資産運用

ケインズによると「投資」と「投機」は予測する「対象」が異なる。

投稿日:2021年1月26日 更新日:




 

世界で初めてインデックス・ファンドを設定したジョン・ボーグル氏の著書「人生のダイヤモンドは足元に埋まっている」からの抜粋。

現在ではほとんど忘れ去られてしまったが、投資と投機は、昔から明確に区別されている。近代経済学で投資と投機の違いを最も巧みに定義したのは、イギリスの偉大な経済学者のジョン・メイナード・ケインズで、1936年の「雇用・利子および貨幣の一般理論」にそのことが書かれている。

ケインズは、投資を「エンタープライズ(企業)と呼び、「資産の全存続期間にわたる予想収益を予測する活動」と定義し、投機を「市場の心理を予測する活動」と定義した。無知な大衆が愚かな判断をして投機に走り、プロの運用マネージャーがその投機を差し引いて考えられなくなると、マネージャーたちはしだいに投資から投機に移行し、ついには完全な投機家になる可能性がある。ケインズは、このことに強い懸念を示していた。

ケインズによれば、予測する「対象」が違うんですね。

投資:予想収益を予測する活動

投機:市場の心理を予測する活動

これを踏まえてボーグルが著書で述べているのは;

期間を非常に長くとってみると、株式から得られるリターンはすべて、「投機」ではなく「投資」によって、すなわち、企業に対する資本投下という生産的な力によって生み出されているのだ。

このことは、歴史が物語っている。たとえば、1900年から2007年を考えてみると、株式によりリターンの合計は年平均9.5%で、そのうち配当利回りの寄与が4.5%、利益成長の寄与が5.0%だ・・・

私は、株価収益率 (PER)の年間の変動率を「投機リターン」と呼んでいるが、この期間の投機リターンはなんとゼロだった。つまり1900年も2007年もほぼ同じように、企業の収益1ドルに対して投資家が15ドル強を投資している (PER=15倍)。

つまり長期的に見れば、株式から得られるリターンは、企業が生み出す比較的予想しやすい投資リターンという現実にかなり近いということだ。まったく予想のつかない市場参加者の判断が、一時的な株価や、投機リターンをもたらすPERの変化に影響を与えることはあっても、本質的な影響はまったくないのだ。

長期で見ると、株式リターンを支配するのは企業の経済性であり、短期的には感情が支配していても、いずれその効果は消滅する。

 

Sponsored Link



 

投機:市場の心理を予測する活動

ちなみに英語で「投資」はinvestment、「投機」はspeculation。”speculate”は「少ない情報をもとに推測する」という意味なので、investとは違って「予想」に重きを置いていることが分かります。Investopediaの解説が分かりやすい。

Whenever a person spends money with the expectation that the endeavor will return a profit, they are investing. In this scenario, the undertaking bases the decision on a reasonable judgment made after a thorough investigation of the soundness that the endeavor has a good probability of success.

But what if the same person spends money on an undertaking that shows a high probability of failure? In this case, they are speculating. The success or failure depends primarily on chance, or on uncontrollable (external) forces or events.

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)の損益 | 2020年1月末

  私はeMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)に毎週一定金額を積み立てています。Slim米国株式は「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2019」で2位 …

タバコと化石燃料業界への投資はESG的にアウトで投資に値しなくなるか

  インデックス・ファンドにしか投資しません。 と宣言している私も、一時期は米国の高配当銘柄に投資してみようかと考えていたことがあります。高配当投資を推奨する書籍も多いですからね。エクソンモ …

先進国株と新興国株の割合 ~ myINDEXでシミュレーションした結果

    チャンドラです。   資産運用のポートフォリオを決める際にそのポートフォリオがどれだけのリスクとリターンが見込めるかを把握することが大切です。ポートフォリオとは現 …

市場サイクルの位置で変化するリターンの確率分布

  前回の続き。 すぐれた投資家はサイクルに注意を向けている。過去にあったパターンが繰り返されている様子はないかを気にかけ、問題とすべき様々なサイクルのどこに今、自分たちが位置しているのかを …

投信ファンドを決められない?迷う人はまずこれをやれ ww

  意思決定の麻痺   私たちはより多くの選択肢に直面するほど、選択に負担を感じて萎縮を感じてしまう。それが意思決定の麻痺。ダン・ハースの「スイッチ!」は意思決定の麻痺の一例として …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ