社畜

日本をディスる人に「じゃあどこの国に住みたいの?」と聞いたら口ごもってたわ ww

投稿日:2021年7月13日 更新日:




 

「海外と比べて日本は××でダメだ」と言ってる人がいたんで、「なるほどね。じゃあ国籍変えられるならどこの国に住みたいの?アメリカとか?」って聞いてみたんですよ。

そしたら「え?いや・・・アメリカはゴニョゴニョ・・・英語がゴニョゴニョ・・・」

じゃあ、どこに住みたいんだよと ww

コロナ対応とかオリンピック対応の日本政府の対応、ちまたのITの遅れっぷり。最近はこのへんのネガティブな面がハイライトされていて、私も思うところがありますが、

率直に言って日本ほど住みやすい国はないですよ。これほど生活インフラが整っていて安い値段で質が高いサービスを享受できる国もない。飯も美味いし、古い寺社仏閣、自然も多い。どこいっても清潔です。最高じゃないですか ww

 

Sponsored Link



 

私も旅行や出張、駐在で30か国近く行きましたが、やっぱり日本が良い。まあ日本人なんで当たり前ですが。

結局、評価対象の良し悪しは多面的に捉える必要があるわけで、ある一面を捉えて「だから日本はダメ」っていうのはとても短絡的なんです。

だから私はある部分に関して「思うところはある」けど総合的には日本がベスト。

だいたい英語も喋れないくせに「日本ダメ」と騒ぎまくる輩が多すぎるんですよ。「海外に比べて」ってどこだよっていう ww (どうせ米独仏+北欧のたった6か国程度だろうな ww)

ちなみに私はアメリカに行ったことがありますが、到着して数日で「ああ、アメリカは自分には合わないな」と感じましたよ。

かなり主観的になってしまうんですが、なんとなく「空気」が合わない。そして自己主張の塊のような人々にもまれて、超競争社会で自分が生き残るのは無理だなと。

まあ「空気があわない」というのは、私の生来の「アジア志向」に依るんですが。ちなみに私が(永住ではなく長期滞在という意味で)住んでみたいなと思ったのはタイとミャンマー。あそこは落ち着きますよ。

まあ日本に暮らしながら米国株に投資するのが最高の組み合わせってことになるんですけどね ww

 

関連記事:

世界最高の国ランキングで上位の日本。総合的に見れば日本は良い国。嫌ならカナダ行けばいいのでは ww

ふざけたサラリーマン・ディスりはもうやめてくれ ww 腹が痛くなるわ ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター Tochi より:

    日本最高!完全に同意ですが、この先の人口減少と人口構造の急激な老化が滅茶苦茶心配です。
    2042年には団塊Jr世代が参入して老人数がピークを付け、その後はピークアウトするものの、少子化の影響で高齢化率は上げ続けるとか。
    そう考えると控えめに見ても社会保障制度、特に医療保険が詰んでしまいますよねぇ。高齢化で制度改革も進まないだろうし財政破綻すら夢物語じゃ無くなりそうで怖いです。

    20年後には海外移住も考えた方がいいのだろうか・・?
    そうなると英語が・・。んー、ポルトガル語かヒンディー語の方がいいのでしょうか。

    • chandra11 chandra11 より:

      こめんとありがとうございます。

      >そう考えると控えめに見ても社会保障制度、特に医療保険が詰んでしまいますよねぇ。高齢化で制度改革も進まないだろうし財政破綻すら夢物語じゃ無くなりそうで怖いです。

      私もそれは懸念しています。ちょっとどうなるかは分からないですね・・・。

      >ポルトガル語かヒンディー語の方がいいのでしょうか。

      いや、英語でいいと思いますよ。どこでも通じますし。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本は富裕層が激増 ww

  クレディスイスの調査レポートによると日本の富裕層の割合が激増するそうです。富裕層とは資産が100万ドルを超える人々のこと。 2019年の富裕層数の1位はアメリカ、2位は中国、3位は日本。 …

会社にいる誰からも批判されにくい人は、なぜ批判されないのか?

  仕事をやっていると興味深い人に出くわします。なぜか誰からも批判されない人。 仕事というのは共同作業でやるものなので、誰かの作業が遅れたり品質が悪かったりすると、その人は批判されたりするも …

良書「3色だけでセンスのいい色」で配色を学ぶ。グラフとかスライド作成に使えるぞ。

  私は会社で発表用のスライド資料を作成する機会が増えてきたのですが、最近はスライドのデザインにも気を配る風潮が高まってきているんです。 文字が多いとか原色使ったスライドは見ていて疲れるから …

金融庁の「基礎から学べる金融ガイド」

  チャンドラです。   金融庁は金融に対する知識と判断力(金融リテラシー)を身に付けるための冊子をネットで公開しています。家計管理から投資信託まで色々と盛りだくさんの冊子です。特 …

くだらない番組ばかり ww テレビはなくても生きていけますよ。

  私は10年以上前に大学に進学したのですが、実家を出てからテレビを見ることは無くなりました。たまに実家に帰省したり、定食屋で飯食ってるときにテレビを見ることがあるのですが、テレビってくだら …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ