資産運用

インフレが怖いから投資信託で資産運用する

投稿日:2019年4月26日 更新日:

 

チャンドラです。

 

総務省が2018年度の全国消費者物価指数が前年度に比べて0.8%上昇したと発表しました。消費者物価指数は商品の物価の変動を表す指数で、物価がどれだけ上昇しているかを知るための重要な指数のことです。日銀は2%を目標としていますが、目標には届きませんでした。

物価が上がるということは、保有している資産の価値が下がることを意味します。物価が上がると100円で買えたものが110円払えないと買えなくなります。これはつまりお金の価値が下がることを意味しています。

では過去には実際にどれくらい物価が上昇しているのでしょうか?

 

 

Sponsored Link



 

下の表はJ-PECが作成した消費物価指数の前年比推移です。

バブルが崩壊する1991年当たりは前年比3%程度で物価が上昇していました。その後物価上昇率は下がりましたが、消費税5%を導入した1997年は1.7%上昇しました。

その後1998年から2013年まではデフレが続きましたが、2013年以降には物価指数は再度プラスに転じました。

今後2019年は前年比0.9%、2020年は1.4%の上昇が予想されています。

 

 

今後も物価が上昇していくことが予想されていますが、困るのは資産の価値が減ることです。物価が上昇するということはお金の価値が減る(=インフレ)ということなので、超低金利の銀行に預金していたら確実に資産が減ってしまいます。

例えば銀行にお金を100万円預金していると考えます。毎年物価が1%上昇する場合、10年後には物価が約1.1倍になります。もちろん銀行に寝かせて置いた預金にはほとんど利息がつきません。そんなわけで、銀行に預けておいた100万円の価値は10年後には91万円にまで下がります。1000万円預けていた場合は909万円にまで下がります。

考えるだけで恐ろしいことですが、私はそんなことには全く気が付かず6年くらい銀行に預金し続けていました。預金2000万円に達するまでせっせと現金をため込んでいたのです。その間にもらった利息は200円程度だったと思います。でもその間に消費者物価指数は前年比0.5%~1%程度で推移したので、実質的な資産価値は減ってしまいました。ちなみにその間会社はベースアップをしていないので、物価上昇したからといって給与は増えていません。

 

Sponsored Link



 

物価の上昇(インフレ)はとても怖いです。自分の資産を守ることを考えるうえで、インフレは絶対に頭に入れておきたいリスクです。株式投資はリスクが高いから銀行に預けておく、というリスク回避の考え方もありだし、より高いリターンのために株式投資する考え方もありです。リスク許容度は人それぞれなので、どちらの考え方もありだと思います。

ただインフレ率より高い利回りで資産を運用しないと、資産の実質的な価値が減ることを考えれば、(過去の私のように)銀行預金に全資産を預けておくこと自体がリスクです。

特に日銀は消費者物価指数2%を目標としているので、目標に届くかどうかは別にしても物価が今後上昇する可能性は高い。消費者物価指数の推移には特に注意しながら、どのように資産を運用するのか考えることが大切です。

インフレによる資産の目減りは、銀行預金しか選択肢になかった過去の私に決定的に欠けていた考え方でした。これに気が付いてからは、資産を銀行預金から外国株式に切り替えています。

 

それでは。

 

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これまでにドブに捨てた金額を運用していた場合どれだけ得していたか?

    チャンドラです。   以前「これまでにドブに捨てた金額」という記事を書きました。私が書いた記事の中でも公開後に急激にアクセスが増えた記事の一つです。 今回はこのド …

S&P500と上海総合指数の推移を比較。中国株はリスクが高いが投資はしたい。

  チャンドラです。   アメリカの代表的な株価指数であるS&P500は、過去の推移をみると順調に上昇していることが分かります。 それではGDP世界2位の中国の株価はどうで …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

1年間で還元された全ポイントを公開 ~ オリコポイントと楽天スーパーポイント (2018年度版)

    チャンドラです。   私のメインのクレジットカードはOrico Card the Pointです。ポイント還元率がかなり高いからです。そしてコンビニ・レストラン・ …

本多静六「私の生活流儀」| お金は人を測る尺度

チャンドラです。   以前、本田静六氏の「私の財産告白」紹介しました。 本多氏は日本の林学博士で、苦労して東大教授になった後、巨万の富を築きました。自己啓発系の本としてはかなり有名な本なので …


チャンドラです。

東京在住の30代前半会社員でエンジニアとして働いています。エリート外国人のお客さん相手に日々奮闘中。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

TOEIC 905点

PMP (Project Management Professional)

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

極貧時代の話は:こちら

海外駐在の話は:こちら

お問い合わせは:こちら

応援クリックお願い致します!


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ