資産運用

貯金をディスる人 ww

投稿日:2020年6月19日 更新日:




 

私の知り合いにいるんですよ ww 貯金する他人をバカにする人

「サラリーマンのボーナスの使い道って貯金らしいね。日本人はなんでこんなに貯金が好きなんだろう。銀行口座に寝かせたって金が増えるわけじゃないのに ww 使い道ないんだったら投資して増やせばいいのに。」

私も資産運用をしているので、まあ言いたいことは分かるのだが、「他人が自分の金を貯金するか投資するかなんてどうでもよくない?と思いませんか?なぜ他人の金の使い道なんて気にするんでしょう?

 

Sponsored Link



 

 

もし多くの人のボーナスの使い道が、私の住んでるマンションの周りを囲むように超高層マンションを建てて日光を奪うとか、私の勤めている会社の競合企業に投資しまくる、なんてことがあるとしましょう。そうすると私の生活に実害があるわけで、私は「やめてくれぇ(泣)」と叫びをあげるでしょう。

でも、そんなことはあり得ないし、他人がボーナスを貯金しようが趣味に使おうが自分に害はないんだから、ケチつけなくてよくない?と思います。まあ皆が浪費しまくって破産して生活保護を受ける人が増えたりすれば、多くの税金が救済に使われるので害があるかと言えばあると言えるでしょう。でも多くの人が投資ではなく貯金に使うことで私に実害ってあるんでしょうか?ないでしょう。

「多くの人が投資に金を使う社会」と「多くの人が貯金する社会」はどちらがよい社会なんでしょう?言い換えると、どちらの社会の方が多くの人が豊かな生活を送ることができるんでしょう?ハッキリした答えはないと思います。リスク許容度が低い人間が投資したって暴落したらすぐに売って結局貯金に戻るでしょう。投資したほうが社会に金がまわると言えますが、米国のような海外企業に投資したら日本社会への恩恵は少ないのでは?と思います。

 

Sponsored Link



 

 

貯金をディスる態度のその根っこには「貯金ばかりしてる人間は金融リテラシーが低い」という考えがあると思います。そんな考えはやめたほうがいいでしょう。投資が必ずしも正解ではないのだから。

そもそもこういう考え方は「多くの日本人がやっていない資産運用というリスクある行為を、私はやっているんだ。私は金融リテラシーが高いのだ。」と自分に酔っていると思います。今はそれでよくても、20年後に何らかの理由で全世界の株価が低迷した時に、貯金派から足元をすくわれる可能性はあります ww

気持は分からないでもない。でも健全な考え方か?と聞かれれば、健全ではないでしょう。だって「貯金より投資の方が優れている」という価値観を他人に押し付けているんですから。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜の資産は4957万 (146万円増加) | 資産公開 | 2021年6月末

  2021年5月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:49,573,480円 前月より146万円増加 増加内訳:運用: +116万   運用以外: +30万円 ※運用以外 …

VOOとQQQを組み合わせることにメリットがあるのか?中途半端だと思うが ww

  VOO: S&P500指数に連動するETF QQQ: ナスダック100指数に連動するETF たまに見かけるのがVOOとQQQを組み合わせるポートフォリオ。S&P500を主 …

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。 インデックス・ファンドを選ぶうえで重要なのは信託報酬の低さです。信託報酬とは、投資信託を保有する代わりに …

ピケティの言葉を凝縮したグラフ

  ピケティの「21世紀の資本」を読んでみたいと思って図書館で手に取ってみたのですが、5秒で閉じました。おそらく読了は無理だろうと ww そこで解説本を探したところ、「図解 ピケティ入門」と …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ