社畜

世界を飛び回る仕事 ww 生産性は下がるだろ ww

投稿日:2020年3月16日 更新日:




 

世界を飛び回る仕事をしたい。

学生時代そんなことを考えながら就職活動をしていました。だってカッコよく感じるじゃないですか。スケジュール表見たら出張の予定がびっしりで中国とかアメリカとかドイツとか埋まってたら ww

今の会社は海外企業と仕事をする機会が多く、実際に海外出張に行く機会がたまにあります。学生時代の望みが叶ったと言いたいところですが、ちょっと声を大にして言いたい。

海外出張は面倒くさいし、金のムダ ww

 

そもそも海外出張は金がかかります。往復の航空券やホテル、出張手当。私の会社はケチなので社員にエコノミークラスしか使わせませんが、それでも格安航空は使わないので欧米の1週間出張で全部込みで約40万円くらいかかります。ビジネスクラスなら60万円くらいかかるでしょう。今はどこの会社も不景気なので40万円かけて出張する必要あんの?というわけです。SkypeやWebexでビデオ会議すればエエヤンと。

Sponsored Link



 

それでも海外出張が必要になるケースはどうしても出てきます。一つは新規顧客の対面営業。これは出張せざるをえないでしょう。見たことも聞いたこともない会社が営業したいといってWebexで電話会議しようとか言い出しても、「おまえ誰だよ ww」となるので。またはハード面のサービスが必要な時。海外の客に納入した機械が壊れたから修理しに来てくれと言われたら、出張せざるをえないですよね。

一番問題なケースは、取引先がクソ過ぎてメールや電話してもまったく埒があかないから、相手の会社に乗り込んで解決を図る。これが最も面倒くさく、モチベーションも上がらず、そして金の無駄な出張なんです ww いや、実際にあるんですよ、こういうケースって ww こういう出張は議題の準備・移動・ミーティング・会社への報告・ミーティング後のフォローアップなど全てが無駄なんです。だってそのクソな取引先がやるべきことをやっていれば防げた出費だからです。

というわけで海外出張にも意味のある出張と、本来不要な出張の2通りがあるのです。もし「海外を飛び回って働いている」と言う人がいれば、実際出張して何をやってるか聞いてみましょう。もしかしたら、私のように本来不要な出張をシャアナシでやっているだけの人が意外に多いかもしれません。そうであれば会社が無駄に金を垂れ流していることになります。

本来やる必要がない出張をやっているということは、出張がなければできた他のたくさんのことを後回しにしたり、他の人に残業してやってもらったりすることになるのです。移動に時間がかかる海外出張をすると、間違いなく生産性が落ちることは忘れてはいけませんね。

 

「マイル貯まるからエエヤン」という方はこちら↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

Sponsored Link



-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「冬のボーナス96万円」報道に文句タラタラ

  経団連によると2019年冬の大企業のボーナスの平均額は、過去最高の96万円に達したそうです。 ネットの掲示板は文句タラタラ。 「正社員なのにボーナスなし。うちの会社、マジで正社員のメリッ …

大企業の働き方改革が中小企業にしわ寄せ | というよりグローバルな競争が原因だと思う

    チャンドラです。   「大企業の働き方改革 6割の中小企業がしわ寄せで長時間労働に」というニュースが出ています。大企業が働き方改革を進めた結果、中小企業で働いてい …

脱肛して肛門科に行った話(前編) ~ 肛門科に対する考えを改める

    チャンドラです。   昨年私は脱肛しました。脱肛とはイボ痔がお尻の穴から外に飛び出す症状のことです。そして生まれて初めて肛門科という未知の場所に向かいました。私の …

フェイスブック疲れからのフェイスブックペイ・・・

  フェイスブックペイなるものが米国で始まるようです。Bloombergの記事からの引用です。 米フェイスブックは同社のさまざまな決済機能を新たなブランド名の下で単一のサービスとして統合し、 …

コロナで唯一爆上げしている企業 ww リジェネロン社

  S&P500構成銘柄の株価はFINVIZというサイトを見れば一発で分かるんですね。初めて知ったのですが、これは便利だ ww ここ1週間でほとんどの企業の株価が下落。唯一爆上げして …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ