資産運用

投資やるなら「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」だけ読んでおけばよくないか

投稿日:2020年3月19日 更新日:




 

バートン・マルキルとチャールズ・エリス共著の「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」を図書館で発見したので読んでみたのですが、確信しましたよ。

長期投資するなら、もうこの1冊だけ読んでおけばいいと

もっと言うとこの本の191ページ「まとめ」だけ読んでおけばいいですよ。

(1) 若いうちから貯蓄を始めて、定期的に続けること。

(2) 会社の福利厚生制度や国の退職に向けての制度を活用すること。

(3) 市場全体に対するコストの低い「インデックス・ファンド」を資産タイプごとに選ぶことで分散を図る。

(4) 自分にあった資産配分を維持するために年1回見直す。

(5) 自分の決めた投資方法を守り、市場の値上がりや値下げは気にかけない。

ファンドの種類についてはここでは明言されていませんが、本文中で米国株式インデックス・ファンドを勧めていますね。GEやコカ・コーラなど多くの米国企業は多国籍企業だから、米国株に投資しておけば、実質のところ全世界株式に投資しているのと同じでしょ、というロジックです。

バートン・マルキルの「ウォール街のランダム・ウォーカー」は「投資の大原則」に比べてページ数が多い。インデックス投資が最適であるという結論にたどり着くまでの説明が長い。チャールズ・エリスの「敗者のゲーム」も同様。

「ウォール街のランダム・ウォーカー」や「敗者のゲーム」が読み終えられなかった怠けものプーさんでも、「投資の大原則」はもっとシンプルで読みやすく、読了できること間違いなしでしょう。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜のインデックス投資の目標(50歳で1.5億円)

  私は毎週一定金額をインデックスファンドに積み立ています。 具体的には資産の約90%を米国株式インデックスと全世界株式インデックスに投資しています。現金を銀行に寝かせるのではなく、成長続け …

くだらないハイテク礼賛記事を真に受けなくてよかったわ。

  2022年ももうすぐ終わりです。2022年は仕事が忙しすぎてキツかったです。そして2023年も確実にキツくなります。 S&P500は年初来20%減くらいで終わりそうですが、正直ど …

米国株はバブルではない。2021年の展望。一番しっくりきた専門家の分析はこれだ!

    この記事が一番しっくりきました。マネックスの岡元氏の記事。 「相場をけん引するGAFAMに死角はあるのか、2021年の米国株展望」   米国株式市場はバブルなのか …

VOOとQQQを組み合わせることにメリットがあるのか?中途半端だと思うが ww

  VOO: S&P500指数に連動するETF QQQ: ナスダック100指数に連動するETF たまに見かけるのがVOOとQQQを組み合わせるポートフォリオ。S&P500を主 …

利益確定売りは金払ってリスク回避するのと同じ。それに金払う必要ありますか?

  生活防衛費が手元に十分ある状態で、それにも関わらず保有しているリスク資産を売って利益確定させるケースがあります。 それをやるのは、今後保有していても価格が上昇しないだろうと見切りをつける …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ