資産運用

たとえインデックス投資でも損益の動きは激しい

投稿日:




 

チャンドラです。

 

私は米国S&P500と全世界株式のインデックス・ファンドに積立投資をしています。

個別株に比べてインデックス投資は投資先が分散されているので値動きはマイルドだと思われがちです。

ですが、米中貿易戦争のような市場全体を揺るがすような問題が起きれば市場全体に影響するので、インデックス投資の損益も急に大きくなったり、急に下がったりします。

ここ2か月の損益の動きは次の通りです。投資金額は約1,200万円です。

7/28: +647,474 円

8/4:   +249,625 円

8/11: +6,792 円

8/25: +17,937 円

9/1:   +8,748 円

9/7:   +348,906 円

 

一番高い時でプラス64万円、いちばん低い時でプラス9千円です。ここ2ヶ月で約63万円動いたことになります。投資金額の5%に相当します。本業の手取りの2倍近くに相当する金額でもあります。

本業ではプレッシャー受けながら働いて給料もらっているわけですが、嫌のことを我慢してやっとこさ手に入るお金に相当する金額が増えたり減ったりしているわけです。

月収に相当するお金が日々出入りしているのは

冷静に考えるとリスクの高い事をやってる

と感じますが、積み立てを続けていると意外に慣れていくものです。

日々の値動きに動じず投資を継続していけるマインドを保てていることが、投資を始める前よりも少しだけ成長できたといえるのではないかと思っています。

それでは。

 

関連記事:

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

物にこだわるサラリーマンが今年買ってよかった物を全て紹介 ~2018年度版

Sponsored Link



運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国はイノベーションを起こす土壌がない??

  米国はイノベーションを起こす土壌がない?と聞くと驚きを感じますが、そんな土壌がかつてより失われつつあるという主張をけっこう見つけることができます。 中野剛志氏の「新説・企業論」という新書 …

一人暮らしの電気・ガス代 | 2019年2月分

    チャンドラです。   2019年2月分の電気代・ガス代を公開します。期間中は1秒もエアコンを起動しませんでした。 一人暮らしの会社員の電気代・ガス代がどれくらいな …

「S&P500はリスク16%・リターン7%」を考える

  米国株式指数S&P500のリスクは16%、リターンは7%と聞いて何を思うか。細かい数字はさておき、過去の株式指数のリスクとリターンの値を聞いたとき、これを鵜呑みにして将来の指数の …

インフレが怖いから投資信託で資産運用する

  チャンドラです。   総務省が2018年度の全国消費者物価指数が前年度に比べて0.8%上昇したと発表しました。消費者物価指数は商品の物価の変動を表す指数で、物価がどれだけ上昇し …

減りまくりんこ。180万円減 | 資産公開 | 2020年9月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:33,708,746円 前月より188万円減少   総資産の推移: 2020年7月:  33,662,607 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ