった5年で200万人も増えるの??

 

引用:CREDIT SUISSE

 

退職金をガッツリもらって引退する高齢者が激増するからか?と思いきや、この5年間で増える65歳以上の高齢者は40万人。200万人は遠く及ばない。

給料は上がらないし税金と社会保障費は増えている。従って普通のサラリーマンが富裕層の仲間入りしているとは考えにくい。ということは経営者とか株式や不動産をもって運用している人間で富裕層になる人間が多いということか。

うーん、「日本人はどんどんどんどん貧乏になっていく」と言われている中で富裕層が増えるということは、やはり格差が広がっているんでしょう。私も資産を増やすために粛々と株式に投資していきます。そんな金貯めてどうするのって?それよく言われます ww お金は可能性の塊だからです。お金が足りないことで悩む人生なんていやだ。だから無理のない範囲で節約し、リスクが小さいインデックス・ファンドに投資し、粛々と資産を増やしていくのです。

Sponsored Link



 

富裕層の仲間入りしても金融機関の窓口に行くのはやめましょう ww

金融機関の窓口で資産運用の相談 ww その結果爆死 ww

 

ゆっくり金持ちになりたいならこのファンドを選びましょう。

投信ファンドを決められない?迷う人はまずこれをやれ ww

 

私より早く富裕層になりたい方はこちら↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター とろん より:

    クレディスイスの富裕層の定義では不動産資産も含まれているので、東京五輪を前にしたこの数年における不動産価格の上昇トレンドがこのまま続くという予測が色濃く出ているのではないかという気がします
    この定義ならば、私も富裕層の仲間入りになりますし、野村総研の定義による準富裕層に近いものだと思います

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      確かにレポートにhouse priceとかreal estateと書いているので不動産も含まれていますね。ご指摘ありがとうございます。
      ところで東京五輪が終われば不動産価格は下がると勝手に思い込んでいたのですが、五輪後も上昇トレンドが続くのですね。
      今後日本の人口は減るとはいえ、都市部への人口集中は続くので不動産価値が上がるというロジックでしょうか。または海外に比べて不動産価格が割安だから海外投資家の資金が流入するのでしょうかね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

未来予測が外れるのは当たり前という認識をもつべし

  講談社現代新書の「未来予測入門」は、未来予測は外れるのが当たり前だと述べています。 いくら過去のデータを集めて分析しても、ごく些細なひとつの変化によってシステム全体に大きな変化が生じるか …

良書「3色だけでセンスのいい色」で配色を学ぶ。グラフとかスライド作成に使えるぞ。

  私は会社で発表用のスライド資料を作成する機会が増えてきたのですが、最近はスライドのデザインにも気を配る風潮が高まってきているんです。 文字が多いとか原色使ったスライドは見ていて疲れるから …

「ワークライフバランス」なんて曖昧な言葉はやめたほうがいいと思う理由

  私はコロナ禍々で在宅勤務を始めて経験しました。それまで出社して仕事をするのが常識だったのですが、テレビ会議やチャットを使えばわざわざ会社に行かなくても仕事はできることは、大きな発見でした …

非常事態宣言をガタガタ批判してる場合じゃねえだろ ww

  政府によって非常事態宣言がなされました。その内容のほとんどは「要請」であり、外出や経済活動に対する「強制力」がほとんどないために、欧米からはその効果は懐疑的だという声があがっているとのこ …

「給料上げろ」と叫ぶ前に「給料上げたら会社に何が起きるか」考えるのが先だろう。

  私はサラリーマンなので会社に給料を上げてほしいのはヤマヤマなんですが、視点を変えてみると、そんなに簡単に給料なんて上げられるわけわないわな、と思います。競争力の観点からみればそれは明解な …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ