資産運用

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

投稿日:




 

チャンドラです。

 

私はインデックス・ファンドに積立投資しています。

インデックス・ファンドを選ぶうえで重要なのは信託報酬の低さです。信託報酬とは、投資信託を保有する代わりに支払う管理料のことです。純資産額の数%かかることが一般的です。

例えば私が投資しているeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の信託報酬は業界最安レベルで、0.162%です。資産100万円なら信託報酬は1620円です。

インデックス・ファンドの販売会社の販売競争は激化していて、信託報酬は年々引き下げられています。それこそ0.1%の争いです。

信託報酬は安ければ安いほど得です。それでは信託報酬が0.1%安いと運用結果にどれだけ影響するのでしょうか?

 

<ケース1>

年利5%のファンドに毎月3万円を30年間投資する場合を考えてみましょう。信託報酬が0.1%、0.2%、0.3%の評価金額を比べてみます。結果は次のようになりました。

投資金額:1,080万円

評価金額 (0.1%): 2,466万円

評価金額 (0.2%): 2,422万円

評価金額 (0.3%): 2,379万円

 

信託報酬が0.1%のファンドの成績は0.2%よりも44万円高いことが分かります。そして0.3%よりも87万円高くなります。

 

<ケース2>

次は毎月5万円を30年間投資する場合を考えてみます。結果は次のようになりました。

投資金額:1,800万円

評価金額 (0.1%): 4,111万円

評価金額 (0.2%): 4,037万円

評価金額 (0.3%): 3,965万円

 

例えば信託報酬が0.1%のファンドの成績は0.2%よりも74万円高いことが分かります。そして0.3%よりも146万円高くなります。

 

Sponsored Link



 

信託報酬が0.1%安いと運用結果にどれくらい差が出るのか見てみました。

年利5%のファンドに毎月3万円投資する場合の結果をもう一度。

0.2% → 0.1%:プラス44万円

年利5%のファンドに毎月5万円投資する場合の結果は、

0.3% → 0.1%:プラス74万円

 

信託報酬0.1%の差は大したことがないので、ファンドはさっさと選んだ方がいい、と言いたかったところですが、

0.1%の差はかなり大きい

ということが分かりました。

分かり切ったことですが、

必ず信託報酬が安いファンドを選びましょう

 

それでは。

 

関連記事:

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

Sponsored Link



運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

個人年金保険の年利はいくら? | 節税とクレカポイント込み | 住友生命 たのしみワンダフル

  チャンドラです。   前回の記事で個人年金保険 ニッセイ みらいのカタチの年利を計算してみました。 今回は住友生命 たのしみワンダフルの金利を計算してみます。前回同様に節税効果 …

30年間積み立てるのと40年間積み立てるのでリターンはどれだけ変わるか?

    チャンドラです。   積立投資はできるだけ長い期間積み立てる方が高いリターンを得られる可能性が高いです。つまり積立投資を始める歳が若ければ若いほどいいということで …

個人年金保険の年利はいくら? | 節税とクレカポイント込み | ニッセイ みらいのカタチの場合

  チャンドラです。   保険会社から加入を勧められる個人年金保険ですが、保険会社の営業おばちゃんは年利を教えてくれません。何故なら年利が低すぎることを分かっているからです。 私が …

eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)の損益 | 2020年1月末

  私は全世界株式に積立投資をしています。ファンドはeMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)です。 Slim全世界株式(除く日本)はインデックス投資家が投票して決める「投信ブロガーが …

増加する社会保障費に我々は耐えられるのか?

  チャンドラです。   日本では少子高齢化が急速に進んでいます。 2060年には65歳以上が人口の40%を占めると言われています。 デービッド・アトキンソン氏の「日本人の勝算」に …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ