資産運用

投資を始めて分かったのは「投資の勉強は時間のムダ」ってこと。

投稿日:2021年12月25日 更新日:




 

私が投資を始めたのが約3年前。

投資関係の本は色々読みましたが、結局分かったのは投資の勉強に時間をかけるのは”ほぼ”ムダってこと。

投資を勉強する理由は何かと言えば「どの金融商品に、どれだけの金を、どのタイミングで投資すれば、低いリスクで高いリターンを得ることができるか?」を知るためだと思っています。

たいていの人が行き付く先はおそらく、米国株高配当投資、もしくはS&P500か全世界株式のインデックスでしょう。

高配当投資の短所 (課税、減配リスク、低成長率、選ぶ時間がもったいない)が目についてから、私は高配当に手を出すのはやめました。だからインデックス1本。

インデックス1本で行くと決めたら、それ以降に読む本や得た知識はたんなる理論武装または方針継続のための糧になるだけで、大して新しいものを生み出したりするだけではないので、結局は「勉強」は時間のムダなんですね。

 

Sponsored Link



 

ただ、冒頭で”ほぼ”時間のムダ、と言ったのには理由があります。

それは、投資をやってると「統計学的な考え方」「リスク回避」「最適」という考えかたが身に付くという点。

インデックス投資の背景にある現代ポートフォリオ理論自体にこれらが色濃く出て居ます。ザックリ言えば、

リスク資産の動きをリスク・リターンで表現し(=統計学的な考え方)

合理的な投資家は低いリスクを好み(=リスク回避)

シャープレシオが最大になる金融商品を選ぶ (=最適)

ということ。

詳しくは各リンクをチェック。

統計学的 → リンク

リスク回避 → リンク

最適 → リンク

私は本業では技術職なので、データを統計的に処理したり、リスク抽出・発生率計算・回避策の策定などリスクマネジメント関連もやるので、金融の考え方は参考になります。

むしろ、本業でやってることが「投資のお勉強」を通して、体系的に理解できるようになった、というのが正確かもしれません。

本業の理解を深めるとか、統計的な視点を身に付けて本業に活かせるという意味では、「投資のお勉強」は役に立つとい思います。

でもそれって、本を数冊読んだり暇なときにシミュレーション (ポートフォリオのリスク・リターン計算とかレバレッジ最適比率とか)してちょっと手を動かせば、ある程度身に付くものなんです。200時間や300時間かけるもんじゃない。

じゃあ「投資のお勉強」のために最低限必用な読み物は何か?

私なら「ウォール街のランダムウォーカー」「ファイナンス理論」「リスク」の3冊を読むことを薦めます。

「ランダムウォーカー」は名著ですが、結構クセが強い。「ファイナンス理論」はほんのチョッピリ数学の素養が必要。「リスク」は基礎教養がないと読むのは無理かも。

でもこの3冊で投げ出すようなら、薄っぺらい本に手を出して金と時間をゴミ箱に捨てるようなものだと本気で思います。言い換えればこの3冊は読む価値あり。

 

 

 

「インデックス投資が最適な投資法」はなぜ胡散臭く聞こえるのか?

ポートフォリオ組成はエンジニアリングだと思う。「最適」を実現する合理的なアプローチ。

株価はどう動くか?幾何ブラウン運動の株価変動モデルを説明します。

【本気で薦める】インデックス投資の本はこれだけ読んでおけ ww

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

私が投資で学んだことは「不確実性への対処方法」。リスク管理は仕事・生活に応用出来て汎用性が高い。

  インデックス投資を開始して2年半近くが経過しました。 投資を始めた当初は、投資関連の書籍やニュース記事を読むことで経済や金融に詳しくなることを資産運用の副次的な効果として期待していました …

「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」だけ読んでおけばよくないか ww

  バートン・マルキルとチャールズ・エリス共著の「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」を図書館で発見したので読んでみたのですが、確信しましたよ。 長期投資するなら、もうこの1冊だけ読んでお …

2019年11月の資産公開 | 2881万円(111万円増加)

  2019年11月の資産運用状況を公開します。 合計資産は28,812,554円で前月より111万円増加しました。   総資産の推移: 2019年9月:  27,037,955円 …

S&P500指数予想値に根拠はあるのか?根拠は分かりようがないので一喜一憂しても意味ない。

  よくあるS&P500指数予想の記事。一例がコレ。 米エコノミストのエドワード・ヤルデニ氏は、S&P500種株価指数が2022年に4800を付けると予想する。景気の回復とF …

「米国S&P500に長期投資する」は教育で教わらない最強の教え。よく噛みしめるべし。

  「米国S&P500に連動するインデックスファンドに長期投資すれば資産を築くことが出来る」という考え方を支持する人は多いと思います。過去のS&P500の推移をみると暴落を繰 …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ