資産運用

恥さらします ww 3月中旬のインデックス運用成績

投稿日:2020年3月14日 更新日:




 

株式資産が激減しています。

運用成績は隠さずにちゃんと公開すると宣言しているので、3月中旬の運用成績を公開。

 

 

 

 

 

投資額:21,509,660

評価額:17,463,367

損益:-4,046,293 (-18.8%)

 

 

 

 

これが個人でやっている積立とNISAの運用成績。

これ以外で企業型DCのリターンがマイナス8万円。

主力のS&P500と全世界株式(除く日本)に同額投資していますが、全世界株式の方が20万円ほどリターンが小さいです。差はゴミなのでどうでもいいです。

ちなみに損益推移を示したのが下のグラフの赤線。毎週末の損益をプロット。ここ1か月の下げっぷりがエグ過ぎる ww

3/13にトランプ大統領は国家非常事態宣言を発表。新型コロナ対応で連邦政府の資金500億ドルの拠出が可能に。市場は好感してS&P500は9.3%上昇。インデックスファンドの基準価格に海外株式指数が反映されるのは翌々日なので来週火曜日には評価損は改善されているでしょう。

過去最大の評価損ですが静観です。バートン・マルキルとチャールズ・エリスの共著「投資の大原則」を読み直し、寝る前に金言を5回唱え、爆睡すれば不安は消えます。

自分の決めた投資方法を守り、

市場の値上がりや値下げは気にかけない。

As an investor, you have one powerful way to keep from getting distressed by devilish Mr. Market: Ignore him. Just buy and hold one of the broad-based index funds

 

オレも絶対売らない!という方はこちらへ↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

Sponsored Link



 

-資産運用

執筆者:


  1. アバター 黒田順之介 より:

    私も絶対に売りません。
    だって、株価の動きが激しすぎて追うのも面倒だし。

    ん?なんか最近、同じフレーズを読んだ気が・・w

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      どっか書いてましたっけ?パクった覚えはないですが ww

      • アバター 黒田順之介 より:

        いや、私が堂々と貴ブログからパクりました。
        あと、ネギ味噌も貴ブログからパクりました。w

  2. アバター 黒田順之介 より:

    因みにパクっても使う場所が無いので安心してください。
    ブログ書いてないし。

黒田順之介 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いいぞもっと下がれ ww | 運用成績 | 9月第4週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:33万円 積立総額:2,743万円 評価額:2,955万円 先週の損益:+297万円(+9.9%) 今週の損益 …

「アナリストの予想はあてにならん」と言いながら実は一喜一憂するのはダサい

  「アナリストの株価予想なんて当てにならない。」と豪語する人は多いです。 私も同感です。アナリストの株価予想がそんなに当たるなら、アナリストは自分の予想通りに株を売買して儲けるんだからアナ …

ARKKをインデックス中心のポートフォリオに混ぜてリターンは上がるか? これはぜひ混ぜてみたいな ww

  破壊的イノベーションへのテーマ型投資に特化しているのが米国のARK Investment Management社。 同社の代表的なETFを構成するイノベーション銘柄は、実はキッチリ分散が …

eMAXISシリーズの相関関係 | リスク分散と相関係数

  チャンドラです。   人気のインデックスファンドであるeMAXISシリーズは各ファンドの相関係数を公表しています。相関係数とは各ファンドの株価の動きがどれくらい似ているかを示す …

リスクは低い方がいい。そのリスク本当に取る必要ありますか?

  リスクとは不確実性の事。 金融商品に関して「リスクが高い」とは、その価格変動が大きいことを意味します。そして一般的にある金融商品のリスクが大きければリターンも大きいです。 下の図はmyI …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ