資産運用

米国高配当銘柄への投資はやめました | インデックス投資のほうがラク

投稿日:

 

チャンドラです。

 

私はインデックス・ファンドに投資しています。

私のポートフォリオの大部分は米国株式で、米国S&P500が投資先です。

米国S&P500の長期的な利回りは約7%と言われています。

100万円を投資して30年間運用し続ければ、複利の効果で760万円にもなります。

しかも、ほったらかしておくだけで。

最近は、この「ほったらかしておくだけ」というのが、インデックス投資の一番の利点なのだと思っています。

 

 

ほったらかすだけのインデックス投資に対して、高配当株式に集中的に投資するという手法があります。

ジェレミー・シーゲル氏の「株式投資の未来 – 永続する会社が本当の利益をもたらす」で紹介されている高配当株式投資戦略です。

シーゲル氏の検証によると次の結果が分かったそうです。

1957年12月末日、S&P500のインデックス・ファンドを1000ドル買った投資家は、2003年末日、累積リターンが13万768ドルとなっている。年率は11.19%だ・・・

S&P500ではなく、配当利回り上位20%だけを年末ごとに買った場合、2003年末の累積リターンは46万2750ドルとなった。S&P500の場合の約3倍以上だ・・・

 

インデックスに投資するだけで年率11%は驚異的な数字です。

でも配当が高い銘柄だけに集中すれば、高い配当にも複利の効果がかかって、インデックス投資よりもさらに高い利益を上げることができるというわけです。

過去46年間の累積リターンに3倍もの差が出るのです。驚きですよね。

 

Sponsored Link




 

では高配当の銘柄に集中投資するかといえば、私は躊躇してしまいました。

色々調べて次の銘柄のどれかに投資してみようかとも考えました。

AT&T

アルトリア・グループ

IBM

エクソン・モービル

シェブロン

コカ・コーラ

ペプシコ

プロクター・アンド・ギャンブル

ジョンソン・アンド・ジョンソン

マクドナルド

フィリップ・モリス

ベライゾン・コミュニケーションズ

ファイザー

ロイヤル・ダッチ・シェル

 

でも、できませんでした。

 

個別銘柄に投資する場合は、次のことを考えないといけません。

いつ、どの株を、どれだけ買うか

いつ、どの株を、どれだけ売るか

 

例えばコカ・コーラの株を買いたいとすると、

「今、コカ・コーラを買うべきなのか」

「買うのなら何株買うか」

「いや、今ならファイザーの方が割安だからファイザーにするべきか」

「でもファイザーは配当が下がるそうな気もするな」

「じゃあエクソン・モービルを買おうか」

「でも原油の値段が下がっているので株価も配当も下がるかも」

「じゃあ結局、どれを買えばいいんだ!」

「思い付きで買って損したら嫌だから、やっぱり買うのはやめておこう」

 

私のような臆病者は、選択肢が多ければ多いほど悩んでしまいます。

汗水たらして働いたお金を投資するわけですからね。

 

 

個別株投資に比べてインデックス投資は楽です。

米国株に毎月5万円を30年間投資する、と1つ決断さえすれば、それを続ければいいだけなので。

配当金で資産が増えるのは魅力的ですが、米国株の場合は2重課税がかかるので、これも考えるとインデックス投資と比べると運用成績はあまり変わらないかもしれません。(計算してませんが)

 

株式投資も考えることが多い方が面白いですが、本業が忙しいので株式投資にそこまで時間を割けません。

個別株の株価の動きにヒヤヒヤして、売ろうか買おうか悩んでしまうより、

よりストレスが小さいインデックス投資の方が私には向いています。

 

インデックス投資で資産が増えて、余裕が出てきたら個別株投資にもチャレンジする日が来るかもしれません。

今現在は封印しておきます。

 

それでは。

 

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

住宅手当があるかないかはメチャクチャ重要。就職時は必ずチェック!

  チャンドラです。   就職時に会社の給与が高いかどうかを見るのは大切ですが、同じくらいに大切なのが福利厚生の充実度です。 福利厚生制度の中でも特に重要なのは住宅手当です。 家賃 …

米10年債利回りと米S&P500リターンの相関関係は利回り5%を境に変わる。

  米国10年国債の利回りとS&P500リターンの相関関係を示したのが下の図です。J.P. Morganの資料から抜粋。 1963年~2015年のデータを基にしています。縦軸は相関係 …

投信ファンドを決められない?迷う人はまずこれをやれ ww

  意思決定の麻痺   私たちはより多くの選択肢に直面するほど、選択に負担を感じて萎縮を感じてしまう。それが意思決定の麻痺。ダン・ハースの「スイッチ!」は意思決定の麻痺の一例として …

コロナウイルスで資産爆下がり、からの爆上がり

  新型コロナウイルスの感染拡大で株価が大きく動いていますね。今年1月から2月にかけてS&P500は大きく下がり、また大きく上がりました。アメリカ市場はウイルス感染拡大の経済的影響は …

この上昇相場でハイテク株を買えない愚鈍 ww

  好調なハイテク株に引きずられて米国株式指数は絶好調。S&P500もナスダックも過去最高値を更新。止まる気配がありません。どうせならハイテクに特化したQQQに投資してみたい気にもな …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ