資産運用

インデックス投資は単なる金儲けなのか?

投稿日:




 

私はアクティブファンドに投資していませんが、アクティブファンドを運用する投資会社のコラムをたまに読んだりしています。

例えばさわかみファンドのコラムも目を通していますが、インデックス投資に大して批判的な言及を見かけます。

たとえばこの記事。下は引用。読むのが面倒くさければ太字だけ見ればOK。

私個人においてはアクティブ・インデックスの勝敗などどうでもよい話だ。

危機感を覚えるのは、運用そのものに命が宿らなくなる時代の変化に対してである。その中心に運用のパッシブ化があるため、敢えてアクティブの存在意義を示しているにすぎない。

パッシブ、つまりインデックス中心とはすなわち、資産運用が時間に限らず単なる金儲けに終始していることを意味する。

それでも多くの国民の目的である将来不安の解消に役立てられ、また資産形成後のお金の使い方如何で未来を育むこともできよう。

しかしながら本来、事業家がとるリスクを投資家がお金でもって支援することが投資のはずだ。投資家がリスクをとる相手はマーケットではない。将来の可能性なのである。

より良い社会を望む事業家と投資家が手を組むことで、描いた未来が現実へと近づいていく。

然るに投資する企業のことを見ず、さらには企業の先に存在する社会を見ないインデックスという手法は虚業であり、その未来に投資家自らが生活をしていることが忘れ去られているのだ。

・・・

市場動向を見、社会の繋がりを見据え“能動的に”動く本物の投資家は、冷え込んだ社会を前進させる役割を果たす。そしてその後は運用成績のみならず、存在価値においてもアクティブに軍配が上がるはずだ。

しかし世が目を覚ますには、世界的な暴落を待たないといけないのだろう。鶏が先か、卵が先か。我々は来たる日のために、誰が何を言おうとアクティブ運用を極めるべく邁進する。それ以外に道はない。

 

この引用部分以外にも色々と書いてあるのですが、要点をまとめると、

(1) インデックスには成長率が高い企業も悪い企業も含まれていて玉石混合

(2) インデックス投資は投資対象の企業を「見ない」投資法。投資家が投資した結果、どのような社会になるかというビジョンがない。

(3) だからインデックス投資は単なる金儲けにすぎず、虚業なのだ。

 

Sponsored Link



 

 

うーん。言いたいことはなんとなく分かるのですが、(1)~(3)の主張を私のような小さな投資家、NISAやiDecoでコツコツ積立しているサラリーマン投資家に言ってもおそらく響かないでしょうね。。。

物事には優先順位があります。投資するうえで何を重視するかというと、「低リスクで高リターンを得る」というのが最優先に来るわけで、特定の企業に投資することでよりよい社会を実現したい、なんていうのは二の次だと思っています。

例えばサラリーマンが環境問題とかを解決したくてSDGsのファンドに投資するか?ということです。しないでしょう ww

 

確かにインデックス投資は対象の企業を「見ない」投資法ですが、時価総額加重平均が採用されていることは忘れてはいけません。

玉石混合とはいえ、成長が見込めない企業や人権侵害やってる企業は構成比率が低いか構成銘柄から外されます。自動的に石の割合は低くされるわけです。

こう考えると、サラリーマンレベルの投資はインデックスで十分ですね。虚業と言われようが問題ナシです。

 

関連記事:

インデックスファンドより成績が劣るアクティブファンドは恥ではないか?

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


  1. アバター 黒田順之助 より:

    確かに一理有るとは思います。
    ただ、インデックス投資家として思うが、
    玉石混交って批判は
    S&P500等に準拠するETFを言われてると
    思います。
    同様に、インデックスって辛気臭いし
    儲かった時は何歳になってるの?と
    言う批判も受けました。
    何方もインデックスを知らない人の意見で
    セクター別に沢山の種類が有るしレバも有る。

    何も知らないんだな?と言いそうになるが
    いやぁエヘヘ…と事なかれ主義を選択する
    ヘタレ投資家ですw

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントどうもありがとうございます。

      確かに玉石混合という批判はS&P500を意識したものでしょうね。
      さわかみの社長としては、日経平均だろうがセクター別だろうが、自分が「この会社の株価は伸びる!」と納得していない会社が自分の売り出すファンドのポートフォリオに入っているのが許せないんでしょうね。プロ意識と言うか。

      入社時に期待してなかった新社会人が数年後に大活躍してる、みたいに、
      玉石混合でも後から意外に高パフォーマンスを出すやつも入っていると考えれば、玉石混合のメリットもなきしにもあらずと思いますけどね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

AI投資するよりもインデックス投資で十分

  チャンドラです。   日本経済新聞の記事によると、資産運用に人工知能 (AI)を利用する金融系企業が増えているそうです。 野村アセットは機関投資家向けにAIを投資判断に活用した …

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

  前回の記事では株価がランダムな動きをすると仮定すると、株価が対数正規分布すると紹介しましした。 ではランダムな動きをする株にレバレッジを加えるとどうなるか見てみます。レバレッジを加えるE …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

  私は米国S&P500指数に連動するインデックスファンドに投資しています。その理由は過去の実績 (リスク: 20% リターン: 7%)が自分にとってリスク許容度内だし、高リターンだ …

奨学金は一括返済が得なのか?

チャンドラです。   私は大学院の学生時代に無利子の奨学金を借りていました。2年間で合計120万円を借りていました。社会人になった後に返済を開始し、毎月8000円ずつ返済しています。全て返済 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ