資産運用

投資して儲けるのをズルいって思う人がいるのか ww 爆笑だろ ww

投稿日:




 

初めて知ったんですが、「投資で儲けるのをズルい」と思う人っているんですね。下はある記事からの引用。

私は以前、友人に、「自分が収入を得るに当たって、自分が仕事を頑張って給料をもらうのはまっとうに感じるが、投資によって、つまり他人に何かを任せてお金を受け取るのは何だかずるいように感じてしまう」といわれたことがあります。

オイオイ、マジかと ww

真面目に考えると、「ずるい」とはどういう意味なんでしょう?ここでいう「ずるい」というのは汗をかかずに楽して金稼いでいるという意味だと思います。

私はサラリーマンですが、サラリーマンが会社で働いて毎月給料もらうのと、株式投資して金を稼ぐのって、どちらがリスクとっているんでしょうか?

実は後者なんです。会社で受け取るのに比べれば株式投資でリターン出す方がリスクは大きい。

 

Sponsored Link



 

それは何故か?単純な話でサラリーマンなら毎月必ず給料が貰えるから。確かに不景気で減給する可能性はあるかもしれませんが、「リスク=不確実性」という観点でいえば、サラリーマン所得は債券のような無リスク資産的な位置づけなんですよ。

一方で株式投資はどうか?株式投資においては株価は日々変動するのでリスクは大きい。ある日100万円投資すると想像してください。1か月後に120万円になりますか?なるか分かりませんよね。

でも、サラリーマンなら1か月後にほぼ確実に20万円を受け取ることができます。だからサラリーマンは仕事がキツかろうが上司がクソだろうが、リスクの低さという観点からは超安牌なんです。

そう考えると「投資で儲けるのをズルい」なんて問題外なんです。だって投資家はリスク取ってるんだから。

リスクをとるだけでなく、リスクを下げながらリターンを最大化する。言い換えれば投資の効率 = シャープレシオを高める。これはエンジニアリングの領域です。

シャープレシオを最大化するポートフォリオは全てのリスク資産の時価総額加重平均。それを示したのがマーコビッツですが、マーコビッツはもともとオペレーションズ・リサーチを専門としていました。だからこそエンジニアリングの観点から最適なポートフォリオの構築方法を考案できたんです。

ところで私の周りで「投資で儲けるのをズルい」なんて聞いたことがありません。そんなこと言うバカがいなくて良かったですよ ww バカは伝染しますから、染まったら私も今頃インデックス投資していなかったかも ww

 

関連記事:

サラリーマンなんて株式投資に比べれば全然リスクとってないな ww

ふざけたサラリーマン・ディスりはもうやめてくれ ww 腹が痛くなるわ ww

ライフサイクル投資とサラリーマン所得とレバレッジETFの関係。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックスファンド積立を継続するコツ。受動的な姿勢より積極的に学ぶ方がいいと思うが。

  トウシルの記事からの引用。 今こそ確認したい、インデックスファンドとうまく付き合うコツ 投資初心者にもおすすめとされるつみたてNISAで、インデックスファンドの選択肢が多いのは、ファンド …

インデックス投資の運用益が200万円を超えました

  チャンドラです。   インデックス投資の運用益が初めて200万円を超えました。 eMAXIS Slim 米国株式と全世界株式(除く日本)が主な投資先です。   リター …

目標の貯金額を達成するために必要なこと ~ 私の管理方法を紹介

    チャンドラです。   本格的に貯金を始めるときは「30歳までに1000万円貯めたい」などの目標を立てると思います。ですが目標を立てると立てっぱなしになって終わって …

実は無責任な「リスクを取れ」という言葉。リスクマネジメントを知らずにリスク推奨するなと ww

  「リスクを取れ」とか「リスクを受け入れろ」とかいう言葉は私から言わせれば無責任。 相手を鼓舞するために言うのは悪いことだとは言わないが、言ってる本人が「リスクに立ち向かうとはどういうこと …

中途半端に個別株買うならインデックス・オンリーの方がいいと思うが。

  S&P500とか全世界株式のインデックス・ファンドをポートフォリオの主力に置いて、少しだけ個別株を買うという考え方。 私も試してみようかな、と考えたことがあるのですが、結局やめて …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ