資産運用

インデックス投資の運用益が200万円を超えました

投稿日:2019年12月23日 更新日:




 

チャンドラです。

 

インデックス投資の運用益が初めて200万円を超えました。

eMAXIS Slim 米国株式と全世界株式(除く日本)が主な投資先です。

 

リターンは11.99%でまずまずの成績です。

 

年度毎の運用成績は次の通りです。

 

2018年のリターンは-10.6%で大きなマイナスです。年末の米国株の暴落が原因です。

一方で2019年のリターンは+15%でした。2018年末に暴落したS&P500指数が2400ポイントから3200ポイントまで上昇したためです。

 

200万円の運用益はとてもうれしいです。運用益が100万円を超えた記事を書いたのがちょうど2か月前でした。つまりたった2ヶ月で資産が100万円増えたことになります。米国経済のおかげですね。

こんなことなら積立てではなく一括で現金をぶちこんでいけばよかった、という気もしますが後の祭りですね。ここまで株価が上がるとは予想できなかったし、積み立て投資で進めると決めた以上は「一括にしておけば・・・」は考えたところで何も生まれない「たられば」ですね。

2020年の米国株は2019年ほどのパフォーマンスは示さないと思います。

これからも「毎週一定額を積み立てる。途中で決してやめない。」を継続していきます。

それでは。

 

関連記事:

インデックス投資の運用益が100万円を超えました

老後資金を確保するため投資すればいいか?(2千万、3千万、4千万)

評判が良いウールリッチ アークティックパーカー | 購入後レビュー

Sponsored Link



 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株価の調整ってどういう定義よ?

  株価の調整って具体的にどういう定義ですか?と聞かれて私には歯切れよくスパッと答えられません。 「さ、最近上がり続けていた株価が、さ、下がりだすことでしょうか・・・(モゴモゴ)」というレベ …

もっと具体的で生々しいものを読みたい。資産運用ネタも社畜ネタも。

  本でれ、資料であれ、レポートであれ、読んでいて私がもっともフラストレーションが溜まるもの、それが具体性がない記述です。 具体性がない記述とは、書いていることが概念的で行動レベルにまでかみ …

インデックス投資と盛者必衰の理

    盛者必衰(じょうしゃひっすい) この世は無常であり、勢いの盛んな者もついには衰えて滅びること。 日本人なら誰でも知っている平家物語のなかの有名な言葉です。   祇 …

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

  私は米国S&P500指数に連動するインデックスファンドに投資しています。その理由は過去の実績 (リスク: 20% リターン: 7%)が自分にとってリスク許容度内だし、高リターンだ …

企業は何年S&P500インデックス構成銘柄でいられるのか?

  S&P500米国株式インデックスは米国の代表的な500銘柄を時価総額加重平均した指数です。 構成銘柄に採用されている企業の時価総額が縮小したり倒産したり、他社に合併吸収されたりし …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ