資産運用

平凡なサラリーマンは残業代で資産運用するべき理由

投稿日:2019年5月11日 更新日:




 

チャンドラです。

 

主要先進国で平均賃金が全然上昇していない国、それが日本です。

1995年には米国に次いで賃金が高かった日本ですが、その後欧米各国に追い抜かれました。

少子高齢化により日本経済が成長する兆しもなく、社会保障費の増加や消費税の増税により、サラリーマンの手取りはますます減っていくと思います。

私は普通の日系企業で働く平凡なサラリーマンです。

年次が上がるごとに少しだけ昇給していきますが、それも雀の涙ほどの金額です。

会社はベースアップをしないし、社会保障費も上がっていくので、ほんの少し昇給しただけでは結局相殺されてしまいます。

会社の給料だけで金銭的に豊かになれないことはもう目に見えています。

 

Sponsored Link



 

「残業が悪」という風潮は気にしない

 

 

世の中には私のような平凡なサラリーマンはたくさんいると思います。

副業に興味はあっても仕事が忙しいので、腰を据えて副業する気は起きない人。

顔出しが怖いので、youtuberのようにゴリゴリ動画を投稿なんてできない人。

高い給与を目指して転職してみたいものの、給与が下がるかもしれないというリスクがあるので、転職に踏み切れない人。

 

平凡なサラリーマンである私が勧めるのはマックスまで残業して、残業代を全て投資にまわすことです。

残業して稼ぐとは、仕事もないのに会社にダラダラ居座って残業代を稼ぐ、ということではありません。

自分で仕事を見つけ出したり、人が嫌がるような仕事を引き受けたりして残業する、ということです。

 

最近は「残業は悪」のような風潮があります。

定時に帰って本を読んだり、英語を勉強したり、セミナーに参加したりして、会社に依存しないで生きていける力をつけていくべき、そんな風潮があります。

これはあくまで私の経験ですが、ビジネス書などを読んでも、仕事でほとんど活かせません。

英語なんて勉強しても、仕事で使わなければ上達なんてしません。(私は仕事で使うので話せます)

色々な知識を身に付けるのは大切ですが、それを結局、業務で実践してみて、結果で示さないと「力が付いた」とは言えないわけです。

だから業務外で得た知識を、業務内で実践するのが大切なのです。

実践して力を身に付ける以上、人より多く働くことになりその結果残業が増えます。

日本人は残業が多いとは言いますが、私の取引先の外国人とかも普通に残業している人もいます。

ネットを見ると「欧米人は残業しない」とよく書かれていますが、あれはウソです。(残業 = 悪 を正当化するための偽情報か??)

 

残業時間の上限は大体45時間だと思いますが、45時間なんて毎日2時間早く出社して1時間遅く帰れば、普通にいきます。

残業することで会社からお金が出ていきますが、そんなこと気にせず、人が嫌がるような難しい業務を引き受けたりしてゴリゴリ働いて、堂々と請求すればいいのです。

家帰ってテレビ見るよりはずっとマシです。

 

残業代は投資にまわす

 

 

で、残業代はキッチリ会社から頂くわけですが、この残業代は投資にまわすべきだと考えます。

例えば私の場合は手取りを40万円程度もらっていますが、このうちの約10万円が残業手当です。私はこの10万円を全てインデックス投資にまわしています。

米国株式の主な指標である米国S&P500は、過去30年で暴落を経験しながらも株価は上昇を続けました。過去30年間で年率平均8%のリターンを記録しています。

もし毎月残業代の10万円を年率8%で運用すれば、30年後には1.3億円にもなります。

積み立て額は3600万円なので、約4倍にもなります。

 

私の持論を繰り返すと、「残業代がもらえるマックスまで残業して、残業代は全て投資にまわす」です。

投資先はインデックス・ファンドで米国S&P500に投資することを薦めます。

これなら平凡なサラリーマンでも簡単にできます。

起業とか副業でガッツリ稼げるのは一部の優秀な人々です。

ちょっとした副業はいいかもしれませんが、平凡なサラリーマンが働く時間を削ってでも注力するべきことではないと思います。仕事が暇なら話は別ですが。

 

「リスク」とは「不確定」という意味です。

定時に帰宅して、効果が出るのか疑わしい自分磨きに投資するのは、まさしく「リスクが高い」と言えます。

反対に、100%お金がもらえる残業で稼ぎ、そのお金をまだまだ経済成長が見込める米国に投資する方が、「リスクが低い」といえます。

 

自分磨きを全否定するわけではありませんが、例えば世の中に出ているビジネス書とか自己啓発書なんて、だいたい書いていることは同じです。

だから本当に読んで仕事に使えそうなものだけを読んで、得た知識を実践すべく残業しまくって稼いで投資すれば、実践力もつくしお金も手に入って一石二鳥です。

 

それでは。

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」だけ読んでおけばよくないか ww

  バートン・マルキルとチャールズ・エリス共著の「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」を図書館で発見したので読んでみたのですが、確信しましたよ。 長期投資するなら、もうこの1冊だけ読んでお …

社畜の資産 | 240万円減少で血が止まらず ww | 2020年3月末

Sponsored Link     2020年3月の資産運用状況を公開します。   合計資産:26,696,509円 前月より240万円減少   総資産の推移 …

投資額が2500万円を超えました | インデックス運用成績 (6/3週)

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。 言い忘れましたが、今月頭に投資額が2500万円を超えました。3000万円を超すのは1年半後の予定です。年間300万円入金が目標。 &nbsp …

インデックス投資の積立額が800万円を超えた

  Sponsored Link   チャンドラです。   インデックス投資の積立額が800万円を超えました。2018年7月にインデックス投資を初めてから9か月でここまで …

投信ファンドを決められない?迷う人はまずこれをやれ ww

  意思決定の麻痺   私たちはより多くの選択肢に直面するほど、選択に負担を感じて萎縮を感じてしまう。それが意思決定の麻痺。ダン・ハースの「スイッチ!」は意思決定の麻痺の一例として …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ