社畜

J.ScoreのAIスコアをやってみた | 信用スコア

投稿日:2019年4月29日 更新日:

 

チャンドラです。

 

個人の信用度を数値化する信用スコアが注目されています。信用スコアは特に中国での普及が先行していて社会的に大きな影響を及ぼしつつあります。信用スコアが高い人は融資を受けやすくなったり、車などのシェアサービスの保証金を免除されたりします。

日本でも信用スコアのサービスが始まりつつあります。J.Scoreが提供するAIスコアがその一つです。J.Scoreはみずほ銀行とソフトバンクが設立した企業で、ユーザーが入力したデータを解析して、ユーザーの信用度をAIスコアという数値で表すサービスを提供しています。

AIスコアは簡単な質問に答えるだけで簡単に算出できます。やってみました。

 

出典:J.Score

Sponsored Link



 

J.Scoreのウェブサイトから診断を開始します。

 

質問に答えていきます。質問は「最終学歴」「仕事の業種」「勤務形態」など基本的な内容ばかりです。

基本的な質問に答えること約2分。スコアが出ました。1000点満点中768点でした。

 

ここまでは基本的な質問ばかりでした。スコアアップという項目を選ぶとさらに多くの質問が用意されていました。「一日にスマホを使用する時間」や「現金を使用する割合」などの質問もありました。これらに答えていくと、スコアが812点に上がりました。

 

レンディング契約する場合、AIスコアに基づいた貸付金利と限度額が表示されます。

812点だと年利8%です。

 

さらに性格診断結果も出ました。「ビジネスライクでクールなキレ者」「実行力と計画力を兼ね備えた、クレバーな人」だそうです。ホメすぎているような気もしますが、まあまあ当たっていると思います。(クレバーって「ずる賢い」って意味だったような。。。)

点数によって6つのスコアランクに分かれます。「AIスコア・リワード」というプログラムにエントリーすると、スコアランクに応じた特典を受けることが出来ます。

ゴールドランクの場合、例えば動画視聴サービスhuluの無料トライアル期間が延長になったり、ふるさと納税サイト「さとふる」経由で一定額以上の寄付をするとAmazonギフト券がもらえたり、などです。他にもたくさんの特典があって少しづつ増えています。

 

以上、AIスコアを紹介しました。スコア算出は無料でしかも簡単に終わるので、試す価値ありです。

 

それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

3か月ホテル暮らしした結果 ww 快適過ぎて家よりよかったわ ww

  最近はホテル暮らしが流行っているそうですね。東洋経済の記事より抜粋。 2021年に入ってから、「ホテルに住む」というコンセプトのもと、長期滞在向けのプランが次々と登場しています。以前から …

PMP合格体験記!社畜が仕事の合間に勉強して一発合格した方法を紹介!

  私は2018年2月にPMP (Project Management Professional)を取得しました。勉強時間は約3ヶ月で一発合格することができました。 ここでは私の合格するまで …

ファイト・クラブ | グサグサ刺してくるタイラー・ダーデンの名言 ww

  チャンドラです。   ファイト・クラブという映画をご存知でしょうか? エドワード・ノートンとブラッド・ピットが主演のサスペンス映画です。 不眠症に悩まされる平凡サラリーマン(エ …

くだらない番組ばかり ww テレビはなくても生きていけますよ。

  私は10年以上前に大学に進学したのですが、実家を出てからテレビを見ることは無くなりました。たまに実家に帰省したり、定食屋で飯食ってるときにテレビを見ることがあるのですが、テレビってくだら …

バカとエリートのニュースの読み方はこんなに違う。

  新聞記事やネット・ニュースを読んでいる人、どんなふうにニュースを読んでいますか? とりあえず興味ありそうな記事だけ読んでふーんで終わっている人がほとんどかと思います。私もそうです。自分の …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ