社畜

クソな業績面談で来年の昇給ナシが確定 ww

投稿日:




 

サラリーマンの私は毎年この時期になると上司と業績評価の面談をします。自分が設定した目標と目標の達成度合いを話し合い、その中で成長できたことや成し遂げたことをアピールするんです。そこで評価されれば来年の給料は上がる。

社畜にとって業績面談の日ほど重要な日は他にない、と言っても過言ではない。

面談直前に1年間を振り返ってアピールポイントを捻りだしても時すでに遅し。1年間は長いので何をしたかを忘れてしまう可能性が高い。そこで私は「これはアピールできる」と思ったことはあらかじめヒミツ☆の管理表に記録しておいて、面談前にストーリー(どんな問題が起きたか → どう解決したか → その結果どうなったか)をまとめて上司に提出するようにしています。そう、何事も事前の準備が必要なんですよ。備えあれば憂いなしですからね。

そして面談開始。アピールポイントは何個かあったのですが、ある案件で特別な手法を使って大きなコスト削減に成功した件を一番アピールしたんですよ。かなり粘り強くやって成功したので、これは評価されるっしょと期待しながら上司にドヤ顔でプレゼンしたんですよ。ところが上司はずーっと下向いて反応なし。あれっ?

Sponsored Link



 

私「あのー。数千万円のコスト削減に成功したんですけど・・・。聞いてます?」

上司「うーん、それは頑張った思うけど・・・ちょっとアピールとしては弱いかな。」

私「な、何故ですかッ!?」

上司「会社がどういう点を評価するかというと、実務でコスト削減したか?よりも業務改善に貢献しているか?なんだよね。例えば最近〇〇さんが業務効率を上げるために●●に取り組んでいるよね。あれが実現すれば皆の作業効率が上がることになる。そういう取り組みが評価されるんだよ。君が頑張って君だけの担当案件のコスト削減に成功するよりも、業務改善で期待できる皆の作業効率アップの方がトータルで見れば大きなコスト削減になる。だからそっちの方が評価が高くなるのは当然だよね。君には今後は業務改善の方で頑張ってほしいんだよ。」

私「おっ、仰ることは理解できますが私も担当案件でいっぱいいっぱいで・・・さらに業務改善までやる余裕は・・・それはあんっまりですぅ」

上司「そこを何とかするのが君の腕の見せ所だろ?」

私「いや・・・それは・・・(これ以上サービス残業しても私にとってメリットないし・・・)」

上司「来年、期待しているよ。」

 

というわけで昇給の見込みは無くなりましたよ。

というか、すでに数千万コスト下げてるんだからそこは評価してくれよ、と叫びたくなりましたが、所詮はムダなあがきです。天を仰ぎましたよ。しょせん私は社畜、エサが増えるかどうかは会社が決める事。私にコントロールする権利はないのです。さすがにこれ以上残業すると健康を害する恐れが出てくるのだが。

昇給をとるか健康をとるか?

 

 

もちろん健康です ww

 

実はここまで書いて調べなおしたのですが、昇給したところで月に5千円しか上がらないんですよ。年間で6万円。

カス過ぎる ww

昨年インデックス投資で得た運用益は200万円以上。それに比べたらゴミです ww

さすがに年間6万円ゲットするために更なるサビ残するほど私もバカではありません。というか残業しすぎて外食が増えたり健康を害することで6万円以上のお金を失う可能性もあります。すると実質は減給と同じ ww

業務改善を期待する上司には申し訳ありませんが、私は健康をとりますよ ww わずかな昇給と引き換えに健康を害しても、私に何のメリットもないですからね。

 

昇給よりも投資の方が儲かるわ ww という方はこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性に「男として見れない」と本気で言われてヘコんだはなし

  チャンドラです。   私が新入社員のころのはなしです。   私たちは約2か月の社内研修を受けていました。私の同期には女性社員が15人くらいいたのですが、女性社員は皆仲 …

また顧客にボコボコにされて満身創痍な社畜 ww

  サラリーマンはオワコン。 サラリーマンはオワコンだと言われています。上司が理不尽だからというのがよく挙がる理由です。上司を選ぶことはできない、と。これには同意しますが、別の要素も挙げたい …

幸福は「カネ」という土台無しには成り立ちまへん!

    青木雄二物語 1【電子書籍】[ 青木雄二プロダクション ] posted with カエレバ 楽天市場 Amazon Yahooショッピング ズバリ言いますが、幸福は「カネ …

30代独身男性の平均生活費は16万円

  チャンドラです。   Money Plusの記事によると、都内在住の30代男性の平均生活費は16万円だそうです。   引用:Money Plus   私も都 …

メガバンクが口座維持手数料をとる?ネット銀行で口座作れば問題なしでしょ

  メガバンクが預金者から口座維持手数料をとるようになるかもしれないと予測されています。 預金口座は維持・管理するために一定のコストがかかっており、そのコストが高まっていることが理由です。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ