社畜

J.ScoreのAIスコアをやってみた | 信用スコア

投稿日:2019年4月29日 更新日:

 

チャンドラです。

 

個人の信用度を数値化する信用スコアが注目されています。信用スコアは特に中国での普及が先行していて社会的に大きな影響を及ぼしつつあります。信用スコアが高い人は融資を受けやすくなったり、車などのシェアサービスの保証金を免除されたりします。

日本でも信用スコアのサービスが始まりつつあります。J.Scoreが提供するAIスコアがその一つです。J.Scoreはみずほ銀行とソフトバンクが設立した企業で、ユーザーが入力したデータを解析して、ユーザーの信用度をAIスコアという数値で表すサービスを提供しています。

AIスコアは簡単な質問に答えるだけで簡単に算出できます。やってみました。

 

出典:J.Score

Sponsored Link



 

J.Scoreのウェブサイトから診断を開始します。

 

質問に答えていきます。質問は「最終学歴」「仕事の業種」「勤務形態」など基本的な内容ばかりです。

基本的な質問に答えること約2分。スコアが出ました。1000点満点中768点でした。

 

ここまでは基本的な質問ばかりでした。スコアアップという項目を選ぶとさらに多くの質問が用意されていました。「一日にスマホを使用する時間」や「現金を使用する割合」などの質問もありました。これらに答えていくと、スコアが812点に上がりました。

 

レンディング契約する場合、AIスコアに基づいた貸付金利と限度額が表示されます。

812点だと年利8%です。

 

さらに性格診断結果も出ました。「ビジネスライクでクールなキレ者」「実行力と計画力を兼ね備えた、クレバーな人」だそうです。ホメすぎているような気もしますが、まあまあ当たっていると思います。(クレバーって「ずる賢い」って意味だったような。。。)

点数によって6つのスコアランクに分かれます。「AIスコア・リワード」というプログラムにエントリーすると、スコアランクに応じた特典を受けることが出来ます。

ゴールドランクの場合、例えば動画視聴サービスhuluの無料トライアル期間が延長になったり、ふるさと納税サイト「さとふる」経由で一定額以上の寄付をするとAmazonギフト券がもらえたり、などです。他にもたくさんの特典があって少しづつ増えています。

 

以上、AIスコアを紹介しました。スコア算出は無料でしかも簡単に終わるので、試す価値ありです。

 

それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界で最も革新的な企業エンロンの株価 ww

  地方の地味なガスパイプライン会社が突如、世界有数の巨大企業に変貌したという面白い例があります。それが2001年に破綻したエンロンです。 そんなエンロンの興亡は黒木亮氏の「青い蜃気楼」で詳 …

自分の努力や行動でコントロールできないことに意識を向けるな。

  私がとても大切にしている考え方は「自分でコントロールできないことに意識を向けるな」ということ。 確かアドラー心理学の本に書いてあった記憶があるんですが、最近読んだ「大富豪ロスチャイルド家 …

【おすすめ】腰痛持ち社畜の在宅勤務を劇的に効率化したデスクまわりを紹介します

  テレワークを始めましたが、コレないと効率よく仕事できないわ!と思うものを紹介していきます。 リストはこちらです。 (1) オフィスチェア (2) ビーズクッション (3) ウルトラワイド …

ドコモのアハモフック ww 情弱は「窓口で相談」の意味を考えるべきでは。

  NTTドコモが格安プラン「ahamo(アハモ)」で客を勧誘したうえで、高額な大容量プランに誘導していたそうですが。。。東洋経済の記事から引用。 携帯電話大手のNTTドコモは3月26日、格 …

金融庁の「基礎から学べる金融ガイド」

  チャンドラです。   金融庁は金融に対する知識と判断力(金融リテラシー)を身に付けるための冊子をネットで公開しています。家計管理から投資信託まで色々と盛りだくさんの冊子です。特 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ